カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
  • 育てる・伸ばす・豊かにする―出版の保育社
    さまざまなジャンルのカラー図鑑を発行されている保育社さんのホームページです。新版・絶版のカラーブックスがいくつかはまだ出に入るようです。ぜひこちらのリンクからどうぞ
  • カラーブックスの達人
    これまでに保育社から発行されたカラーブックスを達人が取り上げて紹介しています。懐かしいものから、貴重なブックスの内容を知ることができます。
  • 近代建築青空ミュージアム
    街でみかけるすばらしい意匠の建築の数々。Kayoさんの素敵な言葉とともに建物を設計に携わった方々への暖かい心にあふれた紹介をされています。
  • Train Journey トレたび
    JRグループ企画協力している 鉄道・旅行情報ウェブマガジンです。 全国の鉄道・旅行の話題、食べ物、豆知識など 読んでいて楽しい記事が満載です。
  • 大津の京阪電車を愛する会
    京阪電車大津線を応援する会です。 イベント電車の開催や沿線情報紙の発行など いろいろと活動されています。
  • 京阪電車 大津線
    京阪電車大津線の公式サイトです。 大津線のおすすめキップの案内や 沿線イベント案内を紹介しています。
  • でんしゃの似顔絵屋さん
    ほのぼのとした似顔絵屋さんです。 でもほかと大きく違うところが! 似顔絵を電車に乗せてくれます!!
  • あさかぜ
    鉄道模型でDCCについて詳しいブログです。
無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008/06/24

身近な話題・JR113系と京阪石坂線

 今日のブログ記事は私の記事としては珍しく、
「今見てきたもの」の話題をひとつ紹介します。

今見てきたものは・・・JR113系のことで、
運転台の窓周りが改造されていない編成が
2008年6月24日の京都駅17:48発の草津線柘植行きの
列車に使用されていました。

不意打ちにあったようなもので、きちんとした写真は
撮れていません。

2008_06240053

17:48発の草津線柘植行きは113系の8両編成で
運転されます。今日の後部4両は更新車でした。

2008_06240052

運転台の窓ガラスを支持するゴムの劣化を防ぐための
金属の覆いをつけていない車両は岡山、広島地区など
にいけばまだまだ走っています。
関西圏ではほとんど見かけません。

2008_06240049

先頭車同士貫通扉を開けてほろをつないで
車内で行き来が出来るようになっています。
この緑とオレンジの湘南色の先頭車に備え付けられて
いる種別幕も所属する京都総合車両所のものに対応した
対照表に張り替えられていました。


次は京阪石坂線です。

京阪電車の公式発表がありましたが、今年2008年も京阪電車
でトーマス号に会うことが出来ます。

というのも、今年もトーマスラッピング電車が京阪線と石坂線
で1編成ずつ走るためです。


2006年は600形615-616の編成
2007年は700形703-704の編成
そして今年
2008年は600形619-620の編成が指名されています。

そのトーマス号に指名された619-620の編成は
車両番号がステッカー方式に変更されている車両で
現在は広告イラストが側面に掲載されています。

Img_3600

2両とも同じ広告です。

Img_3601

車番がステッカー方式になっているので、広告が
自由に掲示でき、車番も適宜場所が移動しています。

Img_3606

広告の全景です。

さて、この記事でブログを始めてから
101個目の記事となりました。
更新頻度もまちまちでタイムリーな記事はほとんどお届け
出来ていませんが、これまでお付き合いくださいまして
誠にありがとうございます。

これからもこのようなペースで進めていきますが
なにとぞよろしくお願いいたします。

2008/06/22

近江鉄道ミュージアム ロコ1101運転台公開

 
先週の地震では、被災地域の近くである
仙台には、出張や野球観戦などでたびたび訪れており、
被害の大きさにはとてもショックを受けました。

平成20年岩手・宮城内陸地震の被害に遭われた地域の皆様の
日常生活へのいち早い復旧をお祈り申し上げます。


 さて、本題ですが、
2008年6月14日と15日の2日間、彦根にある近江鉄道ミュージアムに
展示されている電気機関車の運転台公開が行われました。

今回、公開された機関車はロコ1101でした。

Img_3626

ED31,ED14とのならび。
ロコ1101の扉が開いているのが、公開中の証です。

Img_3651

側面のナンバープレート。

Img_3650

機関車に取り付けられている、製造銘板です。
台車と機関車の台枠にも取り付けられています。
銘板には昭和5年5月とあります。

Img_3618

機関車車内の運転台の様子です。
運転席に座ると横を向いて運転するような姿勢になる
レイアウトです。

Img_3617

運転席から
近江鉄道内でいう貴生川方を見た様子。

Img_3619

こちらは
米原方を見た様子。
運転席からでは米原方は扉の窓越しに前方
を見る様子になります。
扉が開いていたので写真は、椅子から違うところ
から写しています。

Img_3663

大きな歴史を感じるコントローラーです。

Img_3690

次に近江鉄道を離れて、米原駅に向かいます。
こちらは滋賀県米原市役所の駐車場に保存されている
キ550除雪車です。

Img_3665

除雪車キ555号車のいわれが記載された説明文です。

Img_3676

製造銘板である「土崎工機部」の名盤もしっかり残っています。
ペイントで表記される全検の記録などは薄くなって読みにくくなっています


今回は保存車について紹介しました。


2008/06/08

京阪石坂線「源氏物語スペシャルラッピングトレイン」

 京阪石坂線では2008年4月より源氏物語千年記の
イベントにあわせたラッピング電車が走っています。

出張などでブログの更新ができていないので紹介がずいぶん
遅くなりましたが、これから写真にて紹介しようと思います。

源氏物語の装飾電車は703-704の編成が使用されています。


Img_3579

浜大津駅交差点にて信号待ち中

Img_3580

2両編成側面の全景

Img_35811

石山寺より先頭車704の比叡山側側面

Img_35821

坂本より先頭車703の比叡山側側面

Img_3566

先頭車前面には源氏物語千年記の
マスコットキャラクターが描かれた副票が
取り付けられています。

Img_3567

この副票、マスコットは坂本方、石山寺方とで、微妙に
異なっています。

Img_3568

マスコットに形に合わせて、通常の副票(円板)に特別に
張り出した部分があります。

Img_3570

このマスコットキャラクターは「おおつ光ルくん」という
名前です。
キャラクターの詳しい説明は、この703-704の電車の中に
掲示されています。

Img_3576

これらのイベントは
「源氏物語千年記in湖都大津」
と題して様々な催しが企画されています。

Img_3572

703-704の編成車内は、数が少なくなりつつある
グリーンのシートが残ります。
季節ごとに走る装飾電車のような飾りつけはありません。

Img_3571

車内壁面には源氏物語にゆかりのある
史跡などの紹介記事が掲載されています。

Img_3575

そこには、このラッピング電車の説明も
掲載されています。

Img_3577

とても精巧に描かれている700形電車のイラストに
今回のラッピングの図柄が表示されています。
このイラストを見ると、車体上半分は
通常の京阪ライトグリーンであるかのように
思えます。

Img_3578

こちらは、豪快な全面に渡るイラストです。

Img_35591

春らんまん号のラッピングが終了した
705-706の編成との並びです。
金属のKマークが残る編成です。

Img_3569

坂本ケーブル80周年記念号との
並びです。
坂本ケーブル号の「金」のKマークはいまだ健在です。


Img_35881

最後に鉄道とは離れますが、
2008年6月7日にNHKの番組にて中継があったようで
NHKの飛行船が飛んできました。
いつものヘリコプターとは違う音が聞こえてきたので
なにかな?とみると飛行船でした。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

最近の写真

  • T_img_7941
  • T_img_5747
  • T_img_5746
  • T_img_5745
  • T_img_5744_2
  • T_img_5743
  • T_img_5741
  • T_img_5740
  • T_img_5739
  • T_img_5737
  • T_img_5734
  • T_img_5729