カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
  • 育てる・伸ばす・豊かにする―出版の保育社
    さまざまなジャンルのカラー図鑑を発行されている保育社さんのホームページです。新版・絶版のカラーブックスがいくつかはまだ出に入るようです。ぜひこちらのリンクからどうぞ
  • カラーブックスの達人
    これまでに保育社から発行されたカラーブックスを達人が取り上げて紹介しています。懐かしいものから、貴重なブックスの内容を知ることができます。
  • 近代建築青空ミュージアム
    街でみかけるすばらしい意匠の建築の数々。Kayoさんの素敵な言葉とともに建物を設計に携わった方々への暖かい心にあふれた紹介をされています。
  • Train Journey トレたび
    JRグループ企画協力している 鉄道・旅行情報ウェブマガジンです。 全国の鉄道・旅行の話題、食べ物、豆知識など 読んでいて楽しい記事が満載です。
  • 大津の京阪電車を愛する会
    京阪電車大津線を応援する会です。 イベント電車の開催や沿線情報紙の発行など いろいろと活動されています。
  • 京阪電車 大津線
    京阪電車大津線の公式サイトです。 大津線のおすすめキップの案内や 沿線イベント案内を紹介しています。
  • でんしゃの似顔絵屋さん
    ほのぼのとした似顔絵屋さんです。 でもほかと大きく違うところが! 似顔絵を電車に乗せてくれます!!
  • あさかぜ
    鉄道模型でDCCについて詳しいブログです。
無料ブログはココログ

« 今日から大津祭開催 | トップページ | 京阪石坂線「湖都古都御都n石坂号」運転 »

2008/10/13

2008年大津祭開催~無事に終わりました

 2008年の大津祭が10月11日と12日の2日間にわたって
開催され、今年も無事にお祭りが行われました。
後は山鉾の解体、収納を残すのみです。

一番最寄の交通手段となる京阪電車浜大津駅の階段には
大津祭の提灯が取り付けられました。

Img_5178

こちらは、改札口のあるもので「大津祭」と書いてあります。

Img_5179

提灯は階段途中にもあります。
こちらは山鉾の名前も書いてあるものです。

Img_5184

京阪電車の車内吊り広告の大津祭ポスターです。
石坂線、京津線のほか、京阪線の車両にも掲載されて
いました。

Img_5254

10月11日には宵宮として夕刻からのお祭りです。
提灯に明かりが灯されます。この様子は宵宮のときのみです。

Img_5266

中町通りにある丸屋町商店街の様子です。
商店街にはアーケードがあり、商店街の中に山鉾が
一基展示されています。
とても活気にあふれた様子でした。

Img_5484

大津祭の中心となる天孫神社の神主さんの巡行です。
天孫神社は滋賀県庁前にあります。

Img_5476

大津祭の山鉾は13基あり、お昼休みにはJR大津駅から
続く駅前の大通りに集結して休憩をかねて展示されます。

Img_5478

昨年より大津祭のマスコットキャラクターとなって
登場した「ちま吉くん」です。
大津祭には欠かせない粽がモチーフです。
今年はグッズ販売がかなり力を入れていろいろな商品
が発売されていました。

Img_5480

京阪電車石坂線のちま吉トレインもその一環で
700形701-702の編成にちま吉くんがいっぱい描かれた
ラッピング電車も運行されました。

700形なので、通常石坂線運用なので、この大津祭山鉾と
一番近くなるのが琵琶湖ホテル前の踏切です。

練習として600形とあわせて撮影しました。

Img_5482

肝心のちま吉トレインが走ってきたときには自動車に
邪魔をされ、思っているような写真が撮れません。

Img_5365

大津祭の巡行ルートで午前中に国道161号線を通る
コースがあり、写真はくじ取らずの1基目が京阪電車の
併用区間である道路に出ようとしたところ、京津線の
800系が通過するところです。

Img_5417

数基の山鉾が巡行しているところを800系が駆け抜けて
いこうとしているところです。

Img_5431

大津祭の見所でもある各山鉾の見送り幕です。
その見送り幕と電車を合わせて見ましたが、
写真のピントがどっちつかずになってしまいました。

Img_5433

なかなかベストなシャッターチャンスが今年は
少なかったです。
この写真では車が写りこんでいます。

Img_5437

昨年と同じような場面があって、今年は会心の一枚と
思っていることを私の前にほかの撮影者が飛び出してきて
その方をファインダーに入るの避けるために一瞬
目を放した隙にシャッターチャンスを逃してしまった
写真です。
私の中ではやや電車が山鉾に覆い被さり過ぎた
という結果です。

この撮影機会を逃したのがとてもショックでした。
心に響き、この後の撮影も心なしかうまい結果が
得られなかったとおもっています。

Img_5432

最後にデジカメの思い出話を。

 昨年の大津祭撮影のとき、私のデジカメ(オリンパスC-70)
を使っていたところ、シャッターの半押しをしているのかかわらず
フォーカスエリアのマークがモニタ上に出てこなくなり、どこに
ピントが合っているのかわからない症状に陥りました。

このオリンパスC70は2004年11月より使用していました。

暗いところでも撮影できるという広告にのり、2006年9月に
デジカメのサブ機として使っているフジフィルムのF30dを
購入しました。使ってみると、どうもメーカーのサンプル画像
にような写真が撮れず、私には会わないのかなとおもい
ずっとサブのままでした。それがオリンパスのC70故障に
よってメインに使いましたが、どうもすっきりとした撮影感が
得られません。

2007年の大津祭のあと京都市営地下鉄の醍醐車庫
見学会に行く予定だったので自分の中での満足感を
満たすため、醍醐車庫に臨むためと言い聞かせて
キャノンのG9を購入しました。

オリンパスC70も修理に出し返ってきましたが、
デジカメのメイン機はG9になってすごし、
今回の撮影でほぼ1年間使用、撮影枚数は
おおよそ5500枚をこえました。

我ながらとてもびっくりしたのとややあきれてしまい
ました。

来年の大津祭は、
宵宮が10月10日
本祭が10月11日
になります。


« 今日から大津祭開催 | トップページ | 京阪石坂線「湖都古都御都n石坂号」運転 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「鉄道」カテゴリの記事

コメント

鉄道ちょい好きのσ(^-^)も、京阪を入れたお祭りの写真を撮りました。
なかなかレアものですよ。

URLの中の掲示板に画像をアップしときますので一度見てみてくださいね(^_-)

 

jimmie-k様 コメントありがとうございます。
掲示板の写真、拝見させていただきました。

なかなかどころか、とてもとてもレアな写真
ですね。

写真を見たときには「アッ」って声が思わず
でてしまいました。
選ばれた人しか撮れないアングルものですね。

これからもよろしくお願いします。

ごめんなさい

URL 間違ってましたよね(^_^;)


 

石坂線文化祭のご案内

◇出発式  平成20年10月18日(土)
(スケジュール)
・石山坂本線坂本駅にて開会 13:30
    参加校の活動紹介やヘッドマーク設置など
・同駅より石坂線文化祭号に乗車 14:05頃
  (坂本~浜大津駅間、専用貸切り列車に乗車)
・同列車が浜大津着、下車 14:20頃
・交流会開催 14:30頃

◇交流会
(場 所)
浜大津スカイプラザ7階(浜大津公共駐車場の上)<スタジオ1>
(スケジュール)
・テーマトーク「パブリックスペースとアートについて」
講師:成安造形大学講師 滝本章雄
・参加者自己紹介&フリートーク
・みんなでアート(線路の石でストーンペインティング)
・16時半頃 終了予定
※参加費:無料

宵宮で遭遇しましたね!

まいど、たけひろさん。
いつもお世話になってます、某曳山責任者です。

毎年町内で写真のお世話いただき感謝。
また、宵宮のご協力はたいへん助かりました。
(たかい、たかーいの連発は大丈夫でした?)

別途慰労会等のご案内しますのでその節はよろしく。

ふきさんこんにちわ。

宵宮でお会いするとはおもっても
みませんでした。びっくりしました。

石坂線文化祭のご案内いただきまして
ありがとうございます。

電車の写真が主ですが又撮影にいきます。
宜しくお願いいたします。

うめちゃんさんこんにちわ。

こちらこそいつもお世話になっております。
あまり戦力になりませんが、写真や宵宮では
精一杯お手伝いさせていただきます。

たかい、たかーいの連発はかなりダメージを
うけております。(ρ_;)

またよろしくお願いします。

こんにちは。
私のブログにも遊びに来て下さって有難うございました。

やはりたけひろさんも行かれてたんですね。
曳山が動き出すまでは、161号線を行ったり来たりしてましたから、
おそらくすれ違っているんでしょうね・・・

坂本に25年ほど住んでいましたが、
そういえば大津祭に行った記憶がありません。
こんなに楽しい祭とは思いも寄りませんでした。

来年も是非行きたいと思います。
また色々情報を流して下さい。
よろしくお願いいたします。

かずゆきさんこんばんわ。
こちらこそコメントいただきありがとうございます。

今年の大津祭はお天気に恵まれ、撮影には
ちょうどよかったです。

大津祭というととてもマイナーだと我ながら
思ったりします。
写真を撮っていても通りかかる皆さんの会話も
「何の祭り?」って言う声が聞こえますから。

これからはもっとがんばって電車以外も
お伝えしていきたいとおもいます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12088/42769261

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年大津祭開催~無事に終わりました:

« 今日から大津祭開催 | トップページ | 京阪石坂線「湖都古都御都n石坂号」運転 »

最近の写真

  • T_dsc_2773
  • T_dsc_2759
  • T_p1180579
  • T_dsc_2757
  • T_dsc_2756
  • T_dsc_2758
  • T_dsc_2776
  • T_dsc_2777
  • T_dsc_2754
  • T_p1180558
  • T_p1180551
  • T_p1180549