カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« 京阪ファミリーレールフェア その2 | トップページ | 京阪ファミリーレールフェアに伴う9000系快速急行~2009.10.18 »

2009/10/18

京阪ファミリーレールフェア その3

2009年10月18日に京阪寝屋川車両基地にて開催された
ファミリーレールフェア2009について紹介しています。

その3では主な展示ではないですが、工場を見学させていただいている
間に見つけたものをご紹介します。

まずはその1、その2で紹介しそびれた工場展示です。

寝屋川工場2階休憩室に今回初めて設置されたヘッドマーク展示コーナー

T_img_6186

びわこ号の先頭部の座席

T_img_6125

よろしければ続きをどうぞ

旧3000系 車内の手すり

工場内の順路についたてとして設置されるこの柵。
以前のファミリーフェアーではもっとあったように思いましたが、今回
私が回ったところではこの1つでした。

T_img_6139

この柵、ご存知の方もいらっしゃるとは思います。
旧3000系 1、2次車取り付けられていた手すりを再利用したものです。
しかしながら私は実車についているところは見たことがありません。

手すりのことは「保育社刊 私鉄の車両15 京阪電気鉄道」の本に紹介されています。

この本において、
埋め込み式の補助椅子が3000系3次車から取り付けられて、
1次車、2次車は追って改造の上、補助椅子が設置された。
ということと、同時にこの本文中に紹介されている手すりは
永遠に失われたものと理解していました。

ところが、数年前の寝屋川車両基地一般公開のときにもう失念しましたが
どなたかのHPにてこの旧3000系の手すりを再利用した柵があるということを
紹介されていました。そのことを知ってから次の年の一般公開が待ち遠しくて
仕方ありません。

果たして手すりが残っていると知って訪れた寝屋川車両工場。
いくつかの手すりを発見し、3000系車内についていた当時の模様も
残っていたものをフィルムカメラで収めて大満足でした。

それ以来、気になって見つけるようにしている柵ですが
今年は探し方がわるかったのか、1つだけで、しかも模様のあったところは
白い板で覆われていました。

とはいうものの、1つでも大切に利用されているのを見てうれしくなりました。
来年も見る機会があることを願っています。

2200系車体改修工事前の面影~2600系

工場内に展示されていた2600系2両編成。
京都方の車両は通電されて運転する仕組みを体験紹介するコーナーに
利用されていました。

その脇を通り抜けて大阪方の先頭車に近づいていきます。

T_img_6171

作業中で2600系の特徴である貫通ホロがありません。

T_img_6175

カメラの液晶モニタ越しに2200系車体改修工事前の車両に
見えて仕方なく、しばらく写真を撮らずにじっと眺めていました。

細かい相違点はいくらでもあるかとは思いますが、
この顔こそが子供のころに表紙がぼろぼろになってなくなるまで読んだ
保育社刊のカラーブックス「京阪」で幾度無くみた京阪電車の顔であると
一人で感慨深くじっと眺めて過ごしました。

工場仮台車 ブリル27E-1か?

2600系車両の顔を眺めたあと工場建物を出て、京阪バスが展示しているコーナー
を見て、順路に従って再び工場へ入ろうとしたところに、仮台車が見えました。

T_img_6179

台車がたくさんあります。
近くまで見に行けないところにあるので詳しくはわかりませんが
そのたたずまいからブリル27E-1台車であるように思えました。

T_img_6178

仮台車としてもお役目を終えているのかもしれません。
でも京阪創業のときから働いてきた台車が残っているのに感激しました。

植樹

ブリル台車に気が付くきっかけになったのがこの木です。

T_img_6181

木の根元に記念碑がありました。
この記念碑は何か?と思って近づいていった結果、仮台車を見つけました。

T_img_6182

記念碑は「昇圧完成記念 1983年12月4日」とありました。

工場の入り口の木にもその気になって見れば記念碑を見つけました。

T_img_6217

こちらは寝屋川工場竣工記念でした。

T_img_6216

さすがにこちらの木は大きく立派なものになっています。

この記念碑を撮影して、今回のファミリーレールフェアー2009の見学を
終えて、寝屋川車両基地を後にしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。
途中、思い入れで本文が長くなり失礼しました。

« 京阪ファミリーレールフェア その2 | トップページ | 京阪ファミリーレールフェアに伴う9000系快速急行~2009.10.18 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ファミリーレールフェア、楽しかったですね!

旧3000系の手すりが現存しているとは知りませんでした。
次回は私も探してみたいと思います。
今から来年のフェアが楽しみです。

いつもコメントありがとうございます。
返事が遅くなってすいません。

ファミリーレールフェアはやっぱり寝屋川工場で
行うのが一番ですね。
会場を設営される社員の皆さんには大変かと思いますが
ぜひ次回も寝屋川で開かれることを願っています。

旧3000系の手すり、次回機会があればもっと
探して写真に撮ろうと私も思っています。
手すりも大切に再利用されている旧3000系は
本当に愛されている電車だなぁと思います。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京阪ファミリーレールフェア その3:

« 京阪ファミリーレールフェア その2 | トップページ | 京阪ファミリーレールフェアに伴う9000系快速急行~2009.10.18 »

最近の写真

  • T_dsc_3289
  • T_dsc_3294
  • T_img_1800
  • T_img_2726
  • T_img_8153
  • T_p1080585
  • T_img_2656
  • T_img_2710
  • T_img_2666
  • T_p1080576
  • T_p1080570
  • T_p1080609