カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« テキサス大学図書館の地図~「国道の謎」祥伝社新書より | トップページ | 京阪大津線きかんしゃトーマス号運転期間延長へ »

2010/01/13

阪急天六ビル・新京阪 天神橋駅ビル解体へ

 先日、弊ブログで紹介しましたテキサス大学図書館の地図。
この2010年のお正月休みにゆっくりと閲覧して、今の地図と見比べて
今はなくなってしまった駅の位置などを特定していました。

 そのなかで疑問がわいてきたことがあり、ネット検索で調べていると
探していた情報とは違いましたが、
「阪急天六ビル解体」のキーワードに引っかかりました。
天神橋筋六丁目にある、阪急天六ビルが老朽化などを理由に
取り壊し、跡地にはタワーマンションなどの建設が計画されている
というものです。

 まさか!と絶句して、いてもたってもいられなくなり、2010年1月3日に
天六へ駆けつけました。

T_img_9805

T_img_9834

後日、2010年1月6日の毎日新聞夕刊の大阪版にも取り上げられています。

よろしければ続きをどうぞ

阪急千里線と大阪市営地下鉄堺筋線との相互直通運転開始に
ともない、阪急千里線柴島駅から地下へ降りて、地下鉄の
天神橋筋6丁目駅へと線路がつながりました。

2009年は阪急・大阪地下鉄堺筋線乗りいれ開始40周年の
節目の年。大阪市交66系が嵐山線入線の話題を提供して
いました。

T_img_0026

T_img_0027

2010年1月3日の
地下鉄の天神橋筋六丁目駅の駅周辺案内地図です。

T_img_9800

地図の上からでは地上線時代の跡地は
阪急天七ビル、病院が建っていてたどることは難しい
ですが、阪急電車の線路を自然に緩やかに伸ばしていくと
阪急天六ビルへつながることが想像できますでしょうか。

本題の阪急天六ビル。
もともとは新京阪天神橋駅の駅ビルでした。

T_img_9802

通りに面したビルの外観は改装されていて、過日の面影は
ほとんど残っていませんが、ビルの裏手に回ると、がらりと印象が
変わります。

T_img_9816

新京阪 天神橋駅は高架駅で2階部分に駅ホームがあったそうです。
今は立ち入ることは叶いませんが、駅ホームのあったところは
駅ビルにあるスーパーマーケットの資材搬入スペースに転用されています。
線路の高架橋を崩して、トラックなどの搬入路が取り付けられています。

T_img_9818

T_img_9806

しかしながら、駅としてのお役目を終えて40年が経過するにもかかわらず
今、なお、電車の駅としてお勤めしていたころの雰囲気が漂っています。

T_img_9811

高架橋の上に見えている緑の木々は天神橋駅当時からある
祠とその周りの木々だそうです。

T_img_9810

駅当時の写真が載っている書籍を見ると、
照明(?)用の線らしきものがあるところぐらいに電車の
架線が吊り下げられていた位置のようです。

T_img_9808

T_img_9809

元は駅であるという視点から見ると、いかにも電車がとまって
いそうに見えると私は思うアングルから写した1枚。

T_img_9813

この高架橋、天神橋駅の名残を今一度写真に収められたことに
満足して、駅ビルの1周して見ます。

阪急天六ビルの東側。

T_img_9826

阪急天六ビルの西側

T_img_9828

駅建造当初の装飾などは無くなっていますが、窓の形に当時の
名残を残しています。

T_img_9821

はじめにも記載しましたが、通りに面しているところは後年の改築
によって姿を変えています。ビル壁面も色が変わっていて、一目瞭然
となっています。

T_img_9823

T_img_9832

周辺地域ではもうところどころで空き地が目立つように
なっています。皮肉ですが阪急天六ビルが写しやすくなっています。

T_img_9833

阪急電車に乗っているとほとんど気がつくことのない、阪急天六ビル。
新京阪天神橋駅。併走するJRの電車の中からはよく見えていました。

T_2009_08250020

京都方面から乗車していると、新大阪駅を出て、淀川橋梁を通過する
走行音とともに大阪駅下車の準備を始めようかと思うころに左手の車窓
を見ると、いつも新京阪天神橋駅ビルを見ていました。

T_p6110174

この新京阪天神橋駅へ通じる広い通り、かつては阪神電車の路面電車が
野田阪神-天神橋駅間を結んでいました。

そのころの京阪電車の沿線地図です。
寝屋川工場公開のときにびわこ号車内に復刻された沿線案内図が
掲示されていますが、たぶんそれと同じものと思っています。
10数年前に大阪の古書店にて購入しました。

T_img_0266

新京阪線 天神橋駅界隈を拡大したものです。

T_img_0262

阪神電車の路線も描かれています。このころは阪急神戸線・宝塚線
も別の会社として、細い線で示されています。

沿線図の裏側。新京阪線の路線名所案内。

T_img_0272
どうも京阪線の天満橋駅と誤植されているような気がします。

新京阪の本線は天神橋~京阪京都(今の大宮)
当時は淡路~十三間は十三線という支線扱いでした。

T_img_0268

今はない、淡路駅1号線、十三駅7号線の謎をとくひとつの
鍵になります。

さて、当時別会社であった阪急梅田駅。今は改装されて生まれ変わって
しまいましたが、数年前までは梅田駅も昔の駅の雰囲気を
残していました。

T_p9150153

T_p9130142

T_p9130104

T_p9130137

この新京阪天神橋駅、旧阪急梅田駅にも出入りした当時の
スターの電車がP-6.今も阪急正雀工場公開のときに工場構内
ですが、稼動状態で保存されています。

T_img_6554

毎日新聞の記事などによると、かつて行楽シーズンには
天神橋駅からこの車内が満員となって嵐山へ向かったそうです。

T_img_6546

話が随分とそれてしまいました。
阪急梅田駅改装が始まるときに旧梅田駅の名残がなくなってしまう 
ことにはいろいろと注目されて、工事着手前日には大勢の方が
訪れて写真など記録を残されていました。

それに比べると、今までもひっそりと天六の地に立ち続け、
あまり注目されること無くなくなってしまう天神橋駅(阪急天六ビル)
ちょっとかわいそうな気がします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この記事にトラックバックいただきましたブログ記事です。

さようなら阪急天六ビル~ちあきの場所(ありか)さん

トラックバックを送っているブログ記事です。

新京阪天神橋筋停車場(阪急天六ビル) kayoさん

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

« テキサス大学図書館の地図~「国道の謎」祥伝社新書より | トップページ | 京阪大津線きかんしゃトーマス号運転期間延長へ »

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

天六にはよく足を運びますが、
ビルの裏側に回ったことはありませんでした。
こんな遺構が残っていたのですね。

解体されるのは惜しいですが、
私もぜひ自分の目に焼き付けておきたいと思います。

かずゆきさん こんばんわ。
今年もよろしくお願いいたします。

阪急天六ビル。ほとんどのテナントは移転していて
今残っているのは阪急ファミリーストアのひとつだけ
となっています。

今年の春ごろから工事着手といった情報もあります。
お時間がありましたらぜひ訪問してみてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阪急天六ビル・新京阪 天神橋駅ビル解体へ:

» さようなら阪急天六ビル [ちあきの場所(ありか)]
大阪市北区天神橋六丁目 通称てんろく に「天六阪急ビル」が建っています。 (ちなみに、私の現在のハンドルにくっついている「.6」も「てんろく」が由来です。) 堺筋線、谷町線の天神橋筋六丁目駅 4番5番出口の前にあり、 最近までは、阪急ファミリーストアやりそな銀行が入っていました。 このビルがいよいよ解体されます。 いろんなブロガーの方も紹介されていますので、私も記録しておきました。 外観こそ手が入っていますが、このビルの歴史は古く、 1925年に、阪急電鉄の前身の1つである「新京阪電車」の「天神橋... [続きを読む]

» いろいろ見納めしてみた [ゴリモンな日々]
■日本橋の歩道橋昨日のでんでんタウンです。「日本橋3南」の交差点の‥‥歩道橋が解体中です。T字の歩道橋でしたね。床一列と階段が撤去されています。南方向から。『日本橋でんでんタウンを歩く 消え去る歩道橋...... [続きを読む]

« テキサス大学図書館の地図~「国道の謎」祥伝社新書より | トップページ | 京阪大津線きかんしゃトーマス号運転期間延長へ »

最近の写真

  • T_fh040027
  • T_img_0321
  • T_img_3465
  • T_img_5778
  • T_img_5779
  • T_img_5944
  • T_img_6338
  • T_img_6339
  • T_img_7796
  • T_img_7803
  • T_img_8960
  • T_img188