カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« 2010年 京阪大津線 お正月の話題 | トップページ | 2010年 京阪線のお正月ダイヤ 2010年1月3日 »

2010/01/02

平成二十二年寅歳 初詣記念印帳 ~京阪大津線

京阪電車で発売されている年末年始きっぷ。
大津線用では沿線の五社寺初詣記念印帳つきで発売されています。
毎年恒例となっているおけいはんカレンダーがあたるスピードくじつきです。

今年は思い立って、五社寺の朱印を集めようと、元日から回ってきました。

T_img_9643
写真は京阪石山駅の京阪神社。
「勝利を砂サポート」 電車の滑り止めの砂、昨年合格された方から
お返しされたご利益の砂を混ぜたお守りを配布しています。

さて、五社時初詣記念の朱印。
元日撮影のもの再度あわせて紹介します。
よろしければ続きをどうぞ。

元日に、近江神宮・日吉大社を参拝したので、2日は、建部大社から
参拝することとしました。

京阪電車唐橋前駅より徒歩にて向かいます。
瀬田の唐橋を初めて徒歩にて渡ります。車では渡ったことがありましたが。
びわしじみちゃんのふるさと、瀬田川。唐橋の真ん中のところから琵琶湖を
向いて写します。

T_img_9644

道なりに進んで建部大社へ到着します。

T_img_9650

T_img_9647

参拝される方々の順番待ちの列が長かったです。
無事に参拝を済ませて、朱印を押します。

T_img_9645

来た道を戻ります。せっかくの機会なので瀬田の唐橋を撮影します。
昨年より、お色直しの話題があがり、何色にするのかで様々な議論が
沸き起こっています。

T_img_9652

T_img_9655

今度は唐橋の上から瀬田川下流のほうを向いての1枚。

T_img_9657

瀬田川を通過する新幹線を待とうかと思いましたが、あまりに寒いので
また次の機会として、唐橋前駅に戻り、石山寺を目指します。

新幹線、東京方面へN700系が走り去ります。

T_img_9658

唐橋前駅できかんしゃトーマス号。

T_img_9662

石坂線21駅掲示板が常設されていないせいか、
私の中では、訪れる機会の少ない唐橋前駅です。
電車を待つ間に立て続けに京阪バスが走りすぎましたが
電車をまって、石山寺駅へ向かいます。

石山寺駅からてくてく歩いて、石山寺へ。

T_img_9671

昨年秋のライトアップ以来の訪問です。

T_img_9667

お正月三が日は、境内が無料となっています。
参拝順路に従って、階段を上ると・・・。

T_img_9668

本堂内は撮影禁止との札が掲げられているので
朱印を押して、戻ってきたところで1枚写します。

T_img_9670

このあと、三井寺を目指すのですが、どうもこの石山寺本堂にて
朱印を押した、初詣記念朱印帳を忘れてきたようです。

石山寺を立ち去る前にお正月らしい門の姿を記録します。

T_img_9675

日もだいぶ傾いてきたので、ちょっと急いで三井寺駅へ向かいます。
冬季の石山寺駅でのドア取り扱いの看板が出ていました。

T_img_9678

三井寺駅からは琵琶湖疏水に沿って三井寺・観音堂を目指します。

T_img_9681

T_img_9680

私の中での初詣記念印帳の最後の箇所、三井寺の朱印を押すことが
できました。
・・・ここで朱印を押すために朱印帳をカバンから取り出そうとしたときに1枚
無いのに気がつきました・・・。
かろうじてもう1枚あったので、何とか満願することができました。

今日、2日は3社寺を駆け足で参拝すると、さすがに疲れました。
三井寺観音堂で一息つきます。

T_img_9682

落ち着いたところで、家路につこうと三井寺駅へ向かう順路に
差し掛かるところで、境内の案内図を何気にながめてみます。

そうすると、いままで「三井寺に来た」と思っていたのは観音堂という
いくつかのうちの1つに過ぎないことが分かり、愕然としました。

案内図に従って、この歳になって初めて訪れる三井寺金堂です。

T_img_9690

近江八景「三井の晩鐘」も初めて訪れます。

T_img_9693

T_img_9694

今までの自分の知識の浅さを思い知らされました。

三井寺からの帰り道。琵琶湖疏水にかかる橋の上から。
もう太陽は山の向こうへ沈んでいました。

T_img_9701

わずかな夕日が照らす京阪電車。

T_img_9703

T_img_9706

三井寺を最後として、初詣記念印帳をすべて記念印を押すことができました。

元日、参拝した近江神宮・日吉大社の写真も再掲します。

近江神宮

T_img_9542

T_img_9543

日吉大社

T_img_9565

T_img_9573

T_img_9570

初詣記念印は1月3日まで受けることができます。

« 2010年 京阪大津線 お正月の話題 | トップページ | 2010年 京阪線のお正月ダイヤ 2010年1月3日 »

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成二十二年寅歳 初詣記念印帳 ~京阪大津線:

« 2010年 京阪大津線 お正月の話題 | トップページ | 2010年 京阪線のお正月ダイヤ 2010年1月3日 »

最近の写真

  • T_fh040027
  • T_img_0321
  • T_img_3465
  • T_img_5778
  • T_img_5779
  • T_img_5944
  • T_img_6338
  • T_img_6339
  • T_img_7796
  • T_img_7803
  • T_img_8960
  • T_img188