カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« 京阪びわこ号復活プロジェクト・寝屋川市と京阪が共同で復活運行を目指す | トップページ | 京阪京津線京都方面からの四宮行き復活~駅時刻表より »

2010/03/27

滋賀会館ツアー 滋賀会館の放課後2010

滋賀県県庁前にある滋賀会館。
シネマホールや文化サロン、ギャラリーなどがある文化施設です。
滋賀県の方針により、この2010年3月31日をもってお役目を終えようと
しています。

滋賀会館を使って、様々な催し物が今行われています。

先日、ご紹介した写真展も滋賀会館の1階ロビーにて開催されています。

オールドオーツ「物語の誕生」写真展

写真展を訪れたときに、気がついていたのですが、その日は
時間が合わず。後で調べると滋賀会館の放課後
というイベントが3月20日から28日まで行われていることがわかりました。

滋賀会館の放課後2010のイベントのひとつに
滋賀会館ツアー
というものが案内されていたので、「これは!」とおもい、
27日14:00~の集合時間に合わせて滋賀会館へ向かいます。

よろしければ続きをどうぞ

2010年3月27日の滋賀会館。

意識を滋賀会館の放課後2010のイベントに向けていると
いろいろと案内標識に出会います。

T_img_3537

T_img_3541

集合場所となっている4階へ。
さっそく展示があって、いろいろなメッセージが届けられているので
しばらくはそれを読んで過ごします。

T_img_3560

滋賀会館ツアー
滋賀会館ごあんないというタイトルの滋賀会館公式の施設説明の
パンフレットに滋賀会館の放課後2010のイベント案内を組み合わせた
ちょっとこれまで見たことがない案内手法に驚き、ツアー開始を待ちます。

案内してくださるのは滋賀会館シネマホールファンクラブの方と
滋賀会館の職員の方です。

滋賀会館ツアー
この青い旗を目印に進んでいきます。

T_img_35661

滋賀会館シネマホールの展示です。

T_img_3570

続いて、屋上へ。
滋賀県庁をこの構図で写真が撮れるとは思ってもいなかったので
ちょっと感激です。が、ちょっと腰が引けての撮影です。あまり高いところ
は苦手です。

T_img_3573

滋賀会館地下銘店街

写真展オールドオーツ「物語の誕生には全盛期の地下銘店街の
様子が展示されています。ここでは、まだ美容室や理髪店、写真館が
営業されていますが、いろいろお店がありましたという過去形として
の説明です。

T_img_3591

中華料理店のエピソードなどいろいろと驚くことばかりでした。

滋賀会館地下とお向かいの滋賀県庁の地下は連絡通路によって
つながっています。このことは今日、私は初めて知りました。

この地下通路、平日のみ開放していて、休日は県庁がお休みなので
閉鎖されています。滋賀会館ツアーではもちろん(?)扉は開いて、
滋賀会館より県庁へ進んでいきます。

T_img_3594

高低差のある地形のため、連絡地下通路、結構な傾斜があります。
ツアーで進んでいくと、実は初めて内部を訪れる滋賀県庁。

滋賀県庁の内部階段の側壁です。

T_img_3599

滋賀県庁からは地上の道路を渡って、再び滋賀会館へ
戻ります。

T_img_3601

滋賀会館正面、1階ロビーは写真展が開催中。
その会場を通って、チケット売り場の窓口があったところ、内部へ
入りました。

T_img_3604

また館内へ戻ると滋賀会館の銘板がありました。

T_img_3608

格式高い銘板にように思えます。
滋賀会館ツアー一行はこのあと1階ロビーを通って写真展へ。
展示されている写真パネルでの喫茶コーナーの説明を受けます。

T_img_3609

この写真。確かベランダに出て戻るときの1枚。

T_img_3615

ツアーでは、このあと、滋賀会館では一足先に用途廃止と
なった大ホールの舞台裏へ進んでいきます。

役者さんが舞台下から躍り出てくるのに使用していた
ステージの一角を昇降させる機械。
晩年は使用されていなかったそうです。

T_img_3617

ステージ下を覗いたところで、今度はステージ上へ。
ステージから見る客席の様子です。

T_img_3625

ステージ上での滋賀会館探検ツアーの皆さん

T_img_3629

ちょっとステージから降りて客席の様子をみます。
シートカバーです。

T_img_3634

大ホール2階へツアーは進んでいきます。

T_img_3638

整然と並ぶ、赤のシートモケットに白い座席カバーが目に鮮やかに
写ります。

T_img_3642

このところで写真を撮っていると滋賀会館クラブの青い旗が
目の前を通過していってはぐれそうになったので慌ててついていきます。

T_img_3641

ちょっとした備品の数々。
菱屋町商店街の入り口にあったと伝え聞くイマホリ百貨店。

T_img_3649

京阪電車浜大津駅統合のきっかけとなったびわこ国体

T_img_3652

滋賀会館、建造当初はホテルや結婚式場などがあったそうです。
ツアーはこのあと、ホテル客室があったところへむかいます。

T_img_3660

その前にちょっとしたワンポイント説明。

T_img_3657

上や下やといろいろと滋賀会館を駆け巡ってきましたので
ここでダンスパフォーマンスの鑑賞とともに小休止。ちょっとした休憩
を挟みました。

再会した滋賀会館ツアー
集会場としてこの2010年3月まで現役であった貸し室の見学です。
豪華な調度品です。

T_img_3680

この部屋があるあたりは、ホテル客室であったところです。
窓から見える景色、今ではあまり展望が良くありませんが
おそらく、滋賀会館ができた当時は琵琶湖から比叡山、比良の山並みが
一望できたことが想像できる2010年の窓からの眺めでした。

T_img_3683

滋賀会館の北館。
エレベータがないのですが、場所と設計構想ではこの辺りに
エレベーターを設け予定だったらしく、このドアの向こうは
吹き抜けでした。

T_img_3685

かつては結婚式場であった場所。晩年は会議室となっています。

T_img_3693

最後に大ホールの映写室へ入ることができました。

T_img_3687

フィルム缶?もあります。

T_img_3689

この見学をもってツアーは終了し、出発の地へ戻って
きます。最後にお茶をいただいて、一服がてら、ツアーの感想を届けました。

滋賀会館の放課後2010 滋賀会館ツアー

ツアーに参加した感想は「とても面白かった。」どの辺が面白いのかと
聞かれると説明に困る自分の表現が下手なのが歯がゆいです。
時間がたつのを忘れる、久しぶりに夢中となったひと時を過ごすことが
できました。

« 京阪びわこ号復活プロジェクト・寝屋川市と京阪が共同で復活運行を目指す | トップページ | 京阪京津線京都方面からの四宮行き復活~駅時刻表より »

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀会館ツアー 滋賀会館の放課後2010:

« 京阪びわこ号復活プロジェクト・寝屋川市と京阪が共同で復活運行を目指す | トップページ | 京阪京津線京都方面からの四宮行き復活~駅時刻表より »

最近の写真

  • T_fh040027
  • T_img_0321
  • T_img_3465
  • T_img_5778
  • T_img_5779
  • T_img_5944
  • T_img_6338
  • T_img_6339
  • T_img_7796
  • T_img_7803
  • T_img_8960
  • T_img188