最近のトラックバック

カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
  • 育てる・伸ばす・豊かにする―出版の保育社
    さまざまなジャンルのカラー図鑑を発行されている保育社さんのホームページです。新版・絶版のカラーブックスがいくつかはまだ出に入るようです。ぜひこちらのリンクからどうぞ
  • カラーブックスの達人
    これまでに保育社から発行されたカラーブックスを達人が取り上げて紹介しています。懐かしいものから、貴重なブックスの内容を知ることができます。
  • 近代建築青空ミュージアム
    街でみかけるすばらしい意匠の建築の数々。Kayoさんの素敵な言葉とともに建物を設計に携わった方々への暖かい心にあふれた紹介をされています。
  • Train Journey トレたび
    JRグループ企画協力している 鉄道・旅行情報ウェブマガジンです。 全国の鉄道・旅行の話題、食べ物、豆知識など 読んでいて楽しい記事が満載です。
  • 大津の京阪電車を愛する会
    京阪電車大津線を応援する会です。 イベント電車の開催や沿線情報紙の発行など いろいろと活動されています。
  • 京阪電車 大津線
    京阪電車大津線の公式サイトです。 大津線のおすすめキップの案内や 沿線イベント案内を紹介しています。
  • でんしゃの似顔絵屋さん
    ほのぼのとした似顔絵屋さんです。 でもほかと大きく違うところが! 似顔絵を電車に乗せてくれます!!
  • あさかぜ
    鉄道模型でDCCについて詳しいブログです。
無料ブログはココログ

« 近江鉄道 あかね号に出会う | トップページ | ラ・フォル・ジュルネびわ湖/ショパンとモーツァルト »

2010/05/01

京都市蹴上浄水場 2010年一般公開

2010年も蹴上にある京都市上下水道局の蹴上浄水場が
一般公開されています。

2010年は4月30日から5月3日までの公開となっています。

T_img_0975

今年は4月に入ってからも低温の日が続き、浄水場にある
ツツジがまだ満開とはいかずにちらほら咲いているといった状況です。
普段なら、この5月の大型連休中にツツジが満開で見ごろを迎えるところ
なので、2010年はちょっと残念な面があります。

T_img_0972

よろしければ続きをどうぞ


昨年から通い始めた蹴上浄水場の一般公開。

2009年の様子は

京都市 蹴上浄水場 一般公開~2009年5月4日記事

をご参照ください。

2010年は京都新聞のWEB版や京都市交通局のホームページなどを
こまめにチェックして、開催日を見逃さないように注意していました。
公開日もわかったところで、5月1日に蹴上駅へ降り立ち、浄水場へむかいます。

駅出入り口を出ると、送迎バスつきで、近くの仕出しお弁当屋さんの案内や
都ホテルのランチの案内など、例年通りの光景を見ながら、食事を済ませてきた
私は、迷うことなく蹴上浄水場へ進みます。

いつもと変わらぬ風景、蹴上交差点付近を眺めます。

T_img_5489

地下鉄蹴上駅から蹴上浄水場通用門から入るコースでは最初から
上り坂が続きます。
坂を上りきったところで、キーンと冷たく冷された
京都市の災害用備蓄飲料水「京の水道 疏水物語」を1本無料で
いただきます。

T_img_5491

順路どおりに進んでいくと、ミストコーナーと利き水コーナーに
あたります。

T_img_5493

この日、気温が20℃近くになり日差しも出てきたところなので
ミストが心地よく感じました。

この隣が利き水コーナーです。

T_img_5492

T_img_5494

利き水コーナーでは、
・市販の外国銘柄のミネラルウォーター
・市販の日本製のミネラルウォーター
・京都市の災害用備蓄飲料水「京の水道 疏水物語」
この3つを飲み比べて、「京の水道 疏水物語」はどれかを当てる
というものでした。

飲み比べてみると、同じ水のように思っていましたが、外国銘柄の水と
日本産とでは結構味が違うことがわかりました。ひとつ勉強になりました。
しかし、日本産と京都市の水を比べるのは非常に難しかったです。

2009年は訪れた時間が遅くて体験できなかった、利き水コーナー。
今年は体験できて、来た甲斐がありました。
その一方、2010年はごらんのようにツツジは満開とは程遠いものです。

蹴上浄水場名物のツツジのトンネルです。

T_img_0944

ご参考までに2009年の同じ場所ツツジトンネルです。

T_img_0797

気を取り直して、咲いているツツジを見ていきます。

T_img_0924

T_img_0926

T_img_0945

T_img_0946

T_img_0965

蹴上浄水場の名物のひとつとなっている黄色のツツジ。
こちらはよく咲いているように見えました。

T_img_0934

ツツジを撮影しているところで、京都市上下水道のマスコットキャラクターを
見つけました。

澄都(すみと)くん

T_img_0941

ひかりちゃん

T_img_0943

すみとくん、ひかりちゃんはきれいな水辺のシンボル、
ホタルのキャラクターです。

姿が見えて子供たちに囲まれたとき、「蜂(はち)」とかいわれて
ちょっと悲しそうにしていました。

澄都くんは災害用備蓄飲料水「京の水道 疏水物語」の
ボトルキャップの図柄にもなっています。

さて、この蹴上浄水場。明治45年から操業開始した歴史を持っていて
設備老朽化のために順次休止しながら更新しているそうです。
そのため現在は供給能力が半減しているとのことです。

2009年と比べてその工事も進んでいます。

2009年の様子

T_img_0805

2010年は工事たけなわとなっています。

T_img_0962

2010年は天候不順もあってツツジが咲き誇る姿を見ることが
できなかったのは残念でしたが、その代わりに利き水を体験できたり
マスコットキャラクターに出会えたので満足して浄水場をあとにしました。

« 近江鉄道 あかね号に出会う | トップページ | ラ・フォル・ジュルネびわ湖/ショパンとモーツァルト »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12088/48236913

この記事へのトラックバック一覧です: 京都市蹴上浄水場 2010年一般公開:

« 近江鉄道 あかね号に出会う | トップページ | ラ・フォル・ジュルネびわ湖/ショパンとモーツァルト »

最近の写真

  • T_66232
  • T_img_6906
  • T_img_6901
  • T_img_6900
  • T_img_6899
  • T_img_6846
  • T_img_6845
  • T_img_6844
  • T_img_6842
  • T_img_6825
  • T_img_6812
  • T_img_68081