カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
  • 育てる・伸ばす・豊かにする―出版の保育社
    さまざまなジャンルのカラー図鑑を発行されている保育社さんのホームページです。新版・絶版のカラーブックスがいくつかはまだ出に入るようです。ぜひこちらのリンクからどうぞ
  • カラーブックスの達人
    これまでに保育社から発行されたカラーブックスを達人が取り上げて紹介しています。懐かしいものから、貴重なブックスの内容を知ることができます。
  • 近代建築青空ミュージアム
    街でみかけるすばらしい意匠の建築の数々。Kayoさんの素敵な言葉とともに建物を設計に携わった方々への暖かい心にあふれた紹介をされています。
  • Train Journey トレたび
    JRグループ企画協力している 鉄道・旅行情報ウェブマガジンです。 全国の鉄道・旅行の話題、食べ物、豆知識など 読んでいて楽しい記事が満載です。
  • 大津の京阪電車を愛する会
    京阪電車大津線を応援する会です。 イベント電車の開催や沿線情報紙の発行など いろいろと活動されています。
  • 京阪電車 大津線
    京阪電車大津線の公式サイトです。 大津線のおすすめキップの案内や 沿線イベント案内を紹介しています。
  • でんしゃの似顔絵屋さん
    ほのぼのとした似顔絵屋さんです。 でもほかと大きく違うところが! 似顔絵を電車に乗せてくれます!!
  • あさかぜ
    鉄道模型でDCCについて詳しいブログです。
無料ブログはココログ

« 京阪京津線廃線跡を歩く~九条山から日ノ岡まで | トップページ | 伊賀鉄道・新忍者電車~京阪9000系のイスに会いに行く »

2010/05/17

カラーブックス「京阪」~掲載写真の現在の様子/大津線関連

昭和56年ぐらいからシリーズとして発行されてきた保育社さんの
カラーブックス「日本の私鉄シリーズ」

私が幼少のころは絵本の代わりとして、年が上がるにつれて
今の鉄道趣味の原点、礎となってきました。
特に思い入れのある「京阪」。
京阪電車のカラーブックスです。

T_img_5747

リアルタイムで読んでいたカラーブックス京阪の初版は
写真で写っているように、もう表紙やカバーがなくなっていますが
大切に持ち続けました。

初版は昭和56年8月5日発行
重版は昭和58年7月1日発行と奥付にあります。

実は初版よりもさらに思い入れのある重版の「京阪」
幾度の引越しでも片時も離れたことはありません。

T_img_5746

社会人になって、古本屋さんにて見つけた初版のカラーブックス。

T_img_5748

こんな表紙写真だったのかと思いました。

さて、気がついたときに、カラーブックスに掲載されていた写真と同じところに
足を運んで、カメラに収めてきました。
ようやく、まとまってきましたので紹介したいと思います。

よろしければ続きをどうぞ

実は、阪急電車6300系が引退する2010年2月、ブログ記事に
カラーブックスの冒頭の文章を引用させていただこうとして
保育社さんへ連絡を取りました。
せっかく文章の引用と表紙写真の掲載許可をいただいていたのに
エピソードを伝えそびれていました。ここで紹介したいと思います。

T_img_3073

カラーブックス阪急の冒頭の文章です。
「~このように、阪急の車両のを紹介することには意義あることと思うが、
写真は、だれもが行ける安全な場所で、特殊な技術によらずに撮影したものを
用いた。それが阪急の精神を理解するのにもっとも適した方法であると
思ったからである。~」

阪急電車のカラーブックスと京阪電車のカラーブックスとは方針が
違うかも知れません。でも小学生~中学生~高校とカメラを持って
鉄道写真を撮り始めたころの私にとっては、カラーブックスは
教科書でした。

京阪電車京津線260形特急色が逢坂山トンネルを通ってきた写真。
ここで早朝に運転されていた80形各停を撮るを学生時代の目標として
始発電車前に起きて、歩いて大谷駅へ向かいました。
そのときは京津線へ写真を撮りに行く機会も今と違って
限られていました。その中での1枚です。
私にとっては忘れられない1枚です。

T_1

さて、思い入れのある1枚を紹介したところで、
カラーブックス京阪、京津線・石山坂本線のページに出てくる
写真の順番で、おおむね同じところで撮影したものを並べて
いきたいと思います。

蹴上~九条山
説明の必要もない、蹴上の交差点です。

T_img_0917

九条山
ちょっとこの場所は自信がありません。

T_img_0996_2

御陵~京阪山科
カラーブックスの写真では80形がすれ違っています。

T_img_4208

大谷~上栄町
思い入れのある地です。

T_img_0027

ちょうど今の季節。夕方になるとこの大谷の谷の隅々まで
きれいに日が当たります。この美しさに息を呑んで、写真を撮りに行った日、
追分で電車から降りて、大谷駅へ戻ります。

T_img_0403

四宮駅構内

2010年3月ダイヤ改正で夕方に四宮駅折り返し線へ入線する
列車ができました。

T_img_0435

四宮駅構内、地下鉄東西線乗り入れ対応のとき改良工事が
行われて、構内踏み切りの位置が変わってしまっています。

T_img_0451

四宮車庫
地下鉄乗りいれ開始後、程なくして検修庫がなくなりました。

T_img_4396

上栄町~浜大津

ここは今も変わらずといいたいところですが、都市計画道路が
整備されたこともあって、カラーブックスの写真とは背景の町並みが
がらりと変わりました。

T_img_1699_1

T_img_3944

カラーブックスではこの次に500形正面の写真を四宮駅で
撮影している写真などがあるのですが構内踏み切りの位置関係が
往時と異なるので割愛します。

浜大津
カラーブックスでは京阪大津ビルの階上から俯瞰した浜大津駅の
様子が写っているのですが、京阪大津ビルには立ち入ることも
できないので、違う構図でお茶を濁します。

T_img_0318

大津線管内の保安設備
かろうじて背景のおうちが写っている1枚がありましたので
探し当てることができました。

T_img_0288

浜大津
京津線列車が浜大津総合駅へ入線するところです。
この場所も電車の後ろに見えるお店、建物がずいぶんと変わりました。

T_img_1099

唐橋前~石山寺
線路沿いのフェンスや木々が生長していて、同じ構図とは
いきませんでしたが、なんとか雰囲気だけは同じものが写せました。

T_img_4122

浜大津~三井寺
建物は同じでもテナントの中身が変わっていました。

T_img_3097

滋賀里~穴太
京阪大津線管内で一番周辺の様子が変わった区間です。
湖西道路の滋賀里ランプがこの付近に建設されました。

線路横に見える県道の雰囲気から場所を探してみました。

T_img_0294

電車を入れた1枚はうまくカラーブックスの構図とは
あわすことができませんでした。

T_img_0293

カラーブックスが手元にないと、よくわからない記事となり
申し訳ないような気がします。

今回お世話になったカラーブックスの発行元
保育社三のホームページはこちらからどうぞ。

育てる・伸ばす・豊かにする-出版の保育社

鉄道以外でもいろいろなジャンルのカラー図鑑があります。
カラーブックスの達人が1冊を取り上げて紹介しているブログです。

「昭和」の宝石箱、カラーブックスの魅力を、達人が伝えるブログ

弊ブログからもリンクをさせていただいています。

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

« 京阪京津線廃線跡を歩く~九条山から日ノ岡まで | トップページ | 伊賀鉄道・新忍者電車~京阪9000系のイスに会いに行く »

「趣味」カテゴリの記事

「鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12088/48373441

この記事へのトラックバック一覧です: カラーブックス「京阪」~掲載写真の現在の様子/大津線関連:

« 京阪京津線廃線跡を歩く~九条山から日ノ岡まで | トップページ | 伊賀鉄道・新忍者電車~京阪9000系のイスに会いに行く »

最近の写真

  • T_img972
  • T_img242
  • T_img264
  • T_img263
  • T_img262
  • T_img267
  • T_img910
  • T_img9081
  • T_scan0023
  • T_scan0021
  • T_scan002
  • T_scan001