カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« 阪急電車開業100年ミュージアム号 | トップページ | 阪急天六ビル解体始まる »

2010/05/15

大阪くらしの今昔館~住まいのミュージアム

2010年の4~5月の大型連休の話です。

天神橋筋6丁目にある住まいのミュージアム「大阪くらしの今昔館」を訪れました。

T_img_5365

訪れた動機はこの建物の向かいにある阪急天六ビルでしたが、
この大阪くらしの今昔館に展示されている品々を見ていると、
その凄さに驚きました。

よろしければ続きをどうぞ

大阪・地下鉄天神橋筋6丁目駅の上にある、大阪暮らしの今昔館。

目的は、この建物から向かいに見える阪急天六ビルを撮影しようというもの
でした。展示館内に入ると、阪急天六ビルよりもその展示の品々に
引き込まれていきます。

展示館、入場ゲートをくぐるとまずは9階へ向かうコースになっています。
長いエスカレーターでたどり着いた展示場。

T_img_0774

T_img_5370

はじめ見たときには町並み再現の模型かと思いましたが、それが
間違った感想であることはすぐにわかりました。

T_img_5362

人が歩いていらっしゃるのが見えました。

T_img_5367

びっくりして、改めて最初から今のところ屋根しか見えていませんが、
じっくりと見直していきます。

T_img_5363

T_img_5369

この展示スペースを見終えると8階へ降りていくコースです。

初めて踏み入れたとき、ここがビルの8階かと信じられない
驚きと感動です。

T_img_0759

先ほど、9階から見ていた窓が見えます。

T_img_0754

通りの奥には、大阪天満宮が所有していて、天神祭にも使われていた
船形山車「天神丸」が修復されて展示されています。

T_img_0741

T_img_0751

これだけ見てもおごぞかな気分がしてきます。
表通りからはそれぞれ、商いをしていた家を再現しています。
はじめは通りから見るだけなのかと思いましたが、ほかに来場されている方が
家の中から出てきてびっくりしました。家の中にも入っていけるのかと
おもい、進んでいくと、町家の裏通りもきちんと再現されています。

T_img_0749

野良犬か飼い犬かわかりませんが、ちょっとびっくりしました。

T_img_5378

再び表通りへ。
ここではそれぞれの町家でその当時の暮らしにあったものなどが
展示されています。

T_img_0753

江戸時代後期の大阪で祭礼のときに座敷に飾り付けられていた
造りもののにわとりです。

T_img_0756

こういった展示品の数々、近くに解説シートがおいてありました。
また、町家の中に、大阪くらしの今昔館の説明パネルもあります。

T_img_0745

はじめに見た時の驚き、興奮であっちこっちの町やを出たり入ったり
しているのでなかなか全貌をつかみ損ねていたのですが、しばらく
この展示場にいて、ようやく落ち着いたところで先へ進みます。

次は、近代の大阪の展示です。
今度は精巧に再現された模型での展示です。

T_img_0775

この近代の大阪、明治・大正・昭和の時代になります。
このあたりになると、鉄道創業時、路面電車が走っていたころに撮影されて
現代まで残されている写真の背景に写っているような建物が見えてきて
なんとなく、なじみのある感じがします。

T_img_0777

T_img_0778

T_img_0780

T_img_0787

T_img_0788

大阪ではシンボル的建造物のひとつ、初代通天閣も周囲の建物とあわせて
再現されています。

T_img_0784

この通天閣の模型などがあるフロアにて大阪くらしの今昔館の展示会場が
終わるのですが、ここまでたどり着くのに私自身はかなりの時間を費やしました。
見るものがとても新鮮で、驚きと感動に包まれました。
ミュージアムショップでは絵葉書を購入して、大阪くらしの今昔館を後にしました。

購入した絵葉書です。

T_img_5769

天満橋と京阪電車天満橋駅の写真を使った絵葉書です。

京阪電車天満橋駅です。

T_img_5772

こちらは大阪市電と天満橋。

T_img_5773

この写真を見て、思い出しました。
今の天満橋の近くに、「天満橋」の銘板があります。
2009年9月に撮影しています。

T_img_4350

T_img_4351

大阪・天六にある住まいのミュージアム「大阪くらしの今昔館」
最初は向かいの阪急天六ビルの撮影のためという動機でしたことは
先に記しました。

その大阪くらしの今昔館からみた阪急天六ビルです。

T_img_0767

もう、展示室に入ると当初の目的など頭になく、本当にすばらしい
展示の数々に感動してきました。

« 阪急電車開業100年ミュージアム号 | トップページ | 阪急天六ビル解体始まる »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪くらしの今昔館~住まいのミュージアム:

« 阪急電車開業100年ミュージアム号 | トップページ | 阪急天六ビル解体始まる »

最近の写真

  • T_dsc_2578
  • T_dsc_2581
  • T_dsc_2583
  • T_dsc_2587
  • T_dsc_2592
  • T_dsc_2765
  • T_dsc_2770
  • T_dsc_2772
  • T_dsc_2775
  • T_dsc_2800
  • T_dsc_2821_20200906135301
  • T_dsc_2822_20200906135301