カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« 大津 町で見かけたもの 電信柱/境界杭 | トップページ | JR大津駅前のツバメ »

2010/06/20

JR大津駅付近の石垣が崩れる

2010年6月19日の早朝、JR琵琶湖線(東海道本線)の大津駅付近の
石垣が崩れたそうです。

家にいてて、ツイッター(twitter)で列車の運行情報を見ると琵琶湖線の
京都・大阪方面への電車が10~15分ほど遅れているとの情報で、
理由が大津駅~山科駅での線路の石垣が崩れてとということであったので
どのあたりだろうかと心配になり、見に行くことにしました。

T_img_2023

よろしければ続きをどうぞ

当日の状況をお知らせする新聞記事です。

石垣が崩落、ダイヤ乱れるJR大津駅付近

記事によると、電車に乗っていたお客さんが石垣が崩れているのに気がつき、
乗務員へ伝えたとなっています。
私も電車に乗っているときは車窓に常に気にかけていますが、この場に遭遇
したときにお伝えできたかどうかわかりません。

崩れた石垣は、JR大津駅から山科駅へ少しばかり進んだところでした。

T_img_5923

この線路沿いにある、小道のがけ下です。

T_img_5915

最初に見に行ったときには、まだ現場確認中です。
土曜・休日ダイヤであったのでそれほど本数は多くありませんが、それでも
大津駅4番乗り場に発着する電車があります。その線路を使用する列車は
すべて3番乗り場から発着するように変更されていました。

前後の電車の間隔が詰まってきているので、10~15分程度の
遅れが発生していました。

草津線から直通してくる普通列車です。

T_img_2033

この後すぐに新快速電車が続いてきます。

T_img_2037

ここで用事があったので、いったんこの場所から離れて、
午後の夕方近く、列車の運行情報を見ると、琵琶湖線の列車の遅れが
解消されていたので、ある程度復旧したのかなともって、もう一度、現場へ
訪れてみます。

国道沿いから歩いていくと、貨物機関車のいつもとは違う長い警笛が
聞こえたので、おや?と思って駆けつけたものの、もう貨物列車はトンネルの
中へ入っていました。
フェンス越しなのでうまく撮影できませんでした。

T_img_2129_1

ここの場所を訪れたのは、琵琶湖線(東海道線)の線路の生い立ちが
あって、大正10年8月1日に東海道線京都~大津間が今の線路に
なったとき、まず初めに開業したのが今は、京都・大阪方面への
線路となっている2線です。

山科駅近くにある橋梁のプレートがその生い立ちを語っています。

T_img_4201

T_img_4202

もう一度、JR大津付近に戻ると、京阪京津線の線路の下を
通っているトンネルの造りでもはっきりとわかります。

T_img_2130_1

1954年に発行されて、最近になって復刻発売されている書籍。

汽車の窓から
この本、東京駅から大阪駅までの間、東海道本線の車窓を写真でつづっています。
大津駅付近も一枚の写真が掲載されています。
ちょうど、汽車の窓から国道の橋梁、京阪京津線をくぐるトンネルへ入る直前の一枚です。

汽車の窓からは、今回崩れたところとは違いますが、おなじころに建造されたはずの
石垣が写っています。

話を元に戻します。

夕方に石垣が崩れたところを眺めると、重機などが入って、応急処置が施されて
いました。

T_img_5933

列車の通過に注意しながら作業は進んでいます。

T_img_5940

そうこうしているうちに、ブルーシートが用意されて、崩落現場を
覆うようにかぶされはじめます。

T_img_5947

T_img_5952

ブルーシートがかけ終わったところで、いったん作業が終了するのか
作業員の皆さんが引き上げていかれました。

T_img_2145

19日の土曜日はここで、大津駅から離れたので、その後はどうなっているのか
わかりません。

T_img_2148

大正10年8月1日に線路変更によって誕生し、ずっと列車の往来を見守ってきた
石垣がなぜ今回崩れたのかわかりません。ただ、周辺の石垣も含めて恒久処置
を行うときには姿が変わってしまうかもしれません。
安全のためには致し方ないことだろうとおもいます。

« 大津 町で見かけたもの 電信柱/境界杭 | トップページ | JR大津駅前のツバメ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR大津駅付近の石垣が崩れる:

« 大津 町で見かけたもの 電信柱/境界杭 | トップページ | JR大津駅前のツバメ »

最近の写真

  • T_fh040027
  • T_img_0321
  • T_img_3465
  • T_img_5778
  • T_img_5779
  • T_img_5944
  • T_img_6338
  • T_img_6339
  • T_img_7796
  • T_img_7803
  • T_img_8960
  • T_img188