カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« 京阪大津線きかんしゃトーマス号ラストラン~撮影記 | トップページ | 京阪石坂線~車輌交換/近江神宮前駅にて »

2010/07/11

ていぱーく「逓信総合博物館」特別展~「鉄道と郵便」

東京・大手町にあるていぱーく「逓信総合博物館」。
2010年6月18日から7月25日までのあいだ、特別展として「鉄道と郵便」という
資料展が開催されています。

T_img_6770

この資料展は、郵便の父と称される前島密氏が残した功績、鉄道と
郵便事業について逓信総合博物館が保管されている資料を基に企画される
展示です。

大変興味があったので、出かけてきました。

よろしければ続きをどうぞ

鉄道と郵便。この展示を知るきっかけになったのはこの郵便ポストです。

T_img_6374

JR品川駅の改札内にあるポスト。出張にて移動中、乗り換えるために
歩いていたところ、見つけました。
ポストの由来というより、0キロポストの説明文が書いてあるプレートです。

T_img_6376

この郵便ポスト。昔に走っていた鉄道郵便車を模したものです。細部にいたるまで
細かい注意が行き届いていて、うれしくなります。

T_img_6381

標記類もばっちり、現役当時の車輌と変わりません。

T_img_6382

この郵便ポスト、鉄道ピクトリアルの2009年5月号の特集記事の中に
出てきていて、存在は知っていました。ただ、普段は縁のないところでしたので
さほど気にとめてはいません。思いかげないところで出会いました。

この郵便ポストからはがきを投函すると、消印はどうなるのだろうかと
素朴な疑問がわいてきたので、100円ショップで絵葉書を買ってきて、
自分宛へ投函してみました。

このちょっとした疑問を調べるためにWEB上を探していると、「ていぱーく」
逓信総合博物館の特別展、「鉄道と郵便」が開催中であることを知ります。

せっかく近くまで来ていることもあって、時間を何とか作って、立ち寄ることと
しました。
最初は道がわからないこともあって東京駅からは東京メトロ丸の内線で
一駅、大手町駅へ向かいます。
逓信総合博物館、ていぱーく。地下の駅から地上に出てすぐ見つかりました。

T_img_6771

不勉強だったのでていぱーく。常設展示がかなりのボリュームであることを
訪れてから知ることになります。特別展だけで見終えようとしたのが恥ずかしくなりました。

T_img_6772

入館料を払って、さぁ、館内へ向かいます。

T_img_6773

鉄道創設の歴史から始まります。
残されている資料もこれまで見るものとは一味違った視点からです。

T_img_6774

どうしても気になる「大津~京都間」の鉄道路線図。

T_img_6775

ここで大事な歩みを見落とすところでした。
「鉄道郵便の歩み」年表です。

T_img_6776

続いては郵便車。車輌の資料です。

T_img_6777

2軸の客車の図面が展示されています。

T_img_6778

ここでは、主役は郵便屋さん。鉄道車両の展示があっても
「鉄道郵便局」という紹介です。

T_img_6781

T_img_6780

全国に残されている、保存されている鉄道郵便車輌の一覧です。

T_img_6783

郵便車。早くに廃止されてしまって、車輌の所属が郵政省であったためか
転用改造も去れずに解体されたものがたくさんあるなか、残っている車輌が
少なからずあることに驚きました。

こちららはクラッシクな郵便車の写真。写真を見ると車輌は3軸ボギー台車。
それにしても優雅な外観をしています。今の時代にあってもおしゃれで違和感が
ないような感じを受けます。

T_img_6784

私ははじめて知った事実。鉄道郵便の初期のころには通過中の列車から
郵便物を駅へ受け渡すことも行われていたそうです。

そのときに使用されていた機構の模型です。

T_img_6786

次の展示は、郵政省関連に残されている鉄道郵便に関するゆかりの品々です。

T_img_6799

T_img_6800

T_img_6801

T_img_6803

こちらは、車輌内で郵便物の区分けを行っていて、今では信じられないかも
知れません。車輌に郵便ポスト(投函口)がついていて、車内でも
消印がおされて、郵便物が配達されていきました。

その路線ごとの消印スタンプが集められています。

T_img_6806

T_img_6807

T_img_6808

T_img_6809

ずいぶんと長くなりましたが、特別展、もう過去のものなってしまった
実物の鉄道車両と郵便のゆかりのあるものの展示が以上です。
ほかにも約20分ぐらいのビデオ(逓信総合博物館が保管している記録)が
上映されていました。
このビデオ、郵政省側からの視点なので、鉄道郵便車輌の中で
行われていた郵便屋さんの仕事が記録されている大変興味深いものでした。

次の展示は、さすがは郵便の博物館。国内にて発行された鉄道に関する切手と
世界の郵便切手です。

国内で発行された電気機関車が図柄の切手。私も中学生のころ集めました。

T_img_6819

こちらは、世界の鉄道が図柄になっている郵便切手です。

T_img_6824

切手の原画というのをはじめて見ました。

T_img_6825

長々と写真でお伝えしてきました。ここで「鉄道と郵便」資料展の特別展示
の見学を終えます。
外に出ると「ペーパークラフトワークショップ」として開催されるイベント
会場となっていました。

T_img_6828

ペーパークラフトには明治時代の郵便の立版古と鉄道車両の2種類が
置いてありました。鉄道車両は1枚のシートに電車(クモユ143)と客車(オユ10)
が描かれています。

早速たくさんの車輌が組み立てられていて、カラフルに仕上がっていました。

T_img_6834

私の場合、電車を知っている先入観からか、郵便電車はオレンジと緑色、
郵便客車は青色ですぐに塗ってしまいます。

もうひとつ、面白いクラフト作品。鉄道郵便が続いていたら
登場していたかもしれないなぁとおもった、ゆうパックの箱のカラーに
あわせた作品です。

T_img_6838

このペーパー車輌を見て、私が幼少のころ、もちろん鉄道郵便は現役。
大変お世話になったプラレールにもたしか郵便車があったような記憶が
甦ってきました。

後で調べてみると悲しいかな、もう絶版となっていました。
イベント記念品として販売されたものも完売で手に入らず。
しかも往年とは違って、郵便ポストの象徴、赤色になっていました・・・。

話がそれてしまいました。
特別展はこれで、おしまい。ほかの常設展示を訪れましたが、その内容
に圧倒されて、危うく新幹線の乗り遅れそうになりました。
今度は常設展示を中心に見に行きたいと思っています。

ていぱーく「逓信総合博物館」の館内案内のパンフレット表紙です。

T_0031

ていぱーくのイベント情報のリーフレットです。

T_0041

今回の「鉄道と郵便」特別展の説明です。

T_0051

さて、最初に戻りますが、JR品川駅構内にある郵便ポスト。

T_img_6375

ここで投函したはがきの消印です。

T_0021

普通のものでした・・・。

新幹線に乗ってきて、郵便のことで頭が一杯のところでJR京都駅にも
ホーム上に郵便ポストがあることを思い出して、懲りずにまた自分宛に
はがきを出しました。

T_img_6843

京都駅ホームから投函したはがきの消印です。

T_0011

鉄道郵便。国鉄が分割民営化される1年前には郵政省が鉄道輸送から
撤退してしまい、もうずいぶんと時間がたってしまいました。
という私も、実はほとんど鉄道郵便車の記憶がありません。

ただ、プラレールや鉄道模型車輌としては非常になじみのある車輌で、
いつも車輌外観のみを気にしていました。
そんな郵便車の中、深い歴史を勉強できて、大変うれしく思った今回の
特別展見学でした。

お世話になったていぱーくへはこちらから
ていぱーく
無料の招待券がプリントアウトできるようです。

« 京阪大津線きかんしゃトーマス号ラストラン~撮影記 | トップページ | 京阪石坂線~車輌交換/近江神宮前駅にて »

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ていぱーく「逓信総合博物館」特別展~「鉄道と郵便」:

» 中古鉄道模型 [中古鉄道模型]
中古鉄道模型についての情報です。 [続きを読む]

» 出来事デキゴト [出来事デキゴト]
毎日の出来事を紹介します。 [続きを読む]

» 鉄道模型を趣味で [鉄道模型が趣味で初心者です]
わたしがおすすめするのが、鉄道模型を趣味でという方にです。。これをおすすめしたいのには理由があります。他のものとは違い、か~なり興味深い部分があるのです。鉄道模型を趣味で始めたい初心者の方に鉄道模型とは、 一定の縮尺・軌間による鉄道車輌・線路の模型をいう。その初期においては、ブリキ製の玩具との境界はあいまいですが、次第に決められた縮尺・軌間によって製作して、コレクションしたり線路上を走行させて鉄道の情景を楽しむための規格が定められるようになった。イギリス、アメリカ、ドイツ各地...... [続きを読む]

» 葉加瀬太郎の展覧会 [流行・万華鏡]
日本郵政株式会社の郵政資料館が主催する「<てがみ>で<えがお>を奏でよう♪meets 葉加瀬太郎」が、11月7日まで東京で開催されている。開催場所は東京都心にある逓信総合博物館で、ここは日本でただ一つの情報通信関係の総合博物館である。 逓信総合博物館は「ていぱーく... [続きを読む]

« 京阪大津線きかんしゃトーマス号ラストラン~撮影記 | トップページ | 京阪石坂線~車輌交換/近江神宮前駅にて »

最近の写真

  • T_dsc_6266
  • T_dsc_6293
  • T_dsc_6327
  • T_img_5278
  • T_img_5381
  • T_img_5443
  • T_img_5446
  • T_img_5618
  • T_img_5629
  • T_p1100176
  • T_p1100225
  • T_p1100241_20210328143501