カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« 京都市営地下鉄30年の歴史展 | トップページ | 南海高野線・全線開通80周年 »

2010/08/17

船町渡し~大阪あそ歩のコースより

2010年春より大阪あそ歩という企画があって、春、夏とまちの魅力を伝える催し
ガイドさんによるまち歩きツアーが行われています。

これまでに行われたツアーなどについては、公式ブログにて
紹介されていて、2010年春のは50のコースが用意されました。
そのコースはイラストマップで紹介されています。

イラストマップはこちらから

大阪あそ歩2010春 イラストマップ

いくつか興味のあるコースの中から、ひとつ気になったのが
鶴町・船町
「これぞ大正ロマン!渡し船に乗って巨大工場見学
       ~木津川飛行場跡と船町工場群と~」

ここで特に気になったのが「藤永田造船所・船町工場跡」
日本最古の造船所であって、駆逐船造船では有名で
あったそうですが、どこかの鉄道車両の製造メーカーとして
記憶にとどめていました。

そんなことがあって、モデルコースにも入っていることで
気軽に訪れることが出来そうだったので工場跡と中心に
出かけました。

T_img_8413

よろしければ続きをどうぞ

公式サイトより説明を抜粋して引用させていただこうと思います。

---------引用始め----------------
「大阪あそ歩」とは「大阪コミュニティ・ツーリズム推進連絡協議会」が
すすめる企画の総称(全体の名前)です。
中身は、大きく分けて2つあって、
ひとつは「まち歩き」。
大阪のまちを歩いて、そのまちの人や雰囲気や歴史に会って、
まちを楽しもうというものです。
もうひとつは「まち遊び」。
大阪の食や芸能や祭りや物語をみんなで楽しもうというものです。
--------引用終わり--------------

その他、詳しいことについては大阪あそ歩の公式サイト
をご覧ください。
大阪あそ歩

ずいぶんと説明が長くなりました。

本題へ入って行きたいと思います。
鶴町・船町
「これぞ大正ロマン!渡し船に乗って巨大工場見学
       ~木津川飛行場跡と船町工場群と~」
というコースの一部分を見て行きます。

大阪ドームに近い、ドーム前千代崎のバス停より市バス70系統の
西船町行きバスの乗って終点へ。

T_img_8378

工場地帯、塀に囲まれたところでした。

T_img_8377

手元に印刷してきた「大阪あそ歩」のマップを片手に歩いていきます。
思っていた工場跡は自力では見つけられず。
社名が変わって、その場は企業の工場として継続しているようでした。

T_img_8392

思い描いていたのとは違った結果でしたが、すぐに次の目的、
船町渡しに到着します。

T_img_8381

大阪湾。調べるとこの船町渡し意外にも渡し舟が活躍している
ところがあるそうです。

船着場の様子です。

T_img_8385

船の時刻表です。

T_img_8386

結構な頻度で航行していることがわかります。

T_img_8399

幸い、待ち時間もそれほどなく、船が対岸からやってきました。

T_img_8400

T_img_8401

T_img_8402

乗船すると今度はすぐに船は離れていきます。

T_img_8406

T_img_8404

こちらがマップによる「藤永田造船所跡」

T_img_8407

見渡すほどの時間もなくあっという間に対岸へ到着。

T_img_8410

初めての渡し船、乗船体験でした。

続いてはマップどおりに歩いていって、鶴町中央公園へ。

T_img_8415

ここには昭和5年から11年まで中央気象台の大阪支台があったそうです。
その名残は、プレートに記されるのみです。

T_img_8418

今では見る限り、普通の公園となっています。

T_img_8416

マップにはもうひとつ気になるスポットとして、小学校の玄関に飾られる
蒸気機関車の動輪が紹介されていました。

T_img_8424

門扉越しに撮影です。

T_img_8425

小学校、公園の近くにある、由緒ある神社です。

T_img_8423

大阪あそ歩の
「これぞ大正ロマン!渡し船に乗って巨大工場見学
       ~木津川飛行場跡と船町工場群と~」
のコースはこれからもまだまだ先はつづくのですが、

私は蒸気機関車の動輪を見て満足し、近くの大通りで
走ってきたバスを見かけて、乗り込んでこの地を後にしました。

ガイドさんがいらっしゃるとまた違った新しい発見があったかと
思うのですが、マップ片手に歩くだけでも十分に魅力に取り付かれる
コースでした。

また機会を見つけて別のコースを見てみようと思います。

« 京都市営地下鉄30年の歴史展 | トップページ | 南海高野線・全線開通80周年 »

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 船町渡し~大阪あそ歩のコースより:

« 京都市営地下鉄30年の歴史展 | トップページ | 南海高野線・全線開通80周年 »

最近の写真

  • T_fh040027
  • T_img_0321
  • T_img_3465
  • T_img_5778
  • T_img_5779
  • T_img_5944
  • T_img_6338
  • T_img_6339
  • T_img_7796
  • T_img_7803
  • T_img_8960
  • T_img188