カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
  • 育てる・伸ばす・豊かにする―出版の保育社
    さまざまなジャンルのカラー図鑑を発行されている保育社さんのホームページです。新版・絶版のカラーブックスがいくつかはまだ出に入るようです。ぜひこちらのリンクからどうぞ
  • カラーブックスの達人
    これまでに保育社から発行されたカラーブックスを達人が取り上げて紹介しています。懐かしいものから、貴重なブックスの内容を知ることができます。
  • 近代建築青空ミュージアム
    街でみかけるすばらしい意匠の建築の数々。Kayoさんの素敵な言葉とともに建物を設計に携わった方々への暖かい心にあふれた紹介をされています。
  • Train Journey トレたび
    JRグループ企画協力している 鉄道・旅行情報ウェブマガジンです。 全国の鉄道・旅行の話題、食べ物、豆知識など 読んでいて楽しい記事が満載です。
  • 大津の京阪電車を愛する会
    京阪電車大津線を応援する会です。 イベント電車の開催や沿線情報紙の発行など いろいろと活動されています。
  • 京阪電車 大津線
    京阪電車大津線の公式サイトです。 大津線のおすすめキップの案内や 沿線イベント案内を紹介しています。
  • でんしゃの似顔絵屋さん
    ほのぼのとした似顔絵屋さんです。 でもほかと大きく違うところが! 似顔絵を電車に乗せてくれます!!
  • あさかぜ
    鉄道模型でDCCについて詳しいブログです。
無料ブログはココログ

« 新風館・中京郵便局・京都国際マンガミュージアム/地下鉄烏丸御池駅界隈 | トップページ | プラッツ近鉄からヨドバシカメラ京都へ »

2010/09/25

湖都古都おおつ電車DE落語・ビア~京阪大津線

2010年9月25日、大津の京阪電車を愛する会が主催の
「湖都古都おおつ電車DE落語・ビア」が開催されました。

T_img_3948

今年の落語電車、お昼の部と夜の部と2回運転されるという
例年にないイベントとなりました。

私は申し込んだらお昼の部に割り当てられました。
その様子をお届けします。

よろしければ続きをどうぞ。

今日の浜大津駅。落語電車にとっては申し分のないお天気。
雲ひとつない青空が広がっています。

T_img_3882

今年の落語電車、何番の電車がやってくるのだろうかと心待ちに。
近江神宮前駅にも出かけましたが一番奥に電車が止まっていて、
探しに行けば見えたのですが、後の楽しみに取っておこうと、
早々と浜大津駅に到着していました。

待つことしばし。気がつくと土曜・日曜日に浜大津駅で販売される
パン屋さんなどと並びで落語電車の受付ブースができています。

T_img_3883

それでもまだ、少し待って受付へ。
私は2号車・石山寺方車両です。はがきを持っていったのに
「名前がない」などと言われて名簿を確かめるといったことが目の前で
起こりましたが、無事に受付を済まし、スタッフのいるところで入場を
待ちます。

T_img_3887

なぜかしら、1号車のお客さんがたくさん集まってこられるのに
2号車はなかなかと思っていたところ、徐々に大勢のお客さんが
みえました。

時間もきて、浜大津駅有人改札からホームへ。
スタッフについていきましたが、ホームへ降りる階段の途中で
スタッフの方が後方の確認をされるために、列の先頭が私になりました・・・。

何も差し支えないので、先頭を仰せつかり(?)列を誘導。

と、歩いていく途中に落語電車が入線してきましたが列を乱すわけにも行かず。

T_img_3889

石山寺向き車両の乗車位置に到着。

ちょうど後ろのグループの方が「車内はどうなっているのか?」といったことを
心配されていたので、「あーで、こーで」簡単にお話して、落語電車の到着を待ちます。

そこへ坂本行きの定期列車がやってきます。

T_img_3893

立っている位置からはこの写真が精一杯。

普段なら電車の入線をデジカメの動画機能をつかって記録するところ
ですが、慣れない位置にて電車を待っていたので撮り忘れ。

T_img_3895

T_img_3896

ほかのグループの方に車内に入る順番を譲って
私は写真がとりたくて、もうひとつのドアから乗車します。

T_img_3898

ひとまず着席。折りたたみいすのところにあえて座ります。

お昼の部の落語電車。浜大津を出るとまずは京津線四宮駅を
目指します。

2号車は「笑福亭右喬」さんのお話が始まります。

T_img_3905

といってもすぐに落語が始まるわけでなく、まずはバルーンアートから。

T_img_3907

一席前の話が佳境に入っているところで電車は四宮駅に到着。
ここで、折り返し運転ために四宮駅の浜大津方にある引き上げ線へ電車が
転線。見逃せないポイントではあるのですが、お話が面白く、
写真はこの一枚。

T_img_3912

四宮駅3番線について、落語が始まります。「時そば」でした。

T_img_3917

話の流れは知っているのですが、噺家さんによって演じ方が違うのに
新鮮で興味深かったです。

一席終わった後で車内も一息。
電車は浜大津に向けて運行、逢坂山トンネルに入るところです。

T_img_3926

浜大津駅では1号車と2号車で噺家さんの交代、ビールの追加積み込みが
ありましたが、私たちはそのまま乗車。折り返し坂本駅を目指します。

今度は、浜大津駅折り返し線へ入線。

T_img_3936

続いては、「笑福亭伯枝」さん。

T_img_3940

皆さんを和ますように高座から降りて落語前のお話をされました。

T_img_3941

浜大津から坂本までは「なぞかけ」。お題を募集されたところ難題が
出て、「京阪電車とかけて・・・・。」ずいぶん困っておられました(^^;

電車も坂本駅について、ここでドアが開いて休憩時間がありました。
私にとっては休憩ではなく、貴重な撮影時間です。

電車のヘッドマークです。

T_img_3942

T_img_3947

笑福亭伯枝さん、坂本駅のモニュメントをご覧になって
「あれはなんですか?」とお尋ねになっていらっしゃいました。

T_img_3943

運転台のドア越しからの1枚。

T_img_3950

休憩、坂本駅の停車時間がいつまでか分からないままホームに出て写真を
撮っていると、いつもブログにコメントを寄せていただくかずゆきさん、たまごさんと
お会いしました。もうすこしゆっくりご挨拶したかったのですが、電車がいつ
ドアが閉まるか分からなかったもので、すこし失礼な対応となってしまいました。
申し訳ありません。

話を落語電車に戻します。
休憩に出られていた皆さんが戻ってこられて一席が始まります。
お酒の話か相撲の話かどちらか?となって相撲の話が始まりました。

T_img_3956

坂本駅から始まって、ちょうど別所駅を過ぎるぐらいに
お話が終わりました。

簡単なアンケートを記入して、落語電車は浜大津駅に到着しました。

T_img_3959

ここで、解散場所は浜大津駅改札の外。
引き上げる落語電車に未練がありましたが、団体行動。
改札の外にてお開きとなりました。

明るい雰囲気の落語電車。いつもの夜のイベント電車とは違って
また楽しいものでした。

私にとっては、1日に「四宮」「浜大津」の折り返し線に
入線するなど願ってもないことで、この感動・感銘を表す言葉が
見当たりません。

それはともかく、夜の部も大勢のお客さんが見えていらしたようで、
2回とも盛況でまた来年も催されることを楽しみにしています。

« 新風館・中京郵便局・京都国際マンガミュージアム/地下鉄烏丸御池駅界隈 | トップページ | プラッツ近鉄からヨドバシカメラ京都へ »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

「鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12088/49560456

この記事へのトラックバック一覧です: 湖都古都おおつ電車DE落語・ビア~京阪大津線:

» http://1991farewell.air-nifty.com/blog/2010/09/post-ce99.html [タンジェリンオレンジの誘惑]
年甲斐もなく、上栄町から浜大津まで全力疾走して息絶え絶えの私。 明日都大津の前に [続きを読む]

« 新風館・中京郵便局・京都国際マンガミュージアム/地下鉄烏丸御池駅界隈 | トップページ | プラッツ近鉄からヨドバシカメラ京都へ »

最近の写真

  • T_img_3558
  • T_img_3550
  • T_img_3548
  • T_img_3544
  • T_img_3535
  • T_img_3522
  • T_img_3519
  • T_img_3514_2
  • T_img_3514
  • T_img_3496
  • T_img_3485
  • T_img_3484