カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
  • 育てる・伸ばす・豊かにする―出版の保育社
    さまざまなジャンルのカラー図鑑を発行されている保育社さんのホームページです。新版・絶版のカラーブックスがいくつかはまだ出に入るようです。ぜひこちらのリンクからどうぞ
  • カラーブックスの達人
    これまでに保育社から発行されたカラーブックスを達人が取り上げて紹介しています。懐かしいものから、貴重なブックスの内容を知ることができます。
  • 近代建築青空ミュージアム
    街でみかけるすばらしい意匠の建築の数々。Kayoさんの素敵な言葉とともに建物を設計に携わった方々への暖かい心にあふれた紹介をされています。
  • Train Journey トレたび
    JRグループ企画協力している 鉄道・旅行情報ウェブマガジンです。 全国の鉄道・旅行の話題、食べ物、豆知識など 読んでいて楽しい記事が満載です。
  • 大津の京阪電車を愛する会
    京阪電車大津線を応援する会です。 イベント電車の開催や沿線情報紙の発行など いろいろと活動されています。
  • 京阪電車 大津線
    京阪電車大津線の公式サイトです。 大津線のおすすめキップの案内や 沿線イベント案内を紹介しています。
  • でんしゃの似顔絵屋さん
    ほのぼのとした似顔絵屋さんです。 でもほかと大きく違うところが! 似顔絵を電車に乗せてくれます!!
  • あさかぜ
    鉄道模型でDCCについて詳しいブログです。
無料ブログはココログ

« 京阪 淀駅 下り線高架から約1年 | トップページ | 国鉄117系電車と「新快速」 »

2010/10/05

117系電車と共に競った阪急6300系・京阪3000系

いつもと違って今回は私の大好きな電車である117系電車について
取り上げたいと思います。

京都駅にて
T_img_8453

1979年にこれまで新快速電車として使用されていた車両を置き換えるために
登場した117系電車。当時の国鉄としては「地域限定」「用途限定」の破格扱いの
特別な電車でした。

特にデビューしたときの印象は大きかったようでそのときの国鉄電車を取り上げる
グラビアなどでも特急電車を差し置いてトップスターの扱いをうけてきました。

それも、ライバルとしてよい相手であった阪急6300系や京阪3000系の存在が
あります。それら3形式の電車とももう後進に道を譲り、全盛期とは違った活躍の場を
見つけています。

よろしければ続きをどうぞ

現在、生まれの地関西で活躍する117系は湖西線・草津線を担当する京都総合運転所と
きのくに線・和歌山線を担当する日根野電車区と2箇所に配置が分かれています。

ここで取り上げるのは湖西線・草津線を担当する京都の電車です。
以前は福知山快速色などと入り乱れていましたが、近年登場時の姿である
クリーム色1号にぶどう色2号の帯を締めた塗装にそろえられました。

T_img_2241

塗装がそろえられたおかげで、外観上は往年の全盛期とほぼ変わらず。

鴨川渡って東山トンネルへ
T_img_0553

山科の大カーブを走る117系
T_img_4243

室内は、登場時の座席配置を残すもの、混雑対策として一部座席が変更されたもの
とあります。

登場時の座席配置

T_img_9791

座席配置が変更されたもの

T_img_9863

登場時の座席配置を残す車両は、今現在は団体臨時用とされているので
通常の列車にて運転されることは極まれになってしまいました。
残念です。

まだ、通常運転していたころのトップナンバーの編成。

T_img_9797

広い運転席。

T_img_9793

車内の車両番号板。
この近くには一輪挿しがあって造花がいけられていたこともありました。

T_img_9794

車両製造メーカーの銘板。

T_img_9795

第一編成が登場したのは昭和54年です。

さて、117系が国鉄に登場した当時、競い合う相手には阪急電車は6300系、
京阪電車は3000系という車両が京阪間を颯爽と行き交っていました。

京阪3000系(現8000系8030番台・・・注・便宜上この記事では3000系と表記します)

T_img_9290

自動転換クロスシートを備え、ドア横には補助席が設けられていました。

T_img_9606

いすの間にはこんなプレートが取り付いていました。

T_keihann3000

京阪特急といえばテレビカー。

T_img_9594

全盛期には京都方の先頭車にテレビが設けられていて、一編成に2両テレビカーが
ありました。

テレビカーでは、この近くに製造銘板があります。

T_img_9782

117系よりも先に登場。昭和47年製です。

続いては阪急6300系。

桂車庫での撮影会にて
T_img_1850

京阪電車の3000系が登場して少したった昭和50年からの登場。

鉄道友の会からブルーリボン賞を受賞しました。

T_img_2224

阪急6300系も転換クロスシートをズラッと備えた車内座席配置でした。

T_img_2230

京阪3000系と同じく阪急電車も車端部には補助いすがあります。

T_img_2223

少しでも座席を提供したいというサービスの一環でした。

京阪3000系、阪急6300系が京阪間を走っているところに登場したのが
国鉄117系電車「新快速」です。

T_img_9834

特別料金が要らない車両としては破格であった転換クロスシート

T_img_9868

まだ当時は直角の固定クロスシートの電車が急行料金を頂戴して
走っていた時期です。

それだけに117系電車を導入した国鉄大阪鉄道管理局の心意気は本当に
すばらしいものです。

これら京阪間の3大スターが登場して30年あまりの歳月が過ぎました。

かろうじて京阪3000系のみが今なお京阪間を駆け抜けているものの
京阪特急は途中駅に止まるように随分姿を変えました。

阪急6300系は先日本線での定期営業運転を終えて一部の仲間が嵐山線へ。
そしてトップナンバーの編成は行楽シーズンの臨時特急用として
今しばらく活躍が見ることができそうです。

国鉄117系。湖西線・草津線での普通列車としての活躍の場を移しています。
ただ、うれしいことに2009年より春先の海津大崎の花見観客輸送のために
臨時新快速電車が設定されていて、もう永遠に見ることのできないと思っていた
117系新快速が再び見ることが叶うようになりました。

T_img_9839

ただ惜しいことにヘッドマークサインはJRになって変更されています。

一部の電車には国鉄時代からの種別幕が備わっています。

T_img_9850

117系登場時に一般公募によって付けられた「シティーライナー」という名称と共に
制定されたヘッドマークサイン。
以前はJR大阪駅の壁面を飾っていました。

T_pc180007

117系、新快速とは私にとってはこのマークではなければと思っています。
この姿、このマークが忘れられません。

T_11719

私もだんだんと年をとりました・・・。

今回は117系と共に歩んだライバルを取り上げてみました。
次の117系の話題では117系と新快速電車について紹介したいとおもいます。

« 京阪 淀駅 下り線高架から約1年 | トップページ | 国鉄117系電車と「新快速」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
117は僕も好きです。
デビューした時に京福電鉄に勤める叔父に乗りに連れて行ってもらいました。京都駅では運転台にも入れてもらい、京阪とはまた違った高さにへええって感じでした。その後、大阪駅まで乗車し、弁天町の科学館へ行き国鉄を堪能しました。伯父の家が桂だったので、帰りは阪急。鉄道のない町に住んでいた僕には夢のような一日でした。
伯父はかなりの鉄で、鉄道ファンのイラスト投稿を長年続け、イラスト集を自主出版しました。そこの家は本、写真、グッズ、記念切符、カードなど宝の山でした。

kzn128さん。こんばんわ。
コメントありがとうございます。117系のことが好きな方がたくさんいらしてうれしい限りです。

名車であったがゆえに短命すぎたかもしれませんが、印象に大いに残る電車のひとつです。

117系にのって京都~大阪間をあの転換クロスシートにのって大阪方面へは進行方向向かって左側の窓際席にすわり、向日町運転所、正雀工場、吹田工場を眺めることができないのが残念でなりません。もう一度たいけんしたいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12088/49660070

この記事へのトラックバック一覧です: 117系電車と共に競った阪急6300系・京阪3000系:

» 秋からの国内格安航空券、国内格安ツアー [国内格安航空券【T]
秋からの国内格安航空券、国内格安ツアー 航空会社の割引のない連休や年末年始も格安で購入できます。 JAL・ANAのチケットレス航空券なら前日、当日のご予約、空港での受取りもできます。 [続きを読む]

» 阪急電鉄 6300系 [ぱふぅ家のホームページ]
6300系電車は1975年にデビューした阪急電鉄の特急用電車で、2009年には嵐山線へ転用された。 [続きを読む]

« 京阪 淀駅 下り線高架から約1年 | トップページ | 国鉄117系電車と「新快速」 »

最近の写真

  • T_img_3558
  • T_img_3550
  • T_img_3548
  • T_img_3544
  • T_img_3535
  • T_img_3522
  • T_img_3519
  • T_img_3514_2
  • T_img_3514
  • T_img_3496
  • T_img_3485
  • T_img_3484