カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« 京阪大津線おでんde電車弐~乗車してきました。 | トップページ | 京阪電車石坂線 沿線の風景 »

2011/01/09

梅小路蒸気機関車館~ 蒸気機関車の頭出し展示

2011年の1月4日から10日まで梅小路蒸気機関車館にて保存されている
機関車が扇形車庫から数m前進して展示されるイベントが行われています。


T_img_1697


また、1月30日まで
資料展「特急『つばめ』80年の軌跡」も開催されています。


T_img_1748


よろしければ続きをどうぞ


季節柄、受験生への合格祈願グッズが梅小路蒸気機関車館でも配布されるとの
新聞記事を見つけて、少し気になったので蒸気機関車館のHPを見てみると、
機関車の頭出し展示の事を知りました。

思うところあって、夕方近くになって蒸気機関車館へ向かいます。
連休中ということもあって入館券を買うのにも少し待つほどでした。

私ははじめて見る機関車の頭出し展示です。


T_img_1625


静態保存機もズラッと前に出ています。
C1164からB2010まで見事でした。


T_img_1694


T_img_1710


夕方近くになって蒸気機関車館を訪れるのには訳あって、
夕日が機関車に降り注ぐのを見るためです。


T_img_1637


あいにく、雲が多かったので、日がさしてもすぐに隠れてしまう天候でした
ので、根気よく待つほかありません。
機関車の気になる部分を撮影して行きます。


T_img_1624


夕日にナンバープレートが映えるところがとても気に入っています。


T_img_1629


T_img_1633


T_img_1634


T_img_1640


よく、美しく磨かれているからこそ、夕日に映えるのだと思っています。


T_img_1610


新春の干支のヘッドマークが取り付けられています。


T_img_1607


こちらは英国国立鉄道博物館との姉妹提携10周年のヘッドマークです。


T_img_1603


いつもは建物の中に隠れてしまって、やや存在感が薄れてしまう感あるのですが
やっぱり外に出てくると迫力は違います。


T_img_1639


T_img_1644


さて、ここで普段とは少し違う扇形車庫の内部の様子です。


T_img_1714


T_img_1716


T_img_1721


本来なら、機関車の煙突部分に覆いかぶさる傘も今日は少し違うところに
あります。


T_img_1723


梅小路機関車館が現役の梅小路区であった頃にはこの煙突の傘も
すべての線路についていたのでしょう。取付金具の名残がみられました。


T_img_1724


また、ここで懲りずに夕日の当たる機関車を見続けます。


T_img_1741


T_img_1740


T_img_1729


T_img_1738


写真を撮っているうちに、今日のSLスチーム号が運転を終えて機関車が
整備のために転写台へ移動してきました。その後、灰を落とすために
作業線へ転線します。


T_img_1777


灰を落とす作業に入る機関車。今日のSLスチーム号はD51200でした。

機関車の周りには大勢の方が集まってこられます。


T_img_1779


蒸気機関車はやっぱり煙あってものです。


T_img_1782


機関車としてはひとり、離れたところにさびしく止まっていた8630


T_img_1653


生きている機関車の証として建物が煙ですすけています。


T_img_1650


さて、最後にC622のナンバープレートです。


T_img_1744


いつもは建物の中で窮屈そうに見えていた機関車が威風堂々とみえた
機関車頭出し展示でした。

最後までご覧頂ありがとうございました。


« 京阪大津線おでんde電車弐~乗車してきました。 | トップページ | 京阪電車石坂線 沿線の風景 »

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

たけひろさん、こちらの記事にも感激です。
今日まで、行く機会をうかがっていましたがついにかないませんでした。
見せてくださって感謝です。
みんなとてもうれしそうですね。
どうやって機関車をひっぱるのかな…など考えていました。
見ているうちに涙が出てきました。
鉄道、建築、歴史、文化…いろいろな世界にとって、ここは夢の世界ですね。
8630号大好きです。鐘の音色がなんともいえません。
車庫のひみつも教えてくださってありがとうございます。
TBさせていだだきます。心から感謝します。

kayoさん こんばんわ。
いつもコメントくださってありがとうございます。

機関車の頭出し展示、私ははじめて訪れました。
その迫力にとても感動しました。いつもは機関車の前に
置いてある小さいお友達向けの「きかんしゃにのぼらないで」との
注意看板も置いてなく、機関車が堂々と胸を張っているように
思えて、うれしかったです。

8630機関車も随分と長く活躍していますね。
元気に走っている姿を見るとこれまたうれしくなります。

また折を見て梅小路に通いたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅小路蒸気機関車館~ 蒸気機関車の頭出し展示:

» 梅小路機関車庫(3) 扇のなか [近代建築青空ミュージアム]
車庫の中、機関車のあいだに、上れば機関車を上から一望できる見晴らし台があります。 ここから眺める機関車は圧巻です。 私にとっては車庫の全体を眺められる展望台であり、、天井を手が届きそうな位置でみることができるすてきな場所でもありました。 この見晴台からの写真をご紹介します。 見晴台から機関車へわたることができます。 迫力ある機..... [続きを読む]

« 京阪大津線おでんde電車弐~乗車してきました。 | トップページ | 京阪電車石坂線 沿線の風景 »

最近の写真

  • T_fh040027
  • T_img_0321
  • T_img_3465
  • T_img_5778
  • T_img_5779
  • T_img_5944
  • T_img_6338
  • T_img_6339
  • T_img_7796
  • T_img_7803
  • T_img_8960
  • T_img188