カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« 滋賀県石山の東レの引込み線跡 | トップページ | NHK-BS 新日本風土記にて京阪大津線が取り上げられます »

2011/05/22

JR大津駅西地区再開発のその後

JR大津駅の西地区。2009年になって再開発が推し進められることとになりました。
新聞紙面に発表されてすぐに一度弊ブログで記事にしました。


JR大津駅西地区 再開発へ
2009年12月22日記事

最近になって、建物の解体整地などが目に見えるように進み始めています。


T_img_0474


ちょっと気になり始めましたので、記録してきました。
よろしければ続きをどうぞ

大津駅前の交差点より眺めた西地区。
長らく見慣れてきた風景です。

2009年
T_img_8356

2010年

T_img_2556


2011年
T_img_0489

大きな建物が消えて、後ろにある山の稜線が見えるようになりました。
この付近、JRの線路側の建物から整地が始まりました。
ちょっと見落としていて、気がついたとには一般の住宅があったところは
もうすでに更地になっていて、続いてビジネスホテルがなくなり
飲食店のビルがなくなっていきました。


T_img_2780


T_img_3031


T_img_3030


T_img_0477

これまで家々にさえぎられていて、電車の走る音しか聞こえてこなかった
この場所に電車が見えるようになりました。


T_img_2778


この場所を少し反対側から望んだところです。


T_img_3028


この付近をJR大津駅から眺めてみます。

2009年

T_img_8389


2011年


T_img_9715


この辺りに整地された空き地。


T_img_3021


先日訪れると、工事看板が立っていました。


T_img_0473


この看板を見ると、この地に29階建ての建物が立つ計画のようです。


T_img_0474_2

私ごとでは、JRに乗って逢坂山トンネルを越えて車窓左手に広がってくる建物に
「大津に来た」という実感を受けるところであり、
大津を去るときにはたいてい夕方日暮れときでしたので、山に沈み行く夕日と
とともにトンネルに入っていくまでの間名残惜しく眺めていた風景が
この大津駅西地区の眺めであって、これまで見慣れた風景が一変するのが
とても大きな出来事です。

これから大きく変貌する大津駅の周辺の様子も気を配ってみていこう
おもいます。

« 滋賀県石山の東レの引込み線跡 | トップページ | NHK-BS 新日本風土記にて京阪大津線が取り上げられます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

久しぶりにコメントさせて頂きます。

私も大津駅の西側にいやに空き地が増えたな、と思っていました。大津駅から旧京津国道に出るのが不便なので、上栄町辺りまで道を拡幅するのだろう、とばかり思っていました。ビルなんですね。29階建てのビルを建てるには狭い気がします。今、どこもビルはテナントがなかなか入らなくて困っているので、大丈夫かな、と思いますね。

喜撰猿丸様 いつもありがとうございます。
返事が遅くなり大変失礼いたしております。

大津駅西地区の再開発では商業施設と再開発区域の
皆さんの住居となる施設のほかに、大津駅前から
国道161号線へ通じる道路整備も含まれています。
防災の観点から公園も出来るというような新聞報道も
あったような気がします。

日に日に変わっていく様子を出来る限り見届けたいなと
思っています。

こんばんは。今日たまたま、昔読んだ曽野綾子の『正義は胡乱(昼寝するお化け4)』(小学館 2000)をめくっていたら、
「私の家の近くの駅は最近地下に潜ったために、地上部分に空き地ができた。その後に一体どんな計画があるのかさえ、噂話以上のものを私は知らないのである。私は秘かに駅ビルに大スーパーができることだけを願っているのだが、自分の町の駅の将来さえ住民は知らされていないものだ」(「成田か羽田か」P176より)
と書かれていましたが、確かに、結構本当のところは分からなかったり、知らないうちに…ということが多いですね。因みに彼女の願いがかなったかは微妙ですが…。
私の地元、石山も、都市計画道路が少しずつ見えてきました。「知らないうちに」が一番困ることがブログをやりだして分かってきたので、記録しないといけないな、と思います。

喜撰猿丸さま いつもありがとうございます。

町並みの風景、毎日見ていても気がつかないこともあれば
しばらくなって、激変した後で気がつくこと、さまざまです。

出来る限りアンテナを張り巡らせて行くほかないですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR大津駅西地区再開発のその後:

« 滋賀県石山の東レの引込み線跡 | トップページ | NHK-BS 新日本風土記にて京阪大津線が取り上げられます »

最近の写真

  • T_fh040027
  • T_img_0321
  • T_img_3465
  • T_img_5778
  • T_img_5779
  • T_img_5944
  • T_img_6338
  • T_img_6339
  • T_img_7796
  • T_img_7803
  • T_img_8960
  • T_img188