カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« NHK-BS 新日本風土記にて京阪大津線が取り上げられます | トップページ | 京都市営地下鉄開業30周年記念パネル展~烏丸御池駅 »

2011/06/11

京阪石坂線のラッピング電車の話題

ちょっと間が空いてしまいましたが、やっと電車に乗る時間が取れましたので
気になっている京阪大津線を見てきました。


T_img_0749


6月6日より走り始めている「まんが日本昔ばなし」のラッピング電車です。
このほかにも、ラッピング電車が走っていました。

よろしければ続きをどうぞ


京阪電車の報道発表資料によると、
2011年6月6日から2013年3月31日まで期間にわたって運転が計画されている
「まんが日本昔ばなし」のラッピング電車。


T_img_0592


外観には「昔ばなし太郎」と龍のなじみのあるイラストを初めとして
いろいろなお話のイラストが描かれています。


T_img_0558


ヘッドマークは「昔ばなし太郎」のイラストです。


T_img_0559


この「まんが日本昔ばなし」のラッピング電車。車内にも、イラストが
描かれています。


T_img_0574


網棚の上辺りに描かれています。


T_img_0570


T_img_0576


石山寺駅でちょうど、良い感じにのぼりとあわせて撮影することが
出来ました。


T_img_0546


さて、石山寺駅。隣に止まっている電車はガーデンミュージアム比叡に
登場した花の足湯「フロレアル」のPR電車です。


T_img_0540


ちょっと気がついていなかったのですが、この花の足湯「フロレアル」は
4月17日より営業を始めているそうです。


T_img_0503


この電車にもヘッドマークがついています。


T_img_0510


電車の外観です。


T_img_0500


本当は、もうひとつラッピング電車をご紹介したかったのですが、
今日は車庫でお休みでした。


T_img_0683


また、近いうちに写真を撮りたいと思います。

さて、先日弊ブログでもご紹介しましたNHK-BSプレミアムで放送された
「新日本風土記」、路面電車の特集で京阪石坂線が取り上げられました。

番組中で流れていた映像で、私はいつも写真にあまり収めないなというポイントで
収録されている箇所があり、また別の番組で京阪石坂線を取り上げられたときにも
同じ構図でしたので、気になって出かけて見ました。


T_img_0693


田んぼにカモがいたので、電車とあわせて撮影できるかなと思いましたが、
電車が近づく音が大きくなると、飛んでいってしまいました。


T_img_0687


T_img_0689


素人なので、なかなかテレビで見たような構図とはいきませんが、
また機会を見て訪れたいと思います。


T_img_0704


帰りは穴太駅。
作品展示がカタツムリに変わっていました。


T_img_0709


やってきた電車は615-616号車。ピカピカでしたので、最近工場での検査を
終えたところなのかなと思えました。


T_img_0717


電車に乗って一息つくと、そういえばと615-616号車は
JR湖西線大津京駅での展示などを行っていらっしゃる財団法人滋賀県文化財保護協会の
ラッピン電車「湖都古都御都n石坂線 文化財号III 」だったなと思い出しました。


ちょっと間を空けると、いろいろと変化のあった京阪石坂線でした。

« NHK-BS 新日本風土記にて京阪大津線が取り上げられます | トップページ | 京都市営地下鉄開業30周年記念パネル展~烏丸御池駅 »

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

続けて失礼します。このラッピング電車は私も見ました。
「まんが日本昔ばなし」!歳がばれそうですが、懐かしいですね。土曜日の夜7時と言えば絶対これでしたね。
本当は昔ばなしは親などの生の声での語りが一番ですし、テレビというメディアの良し悪しもあるとは思いますが、日本中の子どもがたくさんのいろいろな話に触れる機会ができたということはよかった部分だと思います。
あのヘッドマークの子、「昔ばなし太郎」ていうんですね。初めて知りましたw
京阪電鉄公式HPも確認しましたが、なぜあえて大津線なのかというところはよく分かりませんね。ただ、長らく要望されながら実現しなかった、DVD化がきっかけとのことで、めでたしめでたしですね。
「桃太郎」や「花咲か爺さん」はともかく、車内の壁面には「イワナの怪」なんてマイナーでちょっと怖い話も描かれるとのこと、あんなのどう描くんでしょう。見に行かないといけませんw

喜撰猿丸さま いつもありがとうございます。

大津線にラッピング電車が登場したのにはご覧になっている
報道発表資料にも記載のある

「大津線をご利用の沿線のお客様はもちろん、
大津線沿線外のお客さまにも、親子連れで楽し
むことができる「まんが日本昔ばなし」のラッピング
電車をご利用いただくことにより、
大津地域の活性化に寄与していきたいと考えています。」

ということに尽きるのではないでしょうか。
トーマス号をはじめとして、電車に乗るきっかけが増えて、
利用されるお客さんがまた知り合いとご一緒に電車に乗ると
いう良い循環が出来ればと願わずにいられません。

なるほど、見落としていました。大津という土地に「日本昔ばなし」が特別に縁があってというよりは、活性化のためなんですね。確かにネットで検索すると、早くもたくさんヒットしており、これだけで動く観光名所になりそうですね!
大層かもしれませんが、
「温かい気持ちで旅のひとを迎えましょう」
という市民憲章を思い出して、観光客を迎えたいものです。

喜撰猿丸 さま いつもありがとうございます。
ご返事が遅くなり大変申し訳ありません。

電車を待つみなさんからも「昔ばなし」の電車を待って
いらっしゃるのが分かるようになってきました。

いろいろな希望を持って走り続けてほしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京阪石坂線のラッピング電車の話題:

« NHK-BS 新日本風土記にて京阪大津線が取り上げられます | トップページ | 京都市営地下鉄開業30周年記念パネル展~烏丸御池駅 »

最近の写真

  • T_fh040027
  • T_img_0321
  • T_img_3465
  • T_img_5778
  • T_img_5779
  • T_img_5944
  • T_img_6338
  • T_img_6339
  • T_img_7796
  • T_img_7803
  • T_img_8960
  • T_img188