カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« 京阪石坂線 スウィートトレイン 走り始めました | トップページ | 京阪電車大津線 ~バレンタイン~ 願いの木・メッセージボード  »

2012/02/05

国道161号線 浜大津交差点付近車線拡張へ

京阪電車浜大津駅近く、浜大津港への入り口がある国道161号線の浜大津交差点。
人づてに教えていただくまで気がついていなかったのですが、道路の拡張工事が
始まるようです。

いつもお昼ごはんなどを食べに訪れていたお店が一時閉店となると聞いて、その理由を
たどっていくと道路拡張が行われるということがわかりました。


T_img_1001


様子を見にいってきました。
よろしければ続きをどうぞ

浜大津交差点といえば、昭和56年のびわ湖国体のときに混雑緩和のために
京阪電車の浜大津駅西口・東口が統合されて、今の浜大津総合駅になったという
事などをこれまで読んできた書籍に記されています。


また、保育社から発行されていたカラーブックス「京阪」や山と渓谷社から
発売されていたヤマケイ私鉄ハンドブック「京阪」


T_img039


これらの本には浜大津総合駅や浜大津港を見下ろし、遠くに比良の山並みが
見える写真がずっと掲載されていて、子供の頃よりずっと眺めて、脳裏に焼き
ついてます。

今になって見返すと、浜大津港の整備や明日都浜大津の建築によって消滅した
建物もありますが、最後までずっと過日の街並みを残す一角がありました。


T_img_1006


さて、どの辺りから車線拡張が行われるのかが良く分からないのですが、
琵琶湖疏水にかかる橋辺りから浜大津駅に向かって歩いてみました。


T_img_1443


普段は京阪電車沿いにしか歩かないのでカメラを持って、撮影するのは
初めてです。


T_img_1444


振り返って三井寺方を望んだところです。


T_img_1445


この辺りは3車線で、時間帯によって中央線が変移する区間になっていて
路地から合流するには注意が必要で看板がありました。


T_img_1446


T_img_1447


湖面からの水はたどり着いていませんが、石垣にて護岸している箇所が
ありました。


T_img_1448


いつごろ作られたものなのかがわかりません。


T_img_1449


再び道路にカメラを向けます。


T_img_1450


T_img_1453


明日都側へは道路を拡張しないだろうから、琵琶湖側へ広げるのだろうなと
想像しています。


T_img_1454


写真を今日撮っていて気がつきましたが、意外と上り坂になっています。


T_img_1455


中央線変移区間。京津線が京都三条まで走っていた頃の
蹴上~九条山付近の情景が思い起こされます。


T_img_1456


さて、琵琶湖側の歩道などを見ると、もうすでに用地が準備されている
箇所が見受けられました。


T_img_1458


ここの建物はなくなってしまうのかもしれません。


T_img_1459


古くからある「あたか飯店」 お店の前の駐車場のスペースが道路に
なりそうです。


T_img_1460


ここにあるお地蔵さんは、どこかへ移転して、安住の地を得てほしいものです。


T_img_1461


歩いて、目と鼻の先なんですが、またもう一つお地蔵さんを見つけました。


T_img_1463


樹木が生い茂っているところにありました。


T_img_1462

拡張工事によって、建物が建替えられると聞いたのはこの一角です。


T_img_1464


中華料理のお店は2012年2月中ごろまでの営業と伺いました。
お隣のお店は一足先に営業を終えたようです。


T_img_1466


私も見たり、記憶しているものではありませんが、過日の浜大津港を
知るこの一角。どのようになるのか興味があります。


T_img_1467


カラーブックスやヤマケイ私鉄ハンドブックで掲載されていた
浜大津総合駅を見下ろす写真、おそらくこのビルから撮影されたんだろうな
とずっと思っています。


T_img_1471


一度は撮影したいと思い続けています。


T_img_1002_2


旧国鉄浜大津貨物駅・江若鉄道の浜大津駅、京阪電車の浜大津駅を
記憶にとどめる街並みがなくなるのはさびしいかぎりですが、車を運転する
観点から見ると中央線変移区間は運転しづらく、解消されることは歓迎したい
と思います。

« 京阪石坂線 スウィートトレイン 走り始めました | トップページ | 京阪電車大津線 ~バレンタイン~ 願いの木・メッセージボード  »

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

たけひろさんこんにちは。
大変衝撃を受けました。教えて頂いてありがとうございます。
私にとってもこのあたりの風景は子供の頃から慣れ親しみ、少しでも変わるのがつらいです。あたかさんも私が小さいころからほとんどメニューも変わらず昔懐かしい味のするお店だと思います。駐車場がなくなるといろいろと大変だと思います。まわりの建物たちも昭和を感じさせる大津らしいものばかりです。新しい市長さんになって、高層マンションの建設ラッシュや広い空を切り取るような開発に少しは歯止めがかかるかと期待していますが、これからも心配です。
私は車でここをよく通ります。確かにこの交差点あたりは混みますが休日だけですし、我慢できないほどの渋滞ではありませんし、排ガスが著しく充満するわけでもないと思います。拡張の必要性に疑問を感じますが、より美しく、過ごしやすい街となるよう祈っています。

kayoさん こんばんわ。
いつもコメントありがとうございます。
浜大津港の遊覧船乗り場の近くにいる水鳥の事を取り上げられて
いらっしゃって、偶然だろうと思いましたが、同じ頃合いに浜大津港
について眺めていらっしゃるとはびっくりしました。

浜大津一帯へは過日の輝きを取り戻そうと一時は大津市役所の
移転などの話題が挙がりましたが、その後うやむやになってしまい、
一体感のない再開発で雑然とした印象がぬぐえないなぁと
感じています。

その中でも今日までそのたたずまいを残していた一角がなくなって
しまうという便りを聞いたときには、とても悲しくなりました。

今後どのように生まれ変わるのかはまだ分かりませんが、
少しでもいろいろな人に便利で使いやすい町や道になることを
願って、移り変わりを眺めて生きたいと思います

こんばんは、久しぶりにお邪魔します。
大阪の友人が、浜大津付近で、昼を食べるような店がないとかぼやいていたことがありますが、実は結構いろんな店があったんですね。私は石山・南郷が地元なので浜大津にはなじみが薄く、行くとしても市立図書館とか、湖と反対側ばかりで、湖側はよく知らなかったので、新鮮でした。

あの中央線変移システムは、1979(昭和54)年3月1日にスタートし、貴稿でも触れられている、「あたか飯店」の前で滋賀県警主催の祝賀式典が催されたそうです(3月2日付『滋賀日日新聞』)。記事中に「近畿地方では初の試み」とあるので、蹴上-日ノ岡より早かったのでしょうか?実際、全国的にも例は少なく、現在近畿地方では唯一です。

当初からトラブルや事故は少なからずあったようですし、私も年に数回しか通りませんが、車で走る時はかなりドキドキしています。一番慣れているのは毎日走る江若バスの運転手さんでしょうかw

喜撰猿丸さん こんばんわ。
いつもコメントありがとうございます。
中央線変移システムの開始日を教えていただいてありがとう
ございます。それほど古くないというのが驚きです。

この区間を自動車で走るときはなれていないと実質一車線の
道路と変わらないので、渋滞緩和にはそれほど役にたって
いなかったかも知れませんね。

蹴上~日ノ岡間の道路についてはまた調べようと思います。
いつも貴重な情報ありがとうございます

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国道161号線 浜大津交差点付近車線拡張へ:

« 京阪石坂線 スウィートトレイン 走り始めました | トップページ | 京阪電車大津線 ~バレンタイン~ 願いの木・メッセージボード  »

最近の写真

  • T_fh040027
  • T_img_0321
  • T_img_3465
  • T_img_5778
  • T_img_5779
  • T_img_5944
  • T_img_6338
  • T_img_6339
  • T_img_7796
  • T_img_7803
  • T_img_8960
  • T_img188