カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« JR大津駅西地区 再開発 2012年1月の様子 | トップページ | びわ湖毎日マラソン応援電車2012年も運転~京阪石坂線 »

2012/02/25

京阪亭 湖都古都おおつ電車DE落語&ビア 2012年運転されました

2012年2月25日 お昼の部と夜の部と2回にかけて京阪大津線で
大津の京阪電車を愛する会が主催される電車のなかでビールなどの飲みものを
頂きながら落語を楽しむイベント電車が運転されました。


T_img_2034


いつもでしたら夏~秋にかけて運転されることの多かった落語&ビア電車でしたが
今回は2月でした。
毎年楽しみにしている落語&ビア電車。乗車してきましたのでその様子をご紹介したい
とおもいます。


よろしければ続きをどうぞ

2012年2月25日 冷たい雨が降る土曜日でした。京阪浜大津界隈の商店街では
100円商店街として、いろいろな商品が100円で販売されるというイベントが行われて
賑やかな一日でした。


さて、お昼の部は浜大津駅の受付が14時40分から開始と参加賞代わりの葉書に
書いてありました。

私が訪れたときにはもう受付が始まっていました。


T_img_1977


毎週土曜日・日曜日に浜大津駅改札前にて移動販売されるパン屋さんなどの
隣で落語電車の受付が行われています。


T_img_1983


今年の参加ワッペンです。


T_img_1978


落語電車は2両編成。1号車、2号車というように分かれて並び、時間になるまで
ホームへの入場を待っています。


T_img_1984


2号車・石山寺より車両へ指定された参加される皆さんから先にホームへ向かわれます。


T_img_1985


このとき、歩道橋上からはもう落語電車の回送列車が浜大津交差点までやってきているのが
見えていたので、早くホームへ入りたい一心です。
改札内の列車案内表示も2番線は「回送」となっています。


T_img_1986


私には団体行動が向いていないとおもいますが、早速階段を駆け下りてしまいました。
入線してくる落語&ビア電車。もうこういうようなイベントには専用車となりつつある
700形703-704号車です。


T_img_1987


T_img_1990


ホームでは京津線・太秦天神川行きと石坂線・坂本行き列車が発車した後に
団体専用列車に乗り込みます。


T_img_1996


落語&ビア電車が入線してきます。


T_img_2000


車内に乗り込むと、例年とは違って通路部分に折りたたみ椅子が準備されていました。


T_img_2005


いろいろなご挨拶を拝聴しながら、実はカメラを向けて緑の京阪電車が京津線を
走行しているところを車内から写そうとあがいていました。


T_img_2010


車内ではおつまみとなるお菓子をスタッフの方が配ってくださっていました。


T_img_2017


私の乗った車両でははじめに高座へ上がられたのは笑福亭仁嬌さんです。


T_img_2021


笑福亭仁嬌さんのご紹介をされているところで、電車は逢坂山トンネルを通過しています。

大谷の歩道橋も車窓に見えます。


T_img_2025


国道一号線と併走します。


T_img_2026


車窓ばかりみていますが、車内では仁嬌さんのお話が続いています。


T_img_2027


さて、すぐに四宮駅に到着。ここでは乗車したままで四宮駅浜大津方の
折り返し線に入線し、四宮駅3番線に転線します。


T_img_2030


前回のときは確か四宮では落語の一席の途中でドアが開かなかったと記憶して
いますが、今回はトイレ休憩もあってホームに下りることができましたが、
停車時間はわずかでした。


T_img_2036


こちらは、クリニックにはまったく関係なく、ホームにある鏡と四ノ宮という地名住所と
京阪電車のライトグリーンを写そうとした一枚です。


T_img_2044


トイレ休憩が終わると、落語が始まる手はずになっていました。
車内には早々に戻ってくると、四宮車庫にて出発点検をしている800系が
気になりました。


T_img_2045


とはいえ、落語が始まりました。


T_img_2046


落語に集中したいのは山々ですが、どうしても四宮駅の山科方引き上げ線に
転線した800系が気になりました。


T_img_2051


冷たい雨が降る中、車内でも今回は熱燗が準備されているなど、車内が暖かく
車窓を眺めたいところですが窓がくもってきました。


T_img_2056

お昼の部は
浜大津→四宮→浜大津→坂本→浜大津という行程で、四宮から坂本までをノンストップ
で運転されています。

浜大津駅でも普段では体験できない引き上げ線へ入線していきます。


T_img_2062


窓が曇ってしまって残念ですが、旧大津公会堂の横に来ています。


T_img_2063


坂本ケーブル号が横を通過していきました。


T_img_2066


浜大津にて落語家さんが入れ替わり、今度は林家卯三郎さんとなりました。


T_img_2081


坂本に到着しました。ここではちょっと長めに停車時間が設けられていましたので
写真を撮ります。


T_img_2086


T_img_2091


今日、高座に上がられた落語家さんのお写真入りのヘッドマークです。


T_img_2087


T_img_2092


電車の中に設けられている高座はこんな様子です。


T_img_2093


T_img_2094


京阪大津線の「臨時」電車もたくさん走るようになりました。


T_img_2096


坂本駅では定期列車を何本か見送っています。


T_img_2097


運転席のスタフです。


T_img_2088


噺家さんのお荷物が見えました。


T_img_2099


浜大津に到着。解散は一旦改札を出てという団体行動でした。
早めにホームに下りて、団体のしんがりになるようにしてホームに出来るかぎり
いるような心積もりでいます。


T_img_2103


今年もお世話になった落語&ビア電車もホームを離れます。


T_img_2104


浜大津駅の引き上げ線へ転線していくところです。


T_img_2106


改札の外に出てしまったので歩道橋から見るかぎり、坂本行き列車のあとに
回送列車が発車するように見受けられたので、いつものポイントに向かうことと
しました。


T_img_2114


T_img_2134


今年も落語&ビア電車を楽しむことが出来ました。
携わられているスタッフの皆さんありがとうございました。

« JR大津駅西地区 再開発 2012年1月の様子 | トップページ | びわ湖毎日マラソン応援電車2012年も運転~京阪石坂線 »

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京阪亭 湖都古都おおつ電車DE落語&ビア 2012年運転されました:

« JR大津駅西地区 再開発 2012年1月の様子 | トップページ | びわ湖毎日マラソン応援電車2012年も運転~京阪石坂線 »

最近の写真

  • T_fh040027
  • T_img_0321
  • T_img_3465
  • T_img_5778
  • T_img_5779
  • T_img_5944
  • T_img_6338
  • T_img_6339
  • T_img_7796
  • T_img_7803
  • T_img_8960
  • T_img188