カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« 大津の京阪電車を愛する会 会員限定の感謝祭2012~開催 | トップページ | えいでんでGO!GO!加茂川マコトちゃんをさがせ!~叡山電車 »

2012/08/26

琵琶湖汽船125周年記念 近江八景めぐりクルーズ 

今年の夏に琵琶湖汽船のお知らせを見ていると気になるのを見かけました。
近江八景を湖上から見るクルーズで、2012年のお盆期間中に限り、お一人様からでも
乗船できるという案内でした。

早速予約して乗船してきました。

T_img_8766


近江八景めぐりとして2012年の8月11日から16日の間、午前と午後と2便
運行されました。

よろしければ続きをどうぞ

私は午前の便に申し込みました。
午前9;20浜大津港を出港し、午後1:20に戻ってくるというクルーズです。

キップ売り場にたくさんのお客さんがお見えになっていらっしゃいましたが、
ほとんどがミシガンのモーニングコースに乗船されるお客さんでした。


T_img_8763


私は早とちりで、ミシガンの乗っていくものかと思っていましたが、実は違う船
であることは当日知りました。
案内されて、乗船。琵琶湖湖上をめぐるのは、子供のころ、ミシガンが就航し始めた
時に乗って以来、約30年ぶりです。


近江八景めぐり
初めは三井の晩鐘です。


T_img_8775


琵琶湖疏水の取り込み口も湖上からは初めてみます。


T_img_8773


ここから舟は大きく旋回して、瀬田川を目指します。


T_img_8776


近江大橋の下を通ります。


T_img_8780


この先瀬田川にかかっている橋桁の高さ制限があって、琵琶湖汽船でも
所有されている舟でも2艘しか瀬田川を下っていけないそうです。

続いては
粟津の晴嵐。

T_img_8783_2


本来の東海道は開発によって湖岸より奥まってしまいましたが、
湖上からも旧来の松並木が見えつつ、昔日を思い起こさせる並木が
見えました。


T_img_8784


この付近で琵琶湖から瀬田川に変わるそうです。


T_img_8788


瀬田川にかかる橋を順に通過していきます。
毎朝通勤時に車窓よりに眺めていたものが水道管であったことは
このクルーズに乗って説明していただいて、初めて分かりました。


T_img_8785


次はJR東海道線(琵琶湖線)
あわよくば、電車が走ってこないかと思っていましたが来ませんでした。


T_img_8786


その次は国道1号線。


T_img_8787


そして東海道新幹線。偶然にも新幹線が通過していきましたが
とっさには間に合わないものの何とか1枚水上から撮れて満足です。


近江八景は「石山の名月」の石山寺にむかって進んでいきます。

石山寺山門前ですが湖上からは良く見えません。


T_img_8794


いつも京阪電車の駅から歩いて石山寺に向かっていますが
その景色を水上から見るのはとても新鮮でした。


T_img_8796


こちらは京阪石山寺駅手前にある放水路。


T_img_8798


京阪石山寺駅。


T_img_8799


瀬田川ではレガッタの練習などをされている方がたくさんいらっしゃって
東西学生対抗レースも行われたり川の両岸には大学の建物が
多く見かけられました。


T_img_8797


私の乗っている船のために少し手を止めて、船が通り過ぎるのを待ってくださって
いました。

瀬田川にはほかにも、琵琶湖汽船ではないですが瀬田川を遊覧する船が
運行されています。


T_img_8793


近江八景は「瀬田の夕照」
先日、美しい姿を取り戻した修復を終えた瀬田の唐橋を通ります。
この日は翌日が船幸祭で祭りの準備もされているのが見えたのですが
写真には撮れませんでした。


T_img_8803


古代の歴史では瀬田川をめぐって争いが多くあったそうで、瀬田城というのが
あったそうです。私は不勉強なのでこのクルーズの案内で初めて知りました。

以前は城址の料亭があったそうですが、その料亭がなくなり、今では高層マンション
が立っています。


T_img_8790


城跡を模した石垣のようなものが見えます。


T_img_8791


順番は前後しましたが近江八景は「矢橋の帰帆」
湖岸の開発が進んでいて、ちょっとわかりにくくなっています。

T_img_8777


瀬田の唐橋とあわせて、「急がば回れ」の言葉の発祥とされています。


T_img_8779


ここからは湖西に向かって進んでいきます。
船長さんの帽子です。


T_img_8801


琵琶湖。一番水深の深いところでは105mだったか、この大津プリンスホテルの
高さと同じぐらいあるそうです。ガイドさんの説明いただきました。


T_img_8812


湖上から見る膳所城址です。今は膳所公園です。


T_img_8805


しばらく舟は進んで、近江八景「唐崎の夜雨」
唐崎神社です。


T_img_8820


こちらにある松は3代目でありますが、2代目の松から分かれていったのが
金沢の兼六園に立派に根付いているそうです。
ガイドさんの説明には本当に知らないことばかりでした。


この辺りでモーニングクルーズに出ていたミシガンとすれ違いました。


T_img_8823


次に見えてきたのが坂本・日吉大社の神輿渡御が行われる鳥居です。


T_img_8825


全景です。


T_img_8827


船から見えてくる景色がちょっと変わってきました。
漁港が見えてくるようになり、堅田港が近づいてきました。


T_img_8834


琵琶湖汽船の船を修繕する造船所だそうです。


T_img_8837


琵琶湖伝統の漁法、エリ漁の仕掛けも見えてきました。


T_img_8842


琵琶湖の南湖と北湖との境目、対岸が一番狭いところにかかっている
琵琶湖大橋。ここで進められて、船内から出てデッキにて写真をとりました。


T_img_8843


T_img_8845


T_img_8849


T_img_8850


近江富士の三上山も見えました。


T_img_8852


近江八景クルーズはここで堅田港にとまって、小休止。
浮御堂の拝観にいってきました。初めてのところでしたので
ガイドさんに案内していただきながら向かいました。


T_img_8875


近江八景 堅田の落雁のところです。


T_img_8863


T_img_8862


せっかくきているのですが、風が強くて被っていた麦藁帽子が
飛ばされそうで、そっちのことが気になってしまいました。

御堂の中にいらっしゃる観音様に手を合わせてあとにしました。


浮御堂から出てすぐにお土産に手ごろな湖魚を扱う商店が
ありました。


T_img_8880


堅田港までの帰りは1人です。
こんな機会でもなければ、出会うことはなかっただろうなと思うような
街並みを見ながら進んで行きます。


T_img_8881


T_img_8882


T_img_8887


T_img_8894


堅田港に着きました。


T_img_8898


近江八景で言うと、比良の暮雪があるのですが季節柄
イラストで楽しむとして、近江八景めぐりのクルーズもあとは
浜大津港に向かうのみとなりました。


T_img_8901


船から見える景色もだんだん浜大津港が近くなってきました。
湖上から見る琵琶湖文化館です。


T_img_8909


浜大津港にはクルーズの途中ですれ違った「うみのこ」が先に入港して
いました。


T_img_8912


貸切のようであった近江八景めぐりのクルーズ。
いろいろと新しい発見があってとても楽しいひと時を過ごすことができました。
今回お世話になった船です。ありがとうございました。


T_img_8914


また機会があれば次の企画運行のときも利用したいと思います。

« 大津の京阪電車を愛する会 会員限定の感謝祭2012~開催 | トップページ | えいでんでGO!GO!加茂川マコトちゃんをさがせ!~叡山電車 »

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖汽船125周年記念 近江八景めぐりクルーズ :

« 大津の京阪電車を愛する会 会員限定の感謝祭2012~開催 | トップページ | えいでんでGO!GO!加茂川マコトちゃんをさがせ!~叡山電車 »

最近の写真

  • T_fh040027
  • T_img_0321
  • T_img_3465
  • T_img_5778
  • T_img_5779
  • T_img_5944
  • T_img_6338
  • T_img_6339
  • T_img_7796
  • T_img_7803
  • T_img_8960
  • T_img188