カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
  • 育てる・伸ばす・豊かにする―出版の保育社
    さまざまなジャンルのカラー図鑑を発行されている保育社さんのホームページです。新版・絶版のカラーブックスがいくつかはまだ出に入るようです。ぜひこちらのリンクからどうぞ
  • カラーブックスの達人
    これまでに保育社から発行されたカラーブックスを達人が取り上げて紹介しています。懐かしいものから、貴重なブックスの内容を知ることができます。
  • 近代建築青空ミュージアム
    街でみかけるすばらしい意匠の建築の数々。Kayoさんの素敵な言葉とともに建物を設計に携わった方々への暖かい心にあふれた紹介をされています。
  • Train Journey トレたび
    JRグループ企画協力している 鉄道・旅行情報ウェブマガジンです。 全国の鉄道・旅行の話題、食べ物、豆知識など 読んでいて楽しい記事が満載です。
  • 大津の京阪電車を愛する会
    京阪電車大津線を応援する会です。 イベント電車の開催や沿線情報紙の発行など いろいろと活動されています。
  • 京阪電車 大津線
    京阪電車大津線の公式サイトです。 大津線のおすすめキップの案内や 沿線イベント案内を紹介しています。
  • でんしゃの似顔絵屋さん
    ほのぼのとした似顔絵屋さんです。 でもほかと大きく違うところが! 似顔絵を電車に乗せてくれます!!
  • あさかぜ
    鉄道模型でDCCについて詳しいブログです。
無料ブログはココログ

« 夏越しの大祓い 長等神社・天孫神社 | トップページ | 京阪石坂線コンサート電車コンチェルト号 乗ってきました »

2013/07/07

富山地方鉄道 10030形 元京阪テレビカーを見に行く

2013年3月で営業運転を終了した京阪旧3000系テレビカー。

平成元年から登場した8000系に置き換えられた車両が
富山地方鉄道にて活躍しています。
京阪線での3000系引退にあわせて、富山地方鉄道のオリジナル
カラーになっていた10030形1編成が京阪特急色になっています。


T_img_2772


先日、富山地方鉄道の10030形を見る機会がありました。


よろしければ続きをどうぞ。

関西地区で放送されている毎日放送の夕方のニュース番組
{VOICE]にて富山地方鉄道に移籍した京阪テレビカーを取り上げる
との事で、その取材にご一緒させていただく機会に恵まれ、
富山地方鉄道を訪れました。


JRの富山駅にて。


T_img_1466


金沢以遠、富山まで来るのはJR西日本の485系ボンネット雷鳥の
さよならツアーで訪れて以来です。
道中の北陸新幹線の工事進捗には驚くばかりでした。


工事たけなわの富山駅前を通って、富山地方鉄道の電鉄富山駅へ。


T_img_1468


早速10030形が見えました。


T_img_1475


ひとまず車庫のある稲荷町駅へ。

電鉄富山駅で見かけた10030形が車庫へ入庫してきました。


T_img_2694


少しここで列車の様子を眺めるとして待っていると10030形が到着。


T_img_2701


停車する車両を眺めると、おぉ、これか?と思う事がありました。


T_img_2712


T_img_2713


この車両をここで見送ります。


T_img_2718


今度は、車庫をはさんで向こう側にあるホームに京阪特急色の
10030形がやってきました。


T_img_2723


電鉄富山から折り返してくるのを待つことにします。


T_img_2731


稲荷町駅の車庫の様子。


T_img_2734


元西武のレッドアロー号です。


T_img_2737


この車両もここで初めて見ました。


T_img_2744


待っていた列車が駅に到着します。


T_img_2749


T_img_2759


車内に入って、真っ先にあることを確認した、香里園・成田山のお守りです。
京阪電車にはすべてこのお守りがついています。


T_img_1482


富山地方鉄道にてワンマン運転を実施するために運転席側の
座席が撤去されています。


T_img_2768


しばらくはここから初めて乗る富山地方鉄道の沿線を眺めます。
途中の駅でレッドアロー号を改装したアルプスエキスプレスとすれ違い
ました。


T_img_1488


無我夢中のまま、先頭に立ってながめてきたところ
終点の岩峅寺に到着しました。


T_img_2775


立山線の列車と連絡しています。


T_img_2784


T_img_2817


折り返し発車までにしばらく時間があったので細かいところを
ながめていました。


T_img_2777


T_img_2801


車内にテレビが再び搭載されて、テレビカーのロゴも復活しています。


T_img_2822


富山方の先頭車です。


T_img_2826


特急列車以外の列車で活躍するので鳩マークの
「特急」の文字はふさがれています。


T_img_2849


10030形の車内です。


T_img_2834


稲荷町駅で見かけたときは確信が持てなかったのですが
ここではじっくりと見る事ができました。
京阪旧3000系建造当初のシートモケットの柄です。


T_img_2837


T_img_2860


この壁面も調べていないので分からないのですが旧3000系
建造当初のものかな?と思って写しました。


T_img_2841


京阪旧3000系。京阪線内では京都方の先頭車3500形にテレビが
搭載されていました。

富山地方鉄道へ移籍している10030形。車内でテレビのあったところは
ワンマン運転実施のために運賃表が設置されています。


T_img_2866_2


運転台周りを室内から眺めていると、テレビ⇔ビデオの切替スイッチを
見つけました。


T_img_2870


京阪時代を含めて一度も使われることはなかったのかもしれません。

富山地方鉄道で復活したテレビはこちらに設置されています。


T_img_1495


岩峅寺からの帰り道にやっと富山地方鉄道10030形の座席に
座ってゆっくりと沿線を眺めていきました。

その前に、またもや気がついたのがあって、こちらは多分
テレビカーの音声スイッチ、スピーカーがあった名残かな?


T_img_1508


T_img_1509


この日はうす曇で立山連峰などが見渡すこと出来ずじまいでした。


T_img_1504


再び電鉄富山駅へ。


T_img_2888


T_img_2880


富山地方鉄道オリジナルの14760形電車が発車を待っていました。


T_img_2909


T_img_2911


電鉄富山駅のサボ置き場も忘れずに一枚撮ります。


T_img_2678


そうこうしているうちに電鉄富山駅のホームに列車が満線となりました。


T_img_2989


富山地鉄オリジナルカラーの10030形と共に。


T_img_2978


ここで京阪特急色の10030形を見送り、今度は沿線へ向かいました。


T_img_2995


初めはこのポイント。


T_img_3023


T_img_3030


T_img_3033


次に向かったのは鉄橋での撮影ポイント。


T_img_3059


T_img_3078


T_img_3104


沿線で見ていると、標準軌から狭軌に変更するに当たり、台車を
履き替えている富山地方鉄道の10030形。

旧営団地下鉄からの譲り受けた台車とJRから譲り受けた台車を
履いているグループでは耳に伝わってくる走行音がこうも違うものかと
鉄橋の端にいながら自分自身で驚いていました。


富山への撮影、最後にもう一度電鉄富山駅へ向かいました。


T_img_3120


富山オリジナルカラーの10030形の横に京阪特急色の10030形が
入線してきてカメラを構えるのにも力が入ります。


T_img_3124


T_img_3127


T_img_3135


最後に撮影できた岩峅寺行きの表記。


T_img_3143


出発を最後に見送ろうということになって
ホームの端へ移動しました。


T_img_3163


そこへもう1編成、電鉄富山駅へ入線してきました。


T_img_3171


京阪時代の地上ターミナル、三条駅でも3000系が特急の時代、
3編成も駅で埋め尽くすことはなかっただろうなと思いをはせつつ
発車を待っていると、さらにもう1編成が!


T_img_3176


T_img_3178


T_img_3182


こんな事があるのかと思っていましたが、それもつかの間、
京阪特急色の10030形が出発していきました。


T_img_3185


京阪電車への思い、旧3000系テレビカーへの思いを
頭の中にしたためながら、富山への旅。
テレビの取材にご一緒させていただく貴重な体験を
経験するなど思い入れの深い1日になりました。

これからも末永く活躍することを祈りたいと思います。


ぱふぅ家のホームページさんのこちらもページもご覧ください


富山地方鉄道 10030形電車は京阪電鉄から譲渡

« 夏越しの大祓い 長等神社・天孫神社 | トップページ | 京阪石坂線コンサート電車コンチェルト号 乗ってきました »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

「鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私は3月12日に富山地方鉄道を訪れました。14700型のアルペン特急で宇奈月へ向かう時、京阪特急色の10030型とどこかの駅で交換しました。「優先座席」のステッカーなどそのままなのがほほえましかったです。大事に使ってくれているようで京阪ファンとしてはうれしかったですね。
電鉄富山など色んな駅で撮り鉄さんを見かけました。もうすぐダブルデッカーも導入されるということで楽しみです。東急の電車も加わって賑やかになりますね。
映画「レイルウェイズ」の名場面を思い出しながら、古い駅舎、立山連峰などを担当しました。木造駅舎なども見ごたえがありましたが、電鉄魚津駅、気に入りました。
稲荷町の車庫も面白かったですが、夕方、旧レッドアローの中間者1両しかいませんでした。車両数に余裕はなさそうですね。一編成全般検査に入ったら、運用が回るのか?と不思議に思いました。東急のステンレスカーが加われば少しは楽に回せるのでしょうか。

K2さま コメントありがとうございます。

今回の富山地方鉄道の訪問、京阪時代の面影を探しに行く目的で出かけたのですが、富山の素晴らしい光景の中を駆け抜ける京阪元3000系を見ていると、元京阪車ではなくて、富山の電車として頑張っている姿に胸をうたれました。

ダブルデッカー車も報道によれば、時代祭のイラストともども、ほとんど京阪時代のままで活躍を始めるとの事、とても車両を大切にされる思いが込められているように感じました。

レッドアロー号も今回は乗れずじまいだったので、次の機会には是非乗ってみたいと思います。

たけひろさん、こんばんは。
今回の富山地鉄での元京阪旧3000系の記事。
楽しく拝見しました。
旧3000系は登場時から乗っていたおじさんです。

記事中にありましたが妻面の金箔・銀箔をちりばめた化粧版は
登場時のものです。
また転換クロスシートの肘掛部のモケットもオリジナルですね。
また推察されていたテレビカーの音声ON/OFF切り替えスイッチと
スピーカー撤去後の塞ぎ板も正解です。

私も今年初めて旧3000系を訪ねて富山地鉄へ行きました。
旧3000系が京阪カラーで活躍しているのも嬉しいのですが
地鉄オリジナル車や西武レッドアローも見れて
実に楽しい鉄道会社だと思います。

bigwest_1965さん こんばんわ。
コメントありがとうございます。

京阪3000系の事、いろいろと教えていただきありがとうございます。
私が写真を撮りだしたころには、京阪3000系はもう孤高の1本と
なっていました。室内の印象、外観、共に京阪線で最後まで
大規模改修を終えた姿のほうが記憶にあって、原型のときは、書籍で
見るほか無かったので、富山地鉄に訪れて、実際に目にしたときは
本当に感激しました。

ダブルデッカー車も移籍してますます魅力が増している富山地方鉄道
ですね。また機会があれば是非乗りに行こうと思っています。

これからもよろしくお願いいたします

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12088/57740475

この記事へのトラックバック一覧です: 富山地方鉄道 10030形 元京阪テレビカーを見に行く:

» 富山地方鉄道 8000形 [ぱふぅ家のホームページ]
8000形は、富山地方鉄道として初めてVVVFインバーター制御を搭載しシングルパンタグラフとした路面電車で、1993年にデビューした。 [続きを読む]

» 富山地方鉄道 10030形電車は京阪電鉄から譲渡 [ぱふぅ家のホームページ]
富山地方鉄道10030形電車は、京阪電気鉄道の初代3000系電車を譲渡されたもので、黄色と緑の塗装に変更され、かぼちゃ電車と呼ばれている。2013年、京阪電気鉄道から譲渡されたダブルデッカー車両は、観光列車「ダブルデッカーエキスプレス」として営業運転している。... [続きを読む]

« 夏越しの大祓い 長等神社・天孫神社 | トップページ | 京阪石坂線コンサート電車コンチェルト号 乗ってきました »

最近の写真

  • T_img920
  • T_img_0682
  • T_img_0679
  • T_img_0674
  • T_img_0630
  • T_img_0629
  • T_img_0625
  • T_img_0612
  • T_img_0600
  • T_img_0592
  • T_img_0583
  • T_img_0582