カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« 京阪石坂線 近江神宮前駅にて車両交換が行われました。 | トップページ | 牛肉サミット2013ラッピング電車 京阪石坂線 »

2013/07/29

JR琵琶湖線膳所駅 進む橋上駅舎化工事

JR琵琶湖線の膳所駅。橋上駅舎への改築が進んでいます。

2012年の後半より駅舎工事に支障となる建物の移設が行われるようになり
着々と目に見えて様子が変わってきました。


T_img_0704


2013年6月28日からはホーム上でも工事が始まります。

ちょっと今の様子を眺めておこうと出かけてきました。

よろしければ続きをどうぞ

JR琵琶湖線膳所駅。
明治13年(1880)年7月15日に京都~大津間の鉄道が開業したときから
存在する駅です。

駅舎もいろいろと変遷があったようですが、現在は地上平屋の駅本屋に
地下通路で上り・下りホームとつながっています。

工事が進む膳所駅。先ずは駅前にあった交番と自治会館の建物、
公衆トイレが移設されました。
同じくして、駅構内にあったコンビニも閉店しました。

コンビニがあった辺りは自動販売機が設置されています。


T_img_0703


T_img_0702


JRの駅から京阪膳所駅に向かう歩道、ここの雨よけの屋根が
撤去されました。


T_img_0705


京阪膳所駅から眺めると、がらんと広い空き地になっています。


T_img_0722


T_img_0724


これから建てられる施設へのお清めの土でしょうか。


T_img_0719


膳所駅の工事フェンスに掲示されている計画図によると
ただいまは、赤色で記された建物の撤去作業を行っているところです。


T_img_0539


しばらくは、建物がなくなったことばかりを注目していましたが、
気がつくと、新しい建物が出来上がっていました。


T_img_0546


列車の運行に関する機器を納める建物と案内図では
紹介されています。


T_img_0532


この建物が建設された場所は、東海道線が全線開業するまでの
わずかな間、大津~長浜間を鉄道連絡船による湖上輸送が行われて、
京都からの路線が膳所駅で方向転換し、現在の浜大津港へと
路線がつながっていた跡を残す場所でした。


T_img_0536


新しく設けられた建物より浜大津よりは従来のままです。
しかし、この建物によってばっさりと、路線跡が分断されたのは悲しいです。


T_img_0530


T_img_0528


T_img_0605


膳所駅の架線柱。東海道線全線電化の昭和31年に建てられています。


T_img_0614


現在の京阪浜大津駅への路線、昭和44年までは貨物の路線として
国鉄の線路も残っていました。湖西線が出来る前、存在していた
江若鉄道の路線も膳所まで乗り入れを行っていたこともあり、
工事用通路となってしまっている場所も、以前は線路がありました。

架線柱の位置がそれを静かに伝えていました。


T_img_0526


その架線柱も、工事進捗に伴い撤去されて、仮設の柱となっています。


T_img_0626


T_img_0632


続いて、中継信号器が移設されるようで、新しい信号機が設置されています。
まだ使用開始していないので、大きく×印がつけられています。

設置前


T_img_0620


設置後


T_img_3188


もう一箇所、信号機の移設が行われるような準備が施されています。


T_img_3228


もうすぐ役目を終える信号機


T_img_3230


さて、駅前から移設された交番と公衆トイレは
膳所駅の石山方よりにある歩道橋の近くに移動しました。


T_img_0651


ここへの道中は、まだ雨よけの屋根が残っています。


T_img_0699


歩道橋の上から、今の膳所駅を眺めます。

大津方を眺めたところです。


T_img_0656


T_img_0658


T_img_0659


大昔には、機関庫が、昭和の時代までは貨物駅としての設備もあった
膳所駅。今は跡地が駐車場に活用されています。
なお、今でもJR貨物の時刻表によると膳所駅は貨物取扱の駅となっていて、
今年に入ってから、大型変圧器を輸送する貨物列車がとまっているのを
見かけました。


T_img_0162


T_img_0165


T_img_0166


話を戻して、今は青空が広く見渡せる膳所駅です。


T_img_0660


膳所駅から浜大津駅へ向かって国鉄の線路があった跡地です。


T_img_0667


ここで、膳所駅の石山方も眺めておきます。


T_img_0680


T_img_0681


次に、歩道橋からながめる今の膳所駅前の様子です。


T_img_0687


T_img_0689


T_img_0694


この歩道橋、橋上駅舎化された暁には、どのように活用されるのかな。


T_img_0696


2013年6月28日からは、ホーム上でも駅舎新築工事に伴う
工事が始まりました。


T_img_3238


膳所駅のホームで囲いが設けられました。


T_img_2416


T_img_2418


T_img_2420


これからも日に日に変わっていく膳所駅もちょっとづつ
関心を持っていこうかと思います。


T_img_2400


« 京阪石坂線 近江神宮前駅にて車両交換が行われました。 | トップページ | 牛肉サミット2013ラッピング電車 京阪石坂線 »

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR琵琶湖線膳所駅 進む橋上駅舎化工事:

« 京阪石坂線 近江神宮前駅にて車両交換が行われました。 | トップページ | 牛肉サミット2013ラッピング電車 京阪石坂線 »

最近の写真

  • T_fh040027
  • T_img_0321
  • T_img_3465
  • T_img_5778
  • T_img_5779
  • T_img_5944
  • T_img_6338
  • T_img_6339
  • T_img_7796
  • T_img_7803
  • T_img_8960
  • T_img188