カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
  • 育てる・伸ばす・豊かにする―出版の保育社
    さまざまなジャンルのカラー図鑑を発行されている保育社さんのホームページです。新版・絶版のカラーブックスがいくつかはまだ出に入るようです。ぜひこちらのリンクからどうぞ
  • カラーブックスの達人
    これまでに保育社から発行されたカラーブックスを達人が取り上げて紹介しています。懐かしいものから、貴重なブックスの内容を知ることができます。
  • 近代建築青空ミュージアム
    街でみかけるすばらしい意匠の建築の数々。Kayoさんの素敵な言葉とともに建物を設計に携わった方々への暖かい心にあふれた紹介をされています。
  • Train Journey トレたび
    JRグループ企画協力している 鉄道・旅行情報ウェブマガジンです。 全国の鉄道・旅行の話題、食べ物、豆知識など 読んでいて楽しい記事が満載です。
  • 大津の京阪電車を愛する会
    京阪電車大津線を応援する会です。 イベント電車の開催や沿線情報紙の発行など いろいろと活動されています。
  • 京阪電車 大津線
    京阪電車大津線の公式サイトです。 大津線のおすすめキップの案内や 沿線イベント案内を紹介しています。
  • でんしゃの似顔絵屋さん
    ほのぼのとした似顔絵屋さんです。 でもほかと大きく違うところが! 似顔絵を電車に乗せてくれます!!
  • あさかぜ
    鉄道模型でDCCについて詳しいブログです。
無料ブログはココログ

« しばらくお休みします。 | トップページ | マレーシア KTMコミューターに乗ってきました »

2013/11/25

マレーシアへ クアラルンプール国際空港編

2013年10月から11月にかけて、マレーシアに出張していました。

出張中に何度迎えた休日にはガイドブックに掲載されているような
観光地をちらほら回ってきました。


T_img_5679


順序は入国と出国というと最初と最後の話題となってしまいますが、
マレーシアへの玄関口。クアラルンプール国際空港についての
ご紹介です。


よろしければ続きをどうぞ

出発は関西国際空港。
マレーシアへは直行便で1日1便運行されています。
2013年現在、マレーシアへの交流が簡便になったということで
飛行機はほぼ満席状態で大変混雑しています。


T_img_5668


機内に着席し、まだ隣の席の方がいらっしゃらない間に一枚。


T_131021_103531


T_131021_100559


T_131021_103624


関西空港発の機内で提供された食事です。エコノミークラスです。


T_img_5675


航空機内の備え付けの雑誌にて見かけた案内。
マレーシアの鉄道、スマートフォン用のアプリの紹介です。


T_131021_103939


関西空港からクアラルンプール国際空港へは約6時間のフライトです。

無事に降り立ったクアラルンプール国際空港。
到着はサテライトビルです。


T_img_5676


T_img_5684


入国審査のあるゲートへは、メインビルへ移動します。

入国も出国も分離されていなく、いろいろなお店のあるところを
通っていくので、迷いかけました。


T_img_5681


「電車」と表現されている乗り物にのってメインターミナルへ移動します。


T_img_5690


T_img_5686


AreoTrainと案内されている乗り物。


T_img_5691


サテライトビルをあとにします。


T_img_5698


「電車」にのってメインターミナルへ到着すると、再び入国審査を
受ける方々の団体に合流しました。


T_img_5702


階をひとつ降りて、入国審査ゲートへ向かいます。


T_img_5704


その手前に「PHOTO SPOT」と書いてあったポイントには
立ち止まらずにはいられません。


T_img_5705


空港と中心部の駅をノントップで結ぶ鉄道です。


T_img_5709


T_img_5707


車両の座席も置いてあります。


T_img_5708


こんなところで写真を撮っているのは他にはいらっしゃらず。
入国審査のゲートは他の到着便もあって、外国人用は大混雑していました。


T_img_5711


無事にマレーシアへの入国しました。


1ヶ月近くの滞在後、日本への帰国の日。
都心部から空港までの移動手段にはもちろん鉄道を選択しました。

クアラルンプールの中心街にある
KL Sentral KLセントラル駅。ここから空港をむすむKILAトランジットが
発着しています。
クアラルンプール国際空港でも、このKLセントラル駅でも大きな案内には
日本語表記がそえられています。ので迷うことがあまり無く、助かります。


T_img_6545


KLIAトランジット、空港へのアクセス路線へは駅ビルも別の出入り口が
用意されていて、チケット売り場、電車へののりばも専用になっています。


T_img_6546


チケット売り場の遠景。


T_img_6552


記念写真用では、無いと思いますがパネルが置いて
あります。


T_img_6553


今回は残念ながらどんな使い道をするのか分からなかった
機器です。


T_img_6554


チケットは有人窓口で購入しました。


T_img_6547


KLセントラル駅からクアラルンプール国際空港駅までは
RM35(35リンギット)かかります。2013.11現在。


KLセントラル駅の駅構内には、マレーシア航空やエアアジアなどの
空港会社のカウンターがあり、一部の航空会社では駅でチェックイン、
手荷物を預ける事ができます。飛行機の出発2時間前までです。

ただし、KLセントラル駅のチェックインカウンターへ入るには
自動改札機があって、空港までの電車の切符を買い求めていないと
チェックインカウンターに入る事ができません。


T_img_6549


チェックインカウンターへの入り口近くでは有料の
荷物のパッキングサービスもあります。


T_img_6550


KLセントラル駅で、空港のチェックインとおなじサービスが
受けられます。


T_img_6548


2013.11現在。クアラルンプール国際空港から関西国際空港への
直行便が、深夜発(現時時間23:50)なので、滞在先のホテルを
出てしまうと大きなスーツケースなどの持ち運びに困るときは
結構有効に利用できるサービスかと思います。


駅でのチェックインサービスをみて、そういえば関西国際空港が
開港したときも、JR難波や京都駅でも同じ様な取扱をしていたなと
思い出しました。日本では1日平均5個ぐらいしか取り扱いがなく
程なくして、サービスが取りやめとなってしまいました。


KLセントラル駅で預けた荷物(スーツケース)が無事に関西空港に
到着するのだろうかという不安がありつつも、身軽となって
クアラルンプール国際空港へ向かいます。


T_img_6555


改札を入って目の前にあったエスカレーターを降りてホームへ。


T_img_6556


ホームドアの向こうに、列車が到着しているのが見えて、
お客さんが待つホームが別に見えていました。


T_img_6558


少し不安になりますが、程なくして係員さんが
大量のスーツケースを列車の到着を待つ姿が見えたので
このホームにて待つことにしました。


ホームドアでは思うような写真も撮れず、到着した車両に
乗り込みます。


T_img_6559


あっという間に満席となりました。

KLIAエクスプレスに乗っているので、KLセントラル駅を出発すると
次は、終点クアラルンプール国際空港駅です。

時間にして約30分。


T_img_6560


明るい時間にのって車窓を楽しみたかったですが、
途中ではもうすっかり日が暮れてしまいました。


KLIAエクスプレスとKLIAトランジットの2種類の列車が
運行されています。


T_img_6562


KLIAトランジットは途中にある3駅停車の普通列車タイプ。
KLIAエクスプレスはノンストップ。


私の乗ったエクスプレスは、本当にノンストップで、途中にあった
駅で一度だけ減速して入駅したほかは、一切速度を落とさず。

各駅停車タイプの列車を追い抜くことも、追いつくことも無く、
終点まで駆け抜けました。


クアラルンプール国際空港駅に到着。
あとは、駅ホームから改札を抜けると、本来の空港チケットカウンター
のあるフロアまではエレベーターで直結しています。


T_img_6561


空港のカウンターエリアに到着です。


T_img_6563


T_img_6564


KLセントラル駅でチェックインを済ませていると、そのまま
出国審査のあるゲートまでサッと進む事ができました。
すぐに空港のメインビル内に入ります。


T_img_6566


メインビルにはお土産やさんが少なかったので、
入国のときに乗った「電車」で、サテライトビルへ向かい
ここでやっとマレーシアのお土産がそろうお店を見つけました。


T_img_6567


ガイドブックなどに掲載されているお土産が一通りそろいました。

ここからまた、再びメインビルに戻り、関西空港行きの飛行機に乗り
帰国しました。

« しばらくお休みします。 | トップページ | マレーシア KTMコミューターに乗ってきました »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12088/58642282

この記事へのトラックバック一覧です: マレーシアへ クアラルンプール国際空港編:

« しばらくお休みします。 | トップページ | マレーシア KTMコミューターに乗ってきました »

最近の写真

  • T_p1180329
  • T_p1170999
  • T_p1170996
  • T_p1170994
  • T_p1170991
  • T_p1170988
  • T_p1170979
  • T_p1170975
  • T_p1170971
  • T_p1170970
  • T_p1170963
  • T_p1170964