カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« マレーシア バトゥ洞窟にいってきました。 | トップページ | マレーシア ブルーモスクとスルタンアラムシャー博物館にいってきました »

2013/12/02

マレーシア KLタワーとチャイナタウンの寺院へいってきました

2013年10月~11月にかけてのマレーシア出張

今回もガイドブックに乗っているような観光スポットめぐり
クラアラルンプールにあるKLタワーとチャイナタウンにある
寺院などをみてきました。


T_img_6130


移動には電車を使ってきました。

よろしければ続きをどうぞ

マレーシアでの休日の2回目。
この日は、観光をしようとガイドブックを片手に、駅から近そうなところを
探して、まずは街のランドマーク、KLタワーに登ってみることにしました。


KLタワーへは、LRTのクラナ・ジャヤ・ラインのダン・ワンギ駅が近いと
紹介されています。

LRTはと、KLセントラル駅から出ています。
滞在していたホテルからは、KTMコミューターの列車でやってきました。

KTMコミューターのKLセントラル駅の改札を出るとその隣に
LRTの改札がありました。


T_img_6100


切符売り場への案内。


T_img_6103


切符売り場の自動券売機が並んでいます。


T_img_6102


自動販売機はタッチパネル式で、「English」と押すと、路線図が表示されて
駅名もガイドブックとおなじ表記がされるので、迷うことなく切符を
買う事ができました。

お金を入れて出てきた切符がこれです。


T_img_6104


プラスチック製のコインかと思いましたが、ICチップが入っている
ようで、LRTの自動改札機で入場するときは、日本でのICカードの様に
読み取り機にかざすと、ゲートが開きます。

最初はコインを入れるところがあるのかと、改札機の前で迷いました。


無事に改札を通ります。


T_img_6106


DAN・WANGI 【ダンワンギ】駅へ向かうのはこちらです。


T_img_6107


ホーム上がるとすぐに列車が到着しましたが、
写真を撮って次の列車を待つことにしました。


T_img_6110


T_img_6111


路線図が大きく表示されていて、目的地が確認しやすかったです。


T_img_6112


KLセントラル駅からは高架路線を走っていったかとおもったら
途中からは地下にもぐっていきました。

ダンワンギ駅は地下鉄のような駅でした。


T_img_6114


改札を出ます。


T_img_6117


駅の外に出ると、目の前にKLタワーが見えました。


T_img_6120


しかしながら、KLタワーにたどり着くには道に迷ってしまい、
ちょっと苦労しました。


T_img_6121


やっとKLタワーの入り口らしきところに差し掛かったときには
もう汗だくでした。


T_img_6123


T_img_6128


ここからも、歩いていくことにしたので坂道を上ります。


T_img_6127


市内観光めぐりをしているようなバスが通っていきます。


T_img_6129


やっとタワーへの入り口に到着です。


T_img_6134


扇風機があったのでしばらく涼んでいると、団体ツアーのお客さんが
到着して、閑散としているのかなと思っていた辺りが大混雑しました。


T_img_6135


タワーへは、一般の展望室までと、もうひとつ上の屋外の展望室までとセット
になっているチケットが販売されています。

せっかくなので、屋外の展望室までがセットになっているチケットを購入。
RM99でした。ちょっと高かったです。

屋外の展望室へは、誓約書みたいなものにサインしないといけなく、
入場前に、署名してきました。

あとはエレベーターにのって、最も高いところへ。


T_img_6182


屋外の展望室はこんな感じで、
柵だけがあって周回できるようになっています。


T_img_6140


どこに何があるのかも良く分からずままに
何枚か写真を。


T_img_6138


T_img_6151


T_img_6165


くるっと一周したところで、通常の展望室へ向かいます。


T_img_6185


隣に、ペトロナスツインタワーが見えます。


T_img_6193


展望室内では記念写真屋さんがいて、台紙付きの写真をその場で
プリントアウトしてくれます。
調子に乗って、買い求めたら現地通貨の所持金が足りなくて、
売店で日本円が使えたので、両替代わりに小物を買って
その場をしのぎました。

ガラス越しとはいえ、通常の展望室からも街並みが綺麗に
見えました。


T_img_6183


T_img_6186


降りてきたら出口周りにもいろいろなショップがありました。


T_img_6210


華やかな音楽が聞こえてきたので、見に行ってみると
民族衣装にてダンスが披露されています。


T_img_6215


T_img_6222


T_img_6225


無事にKLタワーの観光も終わって次のところ目指します。


T_img_6228


日本語でも表記されています。


T_img_6229


次に目指したのがマレーシア・ツーリズム・センター。
第2次世界大戦中は日本陸軍本部が置かれていたそうです。


T_img_6232


交差点にはKLモノレールの路線が見えました。


T_img_6233


帰りはこのモノレールに使うことします。


T_img_6234


歩くこと少し。
マレーシアツーリズムセンターに到着です。


T_img_6236


牛車みたいなものが展示されています。


T_img_6238


T_img_6239


やっと建物が見えてきました。


T_img_6241


この日はスタンプ帖を持ってこなかったので、
スタンプがあったのにきちんと押せず、残念でした。


T_img_6244


観光スポットでは良く見かけるパネルです。


T_img_6245


周りの高層ビル群とはちょっと違って、この一角だけは静かな雰囲気が
漂っていました。


T_img_6253


T_img_6252


T_img_6248


帰りはKLモノレールへ。
プキッナナス駅です。


T_img_6262


ここも、LRTの駅と同じ様な切符の自動販売機があり、
コインのような切符でした。


T_img_6263


駅は列車を待つお客さんでいっぱいです。


T_img_6266


お客さんの割には、やってきたモノレールが小型で
車内も大混雑でした。


T_img_6267


モノレールは、マレーシアでの高級繁華街を通っていくのですが
車窓から眺めるだけにして、違うLRT路線と乗り換えるために
ハン・トゥア駅で乗り換えます。


T_img_6273


出かけていたときが、ちょうどマレーシアでのヒンズゥー教の
お正月、Diwali(ディパバリ)にあたっていたようで、あとで調べると
お米に色をつけて描いた新年のお祝いのイラストがありました。


T_img_6269


モノレールから乗り換えた先のLRT。
2つの路線が途中の駅から一緒になる運行形態です。


T_img_6286


このLRTも比較的運行間隔は短く、5分も待てば次の列車が
到着します。


T_img_6287


T_img_6293


T_img_6295


次に、最初に乗ったLRT路線への乗り換え。
マスジットジャメ駅です。


T_img_6298


T_img_6300


駅の近くにはクアラルンプールで最古のモスクが
あります。


T_img_6297


乗り換えの通路は少し距離がありました。


T_img_6301


T_img_6303


今度は、チャイナタウンへの最寄り駅、パサールセニ駅へ
向かいます。


T_img_6439


駅からの眺めを見渡して、あれ?と思ったのが、その前の休日に
訪れていたクアラルンプール駅が見えていました。


T_img_6308


駅の反対側にチャイナタウンが広がっています。


T_img_6311


ここで訪れたのは、ヒンドゥー教の寺院
スリ・ハマ・マリアマン寺院です。


T_img_6317


受付で靴を預けて、靴下で寺院の中を歩いていきます。


T_img_6321


T_img_6323


T_img_6324


T_img_6332


T_img_6347


訪れたときは、お参りされている方も少なく静かでした。

次にチャイナタウンですぐ近くにある関帝廟へ向かいます。


T_img_6352


こちらは、絶えず御香がたかれていて、お参りされているかたで
にぎわっていました。


T_img_6359


T_img_6357


T_img_6358


観光スポットの見学はこれで終わり。

せっかくここまで来たので、チャイナタウンの中を通ってみることに
しました。


T_img_6443


T_img_6449


T_img_6457


T_img_6461


長い一日でしたが、チャイナタウン近くにあるセントラルマーケットで
ご飯を食べて終わりました。


T_img_6465


メニューの左側に紹介されている麺を頼みました。


T_img_6467


頂いた麺です。


T_img_6468


おいしく頂いて、帰りました。

« マレーシア バトゥ洞窟にいってきました。 | トップページ | マレーシア ブルーモスクとスルタンアラムシャー博物館にいってきました »

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マレーシア KLタワーとチャイナタウンの寺院へいってきました:

« マレーシア バトゥ洞窟にいってきました。 | トップページ | マレーシア ブルーモスクとスルタンアラムシャー博物館にいってきました »

最近の写真

  • T_fh040027
  • T_img_0321
  • T_img_3465
  • T_img_5778
  • T_img_5779
  • T_img_5944
  • T_img_6338
  • T_img_6339
  • T_img_7796
  • T_img_7803
  • T_img_8960
  • T_img188