カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« マレーシア KTMコミューターに乗ってきました | トップページ | マレーシア KLタワーとチャイナタウンの寺院へいってきました »

2013/12/02

マレーシア バトゥ洞窟にいってきました。

2013年10月から11月にかけてのマレーシア出張。
休日に出かけたところのひとつ、バトゥ洞窟です。

ヒンドゥー教の聖地としてガイドブックに紹介されています。


T_img_5967


よろしければ続きをどうぞ

クアラルンプールの中心部からは、バスやタクシー、2010年には
鉄道、KTMのA線の路線が延長されているので、駅からは目の前にある
バトゥ洞窟です。


中心部からは約20分ぐらいで到着します。


T_img_5942


日曜日に出かけていますが終点まで乗りとおすお客さんは
ほとんどが観光客のようでした。


T_img_5939


Batu Cave駅の改札を出ると目の前に見えてきます。


T_img_5944


駅前の広場を歩いていきます。


T_img_5946


入り口ゲート前にはいろいろと物を売るお店が並んでいます。


T_img_5947


間近に見ても大きな像です。


T_img_5954


像のふもと(?)には礼拝するところが設けられています。


T_img_5952


続いてもうひとつ、礼拝するところが見えてきました。


T_img_5955


T_img_5957


駅から入り口は近かったものの、ガイドブックに出てくる洞窟への道、
階段がなかなか見当たりません。


T_img_5962


今度もとても高い(後で調べたら世界一とのこと)黄金の像が見えました。


T_img_5965


ここにも礼拝する施設があります。
最初はたくさんの方が集まっていらっしゃるのでここが入り口かと
思いました。


T_img_5970


やっと、洞窟へ続く階段が見えました。


T_img_5972


272段あると紹介されている階段を登ります。


T_img_5976


上りも下りも分かれていないので、お客さんが
入り乱れています。


T_img_5980


写真には写しませんでしたが、階段には猿がたくさんいて
虎視眈々と食べ物を狙っています。
荷物とか取られそうになるので注意が必要です。


振り返ってやっと半分すぎたぐらいです。


T_img_5979


郊外からみた都心部の街並みです。


T_img_5981


やっと岩山の間際に到着です。


T_img_5983


階段登りきった!と思ったら、まだ先にも階段が見えて
ガタッとなりました。


T_img_5986


洞窟のなかにもお土産やさんがあります。


T_img_5987


その先に進むと雰囲気が変わって厳かな様子になります。


T_img_5989


T_img_5990


最後の階段を登ります。


T_img_5992


ちょうど、礼拝の時間にあたったみたいでたくさんの方が
礼拝中でした。


T_img_5997


T_img_5998


外からの光が差し込むところに来るとまた違った
感じを受けます。


T_img_6003


T_img_6006


T_img_6008


これから帰る道を眺めてみます。


T_img_6013


T_img_6014


途中にはこんな石像もありました。


T_img_6012


普段はこんな様子かもしれませんが、毎年1~2月に行われる
大祭には信者さんが集まって大きな祭礼が行われるそうです。


せっかく登ってきた洞窟ですが、あっという間に引き上げます。
といっても272段の階段を下っていきます。


T_img_6020


T_img_6021


名残惜しく、途中の階段で振り返ってみました。


T_img_6023


あと半分ほどでふもとに到着します。


T_img_6024


出発点に戻ってきました。
そうしたら、曇っていた空から日が差してきました。


T_img_6028


晴れてくると景色も綺麗に見えてきます。


T_img_6034


T_img_6031


駅までの間にいろいろなお店がありました。


T_img_6030


T_img_6037


続々と観光される方がつめかけて来ました。


T_img_6036


T_img_6039


駅からすぐで手軽な観光にはぴったりのところでした。


T_img_6046


電車の駅の切符売り場は,帰りの人で混雑していました。


T_img_6049


なかには、行きの電車で見かけてた人もちらほらと。
帰りもおなじになりました・・・。


帰りはこの電車で。


T_img_6059


売店の絵葉書を見ると、大祭のときはチャイナタウンにある
スリ・マハ・マリアマン寺院から続くようで、穏やかな観光地が
一変するような様子でした。


クアラルンプールからは手ごろにいける観光地としては
お勧めです。
午前中のまだ気温が上がらないうちに出かけるのが
いいかもしれません。

« マレーシア KTMコミューターに乗ってきました | トップページ | マレーシア KLタワーとチャイナタウンの寺院へいってきました »

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マレーシア バトゥ洞窟にいってきました。:

« マレーシア KTMコミューターに乗ってきました | トップページ | マレーシア KLタワーとチャイナタウンの寺院へいってきました »

最近の写真

  • T_fh040027
  • T_img_0321
  • T_img_3465
  • T_img_5778
  • T_img_5779
  • T_img_5944
  • T_img_6338
  • T_img_6339
  • T_img_7796
  • T_img_7803
  • T_img_8960
  • T_img188