カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« 大津商業高校の美術部展にいってきました。 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネびわ湖2014 京阪石坂線ラッピング電車運転中 »

2014/04/07

京阪大津線~疏水お花見ウォーク参加してきました。~2014.4.5

2014.4.5 毎年お花見のシーズンに開催される恒例の
京阪大津線駅長おすすめウォークに参加してきました。

京阪浜大津駅を出発して、琵琶湖疏水~小関越~疏水公園
~毘沙門堂門跡~京阪四宮駅に至るコースです。


T_dsc_4071


今年はハイキングコースのあちらこちらで満開の桜を
楽しむ事が出来ました。


よろしければ続きをどうぞ。

疏水お花見ウォークの開催は2014.4.5にでしたが
慌てものなので、3月31日に桜の開花はどんな様子かなと見に行って
いました。


T_dsc_4505


4月に入ったとたんに暖かい日が続き、桜の開花が一気に進んで
どうなることかと思った今年のお花見ウォーク。

4月5日は一転して少し肌寒い朝となりましたが、天気予報が
良いよう外れて、晴天も覗く一日でした。

しかし前夜には雪で、比良山系では冠雪していました。


T_img_2378


浜大津駅で参加受付を済ませて、参加証のバッチを頂きます。


T_dsc_4678


ウォークのスタートはここから。
三井寺駅に向かって皆さんもう次々と出発されて
いらっしゃいます。


T_dsc_4679


大津絵の道として整備されていますが、元は江若鉄道の
線路跡を進んでいきます。


T_dsc_4680


満開の桜を目の前にして、疏水ウォークのルートはここを左に
曲がります。


T_dsc_4682


しかしながら、踏み切り警報機の音が聞こえたので
少し寄り道です。


T_img_2379


ここまで満開の桜がそろっているのは私ははじめてみました。


T_img_2384


琵琶湖疏水に差し掛かる京阪石坂線の列車。


T_img_2385


すこし琵琶湖疏水沿いに歩きます。


T_img_2392


見事な桜です。


T_img_2401


振り返っても桜が咲き誇っています。


T_img_2416


今日は、お花見ウォークに参加しているのでこの辺で切り上げて
コースに戻り、小関越えを目指します。


T_img_2425


T_dsc_4697


初めてこのウォークに参加したときに「まだ木の電信柱があるのか」
と驚いたのですが、今年も健在でした。


T_dsc_4699


小関越え。だんだんと山深くなってきます。


T_img_2428


昔の京都~大津間の峠越えはこんな様子だったのかと
毎回思いをはせています。


T_dsc_4704


T_dsc_4706


途中で見かけた木々です。


T_img_2430


峠の頂上付近にあるお地蔵さん。


T_img_2433


結構登っているので、ここまで来るのにも息が上がります。
ここからは京都側へは下り道です。


T_dsc_4709


細い道になります。


T_img_2434


このあたりは山奥といった風情です。
耳を澄ませてみると鳥の鳴き声が聞こえる様子です


T_img_2435


そんな中で咲き誇っている桜。


T_img_2437


道なりに進むと、琵琶湖疏水の建設に使われた立抗が
見えてきます。


T_img_2440


案内板がありますが近くには立ち寄れません。


T_img_2442


しばらくぶりに人工物が見えてくるのは、
国道161号の西大津バイパスの道路です。


T_dsc_4718


藤尾地区の住宅街を抜けて
京都・山科側の琵琶湖疏水と再会です。


T_dsc_4725


T_img_2447


この日はこのあたり来ると、京都側から大津方面へハイキングされて
いらっしゃる団体とすれ違うなど、びっくりするぐらい混雑していました。


T_img_2449


琵琶湖疏水の京都側では桜並木に若い木がところどころで植樹されて
いて、後世にも続いてこの景色が見られるような取り組みがされていました。


T_dsc_4735


T_img_2450

琵琶湖疏水沿いもここしばらくは桜並木が続きます。


T_img_2457


T_img_2468


途中で電車の音には見逃すことなく振り向きます。


T_img_2464


琵琶湖疏水の水面いっぱいまで咲き誇る桜です。


T_img_2477


T_img_2482


京阪四宮駅あたりまで進んできました。


T_img_2500


このあたりは湖西線建設のために琵琶湖疏水が付け替えられて
いるそうです。こんなこともこのウォークに参加して勉強しました。


T_img_2501


琵琶湖疏水、山科地区ではいつもボランティアの方が手入れされて
いらっしゃる菜の花が満開の桜と共に迎えてくれます。


T_img_2512


T_img_2518


T_img_2523


疏水沿いに歩いていくと少ししたらボートが通っていくのが
見えました。こんな光景、私ははじめてみました。


T_img_2525


しばらく、黙々と歩いて次に私としては見逃せないポイント。
JRの線路を見通せるところです。


T_img_2528


この日は残念ながら京阪京津線の列車とJRの列車が
一枚に収まることが無かったです。


T_img_2550


琵琶湖疏水もこのあたりは桜の木も少なく、
緑一色になるところで、疏水ウォークの折り返し地点までは
黙々と歩いています。


T_img_2568


T_img_2573


浜大津から三井寺、小関越え辺りまでは参加証としての
「京阪バッチ」をつけていらっしゃる方と共に歩いている
感じがあるのですが、このあたりになるとあまりに見かけなくなって
少し不安になりました。


T_img_2577


T_img_2585


疏水ウォークの折り返し地点です。


T_img_2586


ちょうどお昼どき。
辺りを見渡すと、疏水ウォークに参加されていらっしゃる
皆さんがお弁当をひろげていらっしゃいました。


T_img_2598


私もベンチがあったのでここで腰掛けて休憩と
お昼ごはんを食べました。

お昼ごはんを終えて、しばらくは来た道を戻ります。


T_img_2603


コース案内の矢印です。


T_dsc_4796


迷わないように目立つように置かれています。


T_dsc_4797


しばらくは緑の中を歩きます。


T_img_2608


T_img_2605


再び、JRの線路が見渡せる場所へ。

私はこの電車だけを撮って移動しましたが、この列車のあとすぐに
トワイライトエクスプレスが通過していきました。


T_img_2623


ウォークの最初は青空が広がっていたものの
お昼を過ぎた辺りから少し曇り空になってきました。


T_img_2640


こんな老木から枝分かれした小さい枝先にも桜が
咲いていました。


T_img_2635


来た道を戻り、途中で分かれて山科の毘沙門堂門跡へ。


T_img_2652


浜大津から小関越え、琵琶湖疏水を御陵付近まで歩いて
折り返して、この階段は日ごろ運動していないのでかなりきつかった
です。


T_img_2654


昨年秋の紅葉シーズンに初めて行われた夜間拝観、ライトアップ
以来の毘沙門堂です。


T_dsc_4809


T_img_2656


T_img_2660


T_img_2668


何年か前にはJR東海の京都観光キャンペーンのポスターに
なったこともある枝垂桜です。


T_img_2702


T_img_2679


T_img_2689


せっかくの満開の枝垂桜でしたが、ちょうど私が訪れたとき
雨がポツポツと降ってきたのでゆっくりとながめられなかったのが
残念でした。


毘沙門堂門跡では4月6日に観桜会がおこなわれるそうです。


T_dsc_4849


お花見ウォークもあとはゴール地点の京阪四宮駅を
目指すだけとなりました。


途中もう一度菜の花が咲き誇るポイントへ。


T_img_2716


ここにある案内板です。


T_dsc_4848


案内に沿って、JR線路のガード下へ。
ここにある桜と列車の写真を撮ろうと身構えたところに
聞きなれない音が聞こえてきたので待っていたら、ディーゼル機関車
が通過していきました。


T_img_2722


あっという間の事でした。
気を取り直して狙った構図もいまいちでした。


T_img_2730


旧東海道の道と合流し京阪四宮駅方面へ。
ここの桜も私はお気に入りのポイントの一つですが
もう桜が散り始めていました。


T_img_2739


この日は様々なグループがハイキングを楽しまれて
いらっしゃって、あちこちで見かけました。


T_dsc_4853


ここの井戸、水が出ていたのは初めてみました。


T_dsc_4855


さて、延々と綴ってきた疏水ウォークもゴール地点京阪四宮駅に
到着。今年は踏破記念として粗品を頂く事が出来ました。

私はメモ帳を頂きました。


T_dsc_4856


長い疏水ウォークの参加記ですが最後までご覧頂いて
ありがとうございました。


T_dsc_4859


満開の桜を楽しむ事が出来て本当に良かったです。

« 大津商業高校の美術部展にいってきました。 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネびわ湖2014 京阪石坂線ラッピング電車運転中 »

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 大津商業高校の美術部展にいってきました。 | トップページ | ラ・フォル・ジュルネびわ湖2014 京阪石坂線ラッピング電車運転中 »

最近の写真

  • T_fh040027
  • T_img_0321
  • T_img_3465
  • T_img_5778
  • T_img_5779
  • T_img_5944
  • T_img_6338
  • T_img_6339
  • T_img_7796
  • T_img_7803
  • T_img_8960
  • T_img188