カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« 大津の京阪電車を愛する会ギャラリートレイン~京阪石坂線 | トップページ | 駅コンサート2014が開催されました。 京阪電車浜大津駅 »

2014/11/02

京阪大津線感謝祭2014に出かけてきました。

2014年11月1日。
京阪電車の近江神宮前駅に隣接する錦織車庫にて
大津線感謝祭が行われました。

電車の運転体験やいろいろと電車に触れ合える一日。


T_img_0658


今年はあいにくの雨となってしまったのですが、
それでも多くのお客さんが来場されていました。


よろしければ続きをどうぞ。

私は今年は都合でお昼から会場へ向かいました。


T_dsc_2320


会場が開くときには一日駅長さんがテープカットされている
はずなんですが、今年は見ること叶わず。


T_dsc_2319


受付のところでは会場案内図と大津の京阪電車を愛する会が
発行する大津けいはんタイムスの2014年版が配布されています。


T_dsc_1430


T_dsc_1434


T_dsc_1445


今年はポスターとおなじロゴとなった感謝祭の看板が迎えてくれます。


T_img_0586


大津の京阪電車を愛する会とびわ湖大津観光協会が後援になっている
ことをここで知りました。


T_img_0587


飲食ブースにミニ京阪電車のりばはこちら。
ミニ京阪電車は午前中は雨天だったので、午後から走ったそうです。


T_img_0581


T_img_0582


T_img_0583


飲食ブースでは暖かい食事が提供されていました。


T_img_0579


つり革の制作コーナー。バラストの石にペイントするコーナーもあったのですが
写真撮り忘れました。すいません。


T_img_0578


大津線の感謝祭では大きな見所のひとつ。
電車でゴーとして車庫内を実物の電車を運転できる
催しがあります。

毎年抽選で、人気も高く当選するのは難しいそうです。


T_img_0593


次は部品グッズ販売のブースへ。
でもその前にある、制帽・制服を着用しての記念撮影コーナー。


T_img_0636


美しい状態に修復された81号車のカットモデルに目を奪われました。


T_img_0569


三条―四宮の運行標識板もより一層魅力を引き立てます。


T_img_0570


美しい81号車を目に焼き付けて今度は部品販売ブースへ


T_dsc_2311


つい先日まで活躍していた京阪山科駅の表札。
色が京都市の新しい条例では良くないらしく交換されたそうです。


T_img_0649


運賃改定があったので、駅、定期券売り場かな?そこに掲示されていた
運賃表などの品物などがたくさん販売されていました。


T_img_0481


京阪大津線のラッピング電車。いろいろと走ってきたラッピング電車の前面を
飾ってきた副標もたくさん商品になっています。


T_img_0483


T_img_0484


T_img_0485


T_img_0486


T_img_0487


テーブルの上には、今年初めて見るようなプレートも
販売されています。


T_img_0490


私にとっては京阪大津線の準急は今なおはっきりと覚えていますが、
急行は物心ついたときにはなくなっていました。

丸い準や急のプレートは、何の品物だったのかは聞きそびれました。


T_img_0492


今年、私が買い求めたのはこんなパーツです。


T_dsc_2339


工場の人をもってしても、今となっては何の何かは分からないという
ものだそうです。とはいえ、書いてある文字からなんとなく想像して
もう残り少なくなっていた中からピックアップしました。


続いては修繕する建物の中へ。


T_img_0609


検修用の建物の中では信号機や踏み切り警報機の
展示などが行われています。


T_img_0555


こちらは集電装置。
パンタグラフの展示です。実際に上げ下げができました。


T_img_0552


T_img_0553


検修用の建物、仕切っていてその一方は、プラレールで楽しむ
コーナーになっていました。


T_img_0550


T_img_0551


参加すると記念品がいただけたようでした。


T_img_0548


工場もこちら側は体験イベントの電チャリのりばになっています。


T_img_0544


珍しく止まっている車両が無いので、坂本行きの列車が良く見渡せました。


T_img_0611


さて、振り返って、鍛工職場へ。
大津の京阪電車を愛する会の感謝祭のときはイラストを書く
コーナーに割り当てられていましたが、今年は私にとっても一番見たかった
パネル展示。


T_img_0612


昨年の台風18号襲来に伴い発生した災害。京阪大津線も運休を余儀なくされたことも
記憶に新しいところですが、そこから立ち直った歩みが紹介されていました。


T_img_0494


T_img_0493


T_img_0495


復旧までの道のりが詳しく紹介されていました。
中でも一番印象深いのは、試運転列車が通る直前。
レール面に顔をつけるぐらいの姿勢で目視される作業員の
お姿。


T_img_0541


私も運転再開一番列車に乗ってみた光景でもありますが
列車が通ることによって沿線の方が手を振って迎える様子は
今でも目に焼きついていますし、このパネルを見ても涙が
出そうになりました。


T_img_0542


復旧を終えての京阪電鉄からのメッセージ。


T_img_0537


しばらく、その当時の余韻が頭に残りました。


そういえばと、「回送」表示だった京津線用の800系は今年も
洗車体験の列車になっていました。


T_img_0634


車庫のなかは空っぽです。


T_img_0560


鉄道むすめラッピング。期間延長となって今も走っていますが
この日は車両展示となっていました。
残念ながらお天気が悪くて照明が無い中、とても暗い車内に
なってしまったのが残念でした。


T_img_0557


T_img_0559


止まっているから通れるようなものですが、
鉄道むすめのラッピング電車が止まっているところはカーブしていて
車両が連結している通路が大きく曲がっていて、こんな状態で
通るのは初めてでした。普段は通らないもので・・・。


T_img_0566


T_img_0618


車庫の片隅においてある、毎年撮影しているようにも思いますが
80形の台車を転用した、工場内用の仮台車。
とクレーンの点検用に転用された京阪線の台車。


T_img_0615


こうしてみると、路面区間を走った80形の台車・車輪が如何に小さいかが
分かります。


T_img_0617


こちらが80形82号車についている現役当時の台車。


T_img_0603


やっと80形82号車へ。


T_img_0595


乗り込むのは中央の扉から。


T_img_0604


乗り込むのは路面区間を彷彿とさせるのでいいのかもしれませんが
せめて、東山三条・蹴上・日ノ岡の駅のように安全地帯に
相当する一段目のステップを準備してもらなわないとちょっと残念に
思いました。


特に来場される小さいお子様がせっかく乗り込もうとされるのに
無理があったのではないかなと。


T_img_0605


そういえば、このステップはもう何年も出っ放しのように思えるのですが
もう閉まらないのかな?


T_img_0601


車内側の手すりを持ってよじ登るという表現を使って82号車の車内へ。


T_img_0639


T_img_0598


部品販売のコーナーで買い求めたスイッチの銘板類。
多分このあたりだろうと、今年は運転席の撮影が出来たので
じっくりと観察しました。


T_img_0625


63号車というかびわこ号譲りの高床・低床のドアスイッチ。


T_img_0629


運転席。注意書きのプレートがありましたのでちょっと失礼して。


T_img_0627


これはカットモデルになった81号車にも残っているのかな?


T_img_0628


視線を運転席室内の上部にうつして。
電子警報器。


T_img_0631


放送装置。


T_img_0632


そして、ズラッと並ぶスイッチ。


T_img_0633


端から順を追ってみてみます。


T_img_0641


T_img_0642


T_img_0643


T_img_0644


T_img_0645


部品販売のブースで銘板を見なければ多分ここまで意識が
回らなかっただろうなと思いつつ、これで十二分に満足して
82号車をあとにしました。


最後になったのは709-710号車のけいおんラッピングの電車。


T_img_0656


T_img_0591


こちらも車内の照明がつかないところでの展示だったのと
他に撮影されている方が多かったので乗り込んだものの
窓の外を撮っただけでした。


T_img_0655


このあたりでもう閉場の時間まで残り僅かとなって
部品では見ていたら買いそうなるのを
こらえて、もう思い残すことは無いと、会場を出ようとした
ところに部品が飾られているのに気がつきました。


T_img_0573


T_img_0571


T_img_0574


T_img_0576


まだまだ最後まで気が抜けず、毎年来てもこんな新しい発見がある
京阪電車大津線の感謝祭。
とても楽しい時間を過ごす事が出来ました。

また来年も楽しみにしています。

« 大津の京阪電車を愛する会ギャラリートレイン~京阪石坂線 | トップページ | 駅コンサート2014が開催されました。 京阪電車浜大津駅 »

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京阪大津線感謝祭2014に出かけてきました。:

« 大津の京阪電車を愛する会ギャラリートレイン~京阪石坂線 | トップページ | 駅コンサート2014が開催されました。 京阪電車浜大津駅 »

最近の写真

  • T_fh040027
  • T_img_0321
  • T_img_3465
  • T_img_5778
  • T_img_5779
  • T_img_5944
  • T_img_6338
  • T_img_6339
  • T_img_7796
  • T_img_7803
  • T_img_8960
  • T_img188