カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« 京都七条 塩小路橋より鴨川を渡る117系電車 春夏秋冬 | トップページ | 関門海峡トンネルを踏破など~宇部新川から周遊  »

2014/12/30

宇部新川駅付近の散策~宇部線

2014年11月に宇部市へ出張に行っていました。
そこでながめていた電車などについてご紹介します。


T_dsc_3239


よろしければ続きをどうぞ

2014年11月の終わりごろに出張で山口県宇部市へ。

京都から新幹線に乗りましたが、京都駅では初めて見かけた
ドクターイエロー。


T_dsc_3215


T_dsc_3218


出発前に思わぬ列車と遭遇しました。


出張期間中の休日。
まずは宇部新川駅のあたりを散策しました。


T_dsc_3336


駅に向かうと私が見たかった車両が止まっています。


T_img_1065


T_img_1068


白い車体の青のラインが入った車両。
国鉄時代末期に吹田工場で荷物電車から旅客車両に改造。
阪和線の羽衣支線を皮切りに、岡山をへて、今は宇部線・小野田線で
活躍しています。

クモハ123-5と6.2両います。
この日であったのは『5』の方です。


T_img_1075


T_img_1073


T_img_1074


T_img_1071


車体の外に取り付けられている
製造銘板。


T_img_1081


吹田工場の改造銘板がないのがちょっと残念でした。


T_img_1082


荷物電車時代の扉を転用しているので、
一段奥まった姿になっているのがこの車両の特徴です。


T_img_1092


T_img_1093


宇部新川駅構内にて。


T_img_1096


T_img_1097


宇部新川駅の跨線橋、古レールの構造物で出来ています。


T_img_1100


T_img_1101


宇部線。小野田線が開業して100周年です。
いろいろとも催しが開かれていました。


T_img_1103


昼間時含めて列車本数が少ないです。


T_img_1105


駅の外にでて。
Mc車の単車増結した編成が止まっていました。


T_img_1110


T_img_1113


昔は宇部新川電車区があったそうですが、
すでに廃止されています。
駅構内と少しはずれたところにいくつかの車両が留置できる
ところがあります。


この車両が留置されていたところは少し駅から離れていました。


T_img_1122


そのまま市街地を散策。
立派な銘板のついたトラス橋が見えてきました。


T_img_1133


T_img_1137


仕事中にぐるぐると回っているときに、
「あれ?なんか見たことあるような光景」と思える場所があり、
そこにたどり着きました。


T_img_1144


列車の到着を待ちます。


T_img_1153


T_img_1161


T_img_1162


後日、家に帰ってから思い当たる書籍で確認しました。
保育社から発刊されていたカラーブックス


T_dsc_3773


このページでした。
車両の後ろにある建物などは変わっていないようでした。


T_dsc_3775


今は中止されていますが、
九州内の交直流車両が宇部新川・小郡まで乗り入れる運用が
あって、その様子を収めた写真です。


このカラーブックスには、今も宇部線の主力車両である
105系車両が新製されていた頃の様子もあります。


T_dsc_3776


再び、戻って、列車が出発した後に
琴芝駅へ。


T_img_1166


電報の看板を私ははじめてみました。
駅名板も良い雰囲気でいつまでもながめていられました。


T_img_1167


駅の中は、残念ながらガランとしています。


T_img_1170


宇部線に快速電車が走っていた頃からあるのでしょうか
列車の接近案内表示器


T_img_1174


ホームにも少し出てみました。


T_img_1171


琴芝駅の駅舎全景です。


T_dsc_3327


鉄道よりもバスのネットワークが充実しているようです。


T_img_1146


バスにて市内中心へ戻ります。


T_dsc_3333


ホテルにあった市内観光マップを見て
比較的近くで簡単に回れそうでしたので、
まずは宗隣寺へ。


T_dsc_3397


鎌倉時代に作られた庭園。
日本では、ここと、東北の平泉にしか現存していないという
説明に引かれてやってきました。


T_dsc_3393


庭園です。


T_img_1198


T_dsc_3378


T_img_1209


この良さが分かるのに私はまだまだ何かが足りないようでした。
紅葉の季節などは綺麗に見えるのだろうな思いながら後にしました。


T_dsc_3422


お寺の入り口には、桜?が花を咲かせていました。


T_img_1218


この日最後は、宇部市の観光マップにも掲載・紹介されている
建築家村野藤吾さんの作品(建物)。


京都工芸大学での設計図展を見に行ったこともありますが
近鉄・橿原神宮前駅の駅舎設計や、名古屋の丸栄百貨店の設計
等を行った方。

ANAホテルの建物が生前最後に完成した建物だそうです。


T_dsc_3425


この日の休日散策は、これまで。
この後は滞在先のホテルにもどりました。

続きは翌日です。

« 京都七条 塩小路橋より鴨川を渡る117系電車 春夏秋冬 | トップページ | 関門海峡トンネルを踏破など~宇部新川から周遊  »

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇部新川駅付近の散策~宇部線:

« 京都七条 塩小路橋より鴨川を渡る117系電車 春夏秋冬 | トップページ | 関門海峡トンネルを踏破など~宇部新川から周遊  »

最近の写真

  • T_img_0941
  • T_img_0948
  • T_img_5189
  • T_img_5200
  • T_img_5201
  • T_img_5214
  • T_img_5238
  • T_img_5253
  • T_img_5262
  • T_img_5264
  • T_img_5267
  • T_img_5269