カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« 宇部新川駅付近の散策~宇部線 | トップページ | 京阪大津線 おでんde電車2015 PR運転中です。 »

2014/12/30

関門海峡トンネルを踏破など~宇部新川から周遊 

2014年11月に宇部新川に滞在して2回目の休日。
この日は下関方面へ向かうことにしました。


T_img_1327


よろしければ続きをどうぞ

前日と同じ様な時間にホテルを出て宇部新川駅へ。


T_dsc_3435


まだこのときは青空が見えていました。


T_dsc_3437


この日も運よく私が見たいと思っていた車両
クモハ123の6と、前日と違う車番が止まっていました。


T_img_1223


真っ先に改造銘板を見ると、「吹田工場」の銘板がついていて
うれしくなりました。


T_img_1225


車内にはおなじ銘板。


T_img_1228


運転台を室内より。


T_img_1230


T_img_1232


クモハ123-5と6は改造当初は荷物電車時代と
おなじところに客用扉を設けていましたが、後年になって
扉の移設が行われています。

その名残が車内つり革の高さに残っていると
しって、それをながめています。


T_img_1236


写真真ん中あたりのつり革が一段高くなっているところ
に移設前の扉があったそうです。


T_img_1237


この列車が小野田線の小野田行きでしたので
このまま小野田へ。


T_dsc_3447


以前旧型国電のクモハ42001が走ってた頃に
2回訪れたことのある雀田。懐かしみながら
車窓を眺めていました。


T_dsc_3455


小野田で山陽本線に乗り換え。


T_img_1240


跨線橋の柱で見つけた国鉄の財産票


T_img_1250


T_img_1251


小野田から乗った山陽本線下関行きは
117系電車でした。


T_img_1268


T_img_1272


一段下降窓の美しい100番台車。
関西圏には中間ユニットだけになってしまって
もう離れ離れ。二度と元の6両になることはないのかと
西の果てで悲しくなりました。


T_img_1280


ホーム向かい側には、関門トンネルを越えて九州へ向かう
列車が止まっていましたが、私は徒歩にて向かうことに。


T_img_1301


下関駅前のショッピングセンターでお昼ご飯を食べて
バスに乗ります。


T_dsc_3501


T_dsc_3503


下関駅よりバスで10分ぐらい。
関門海底トンネルがあるところへ。

雨・風がかなり強くなっていました。
景色も楽しむことできず残念です。


T_dsc_3505


T_img_1306


本州側のトンネル入り口。


T_img_1309


エレベーターで下ります。


T_img_1312


降り立ったところでは
説明パネルなどがたくさん掲げれています。


T_img_1318


T_img_1323


国道2号線をしめす、おにぎりマーク。


T_img_1324


トンネルの真ん中近くにある県境を示す箇所です。


T_img_1328


T_img_1327_2


T_img_1331


九州側・本州側にスタンプポイントがあります。


T_img_1334


スタンプはこんな仕掛けになっています。


T_dsc_3732


T_dsc_3733


一枚のシートに綺麗に押すと、このようになります。


T_dsc_3734


専用のラリーシートにスタンプを押して
観光案内所に持っていくと、踏破記念証を
頂く事ができます。


関門海峡、海底トンネルと踏破。


T_img_1336


九州側に上陸しました。
さらに雨風がきつくなっていました。


T_img_1340


T_img_1342


思いつきで行動していたので、実は九州側についたもののこの後
のことを考えていなかったのですが、同じくして上がってこられた方々が
「トロッコがある」というようにおっしゃっていて、スマホで調べるとなるほど、
関門海峡トンネルの九州側から500mのところにのりばがあると
分かったので、そちらへ向かうことに。


T_dsc_3559


観光列車ののりば近くに、関門トンネルで活躍した電気機関車
EF30-1がとまっているのが見えました。


T_img_1345


T_img_1349


もっと見たかったのですが、雨だったのと
トロッコ列車の発車時間が迫っていたのでゆっくりと
観察できずじまいです。


トロッコ列車が門司港駅付近からやってきて、折り返し発車
するのを待ちます。


T_img_1350


雨で滑りやすくなっているので車内の拭き取り清掃を
行った後、改札が始まります。


T_img_1351


T_img_1353


トロッコ列車に初乗車です。
牽引するのはこんな機関車です。

T_dsc_3562


客車はこんな様子です。


T_img_1355


T_img_1356


T_img_1358


客車から見た機関車。


T_img_1359


トロッコ列車。沿線に一箇所トンネルがあります。
ここではちょっと驚きの演出がありました。


T_img_1365


T_img_1366


T_img_1368


関門の魚がトロッコ列車の天井に浮かび上がりました。


T_img_1369


T_dsc_3572


T_img_1371


トンネルを抜けます。


T_img_1373


門司港レトロ地区をゆっくりと列車が進みます。


T_dsc_3575


九州鉄道記念館前が終点です。


T_img_1378


T_dsc_3585


訪れた日が2014年の最終運航日でした。


T_dsc_3586


T_img_1380


T_img_1381


続いては、九州鉄道記念館へ。


T_img_1419


隣接する門司港駅構内に止まっている
軌道検測車が気になって仕方ありません。


T_img_1405


T_img_1406


何年か前に訪れたときにはなかった
展示車両が増えていました。


T_img_1454


でも、ちょっと車両をカットする位置や展示の仕方が
ちょっと残念に思えました。


T_img_1453


工事中でだいぶ様相の違う門司港駅。


T_img_1456


T_dsc_3667


T_dsc_3670


T_img_1460


でも、この雰囲気はそのまま残っていました。


T_img_1463


T_img_1465


ホームの端から、もう一度軌道検測車を眺めます。


T_img_1469


T_img_1474


下関へ戻ると、本当はこの列車に乗ってみようかと思っていた
列車が止まっていました。


T_img_1479


T_img_1484


次に機会があるならば、この列車で山陰、萩あたりを
観光したいものです


T_img_1487


今回の外出、最後は下関から直通列車で。
宇部新川まで戻ります。


T_img_1492


乗るべき列車が車庫から出庫してきました。


T_img_1493


いつの間にか関門トンネルの機関車を置き換えてしまった
EH500が横を通過していきます


T_img_1496


山陰本線の気動車列車を見送ります。


T_img_1505


その後、宇部線直通の列車が下関駅へ。


T_img_1508


T_img_1509


これにて今回の外出のたびを終えました。


« 宇部新川駅付近の散策~宇部線 | トップページ | 京阪大津線 おでんde電車2015 PR運転中です。 »

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関門海峡トンネルを踏破など~宇部新川から周遊 :

« 宇部新川駅付近の散策~宇部線 | トップページ | 京阪大津線 おでんde電車2015 PR運転中です。 »

最近の写真

  • T_img_0941
  • T_img_0948
  • T_img_5189
  • T_img_5200
  • T_img_5201
  • T_img_5214
  • T_img_5238
  • T_img_5253
  • T_img_5262
  • T_img_5264
  • T_img_5267
  • T_img_5269