カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« 山王祭・午の神事と日吉榊奉迎祭 2015 | トップページ | 京阪石坂線 瓦ヶ浜2号踏切道 閉鎖後の様子 »

2015/04/29

企画展 江若鉄道の思い出~大津市歴史博物館

2015年3月7日から4月12日まで大津市歴史博物館にて
企画展「江若鉄道の思い出」が行われました。


T_dsc_6228


会期中は大盛況だったみたいです。
企画展にあわせて行われるれきはく講座も江若鉄道に
あわせたものが3回も実施させるなど、すごい熱意と
熱気に包まれた企画展でした。


いろいろな思いがつまった「江若鉄道の思い出」
惜しくも会期期間は終わってしまいましたが、企画展の
様子を残しておこう思います。


企画展「江若鉄道の思い出」
発表されたときは、一年後だったのを知らずに慌てすぎて、
2014年の3月に歴博へ行ったのもいい思い出です。


T_dsc_5698


サンライズ出版で「江若鉄道」に関連する書籍の発刊予定案内が
出版社さんがから発行される冊子に長らく掲載されていたものの、
最新刊少し前辺りから、予定が亡くなってしまっていて、ちょっと
心配していたのですが、この企画展にあわせて図録の性格も
持たせて出版されました。


T_dsc_5688


企画展会期より少し先立って発行されました。
大津市歴史博物館にて購入するときには、オリジナルペーパークラフト
がプレゼントされています。


T_dsc_5689


T_dsc_5690


T_dsc_5693


書籍も購入し、企画展が始まるのを心待ちにしていました。


T_dsc_6328


駐車場が満車になるなんて思いつつ、会場へ。


T_dsc_6329


エントランス前の柱にあるポスター。


T_dsc_5694


入ってすぐに三井寺下駅、機関区などの
江若鉄道の中枢部の鉄道模型レイアウトが目に入りました。


T_dsc_6241


入館券を求める列も出来ていました。


T_dsc_6243


シアターの映像も見たかったですが、気持ちは2階の企画展示室へ


T_dsc_6242


2階へ向かいます。
展示室会場の入り口です。


T_dsc_6236


後から、学芸員さんにご説明いただいて、このパネルの
凄さがわかりました。


T_dsc_6226


会場内、ありがたいことに展示の一部が撮影可能となっていました。


T_dsc_6199


T_dsc_6202


浜大津駅の模型など、江若鉄道の拠点となるところが
模型で再現されています。


T_dsc_6200


T_dsc_6201


T_dsc_6206


T_dsc_6208


こちらは、現在の地図に江若鉄道の路線を書き記したもの。
この地図も撮影可能となっていました。


T_dsc_6213


浜大津から近江今津まで。


T_dsc_6214


江若鉄道の跡地がJR湖西線に転用されたことは
よく知られていますが、意外と江若鉄道とJRが離れているところも
ありました。


この企画展、あとで何度でも足を運ぶきっかけにもなるのが
皆さんが持っておられる江若鉄道の思い出をメッセージカードに
残していくイベント。


T_dsc_6219


T_dsc_6197


企画展の会期初めでは、書籍にも収録されたメッセージがタイプ打ちされて
展示されていましたが、会期が進むに連れて、様々な思い出が
いろんな筆跡で、思いを込められて綴られるエピソードが日に日にたくさん
寄せられるのがとても楽しみでした。


T_dsc_6598


本当に地域の人々に愛されて生活に密着していた事が伝わる
メッセージばかりです。
最終日にはもう、掲載するところがないぐらいにびっしりとメッセージカードが
寄せられていました。

これだけ愛された鉄道が近くを走っていたのに、生まれてなかったので
見る事が叶わなかったのがとても残念です。


企画展に関連して毎回、開催されるれきはく講座。
今回は3回実施されました。
そのうち1回は平日だったのでどうしても参加できなかったですが、
運よく他の2回は参加する事が出来ました。


まずはそのうちの1回目。


T_dsc_6330


江若鉄道最後の2日間を追いかけられた福田さんのお話でした。


T_dsc_6335


瞬きするのさえ惜しいぐらいの講座時間、記録と記憶の大切さを
身にしみる話に耳を傾けていました。


T_dsc_6337


企画展、江若鉄道の思い出に関する
れきはく講座3回目は大津歴博物館の木津さんのお話でした。


T_img_4664


T_img_4665


会期中、最後となるれきはく講座も満員で大盛況でした。
本当に、鉄道の写真も撮りっぱなし出なくて、記憶を記録として
まとめておかないといけないのだなぁとここでも改めて思いました。
が、まだ行動には移せていません・・・。


3月から始まった企画展「江若鉄道の思い出」も
会期が残り少なくなってきました。


どうしても撮っておきたい写真があったので
最終日は混雑するだろうと、その前日に会場を訪れて
模型の写真を中心に撮っていました。

これまでに見てきた鉄道雑誌に紹介された写真と
同じ様な構図でみてみたり、
出るかぎり現在との対比が出来るように心がけてみました。

浜大津駅の模型が中心です。
なので、実は江若鉄道というよりも、京阪電車との比較に
なってしまいます。


T_img_4946


このときはまだ大津堀が暗渠になっていなかったのかと
思ってみていました。今ではちょうど歩道橋がかかっているあたりです。

浜大津駅構内を見た様子。
こんな感じで見てみたかった・・・。


T_img_4949


T_img_4951


江若鉄道の浜大津駅。
今ではちょうどバスターミナル辺り。


T_img_4957


浜大津駅辺りの模型を見ていて、皆さん説明されるのが、
「ここが今のauで、あれがこれで・・・。」といったお話。


T_img_5006


残念ながらちょうど、江若鉄道の線路があったあたりに
歩道橋が出来ていますので、同じようには見ることは
叶わないのですが、現在の浜大津駅。


T_img_5012


三井寺方から浜大津駅に向かっていったところ。


T_img_4981


お店の入り口が変わっていますが、建物そのものは健在。


T_img_5014


商売されているお店は変わってしまいましたが、
建物並びは今と変わらないところです。


T_img_4980


T_img_4986


T_img_4977


最近の様子です。


T_img_4688


京阪電車の線路の様子はあまり変わっていません。


T_img_4988


T_img_3224


T_img_3226


多分、今の明日都浜大津の駐車場辺りから眺めたら
こんな雰囲気の写真が撮れるのだろうなと思いながら撮った一枚。


T_img_4998


模型でも再現されている松の木。


T_img_4986_2


いままで、気に留めていなかったですが、改めてみると
確かに木があって、江若鉄道があった当時からずっとあるのかと
感慨深いものがありました。


T_img_5021


この企画展会期中に惜しくもお店をたたまれてしまったのが
理髪店。


T_img_4689


さびしくシャッターが閉まってしまい、
あっという間にサインポールも無くなってしまいました。


T_img_5022


T_img_5023


話がドンドンと江若鉄道から離れてゆきますが
この昭和40年代の浜大津駅の模型。
その約10年後から誕生した私にとっては唯一見た記憶がかすかに残る
京津線の浜大津駅。
見ただけで乗った記憶がないのが悲しいです。


こんな光景で見えていたのでしょうか。


T_img_4964


T_img_4966


京阪電車の時刻表にも唯一掲載された1980年の浜大津駅


T_scan0013


浜大津駅の案内図です。
江若鉄道乗り入れを視野に入れて設けられたとも聞いたことのある
京津線浜大津駅。


T_scan0011


T_scan0012


T_scan0014


昔の時刻表に京阪京津線→石坂線への乗り換えは約3分かかります
との注意書きがありました。


T_dsc_7895


T_dsc_78952


そんな当時は、京都三条から石山寺まで直通列車が走って
いました。


T_dsc_7898


T_dsc_78982


最後はかなりかけ離れてしまったので、また再び江若鉄道に
戻ってブログ記事を終わりたいと思います。


江若鉄道から江若交通となってバス部門は今も健在。
営業所は堅田にあります。

江若バスの営業所でグッズ販売が行われています。


T_dsc_6224


ここで、ひとつ疑問点が。
京阪電車の沿線案内図


T_0206_005


坂本以遠は江若鉄道の路線が詳しく記載されていますが、
饗庭駅の手前にある駅の名前が右から読んで船木?


T_0206_0053


安曇~饗庭駅の間にありそうなんですが、今回の企画展に
あわせて出版された書籍を読んでも、思い当たる駅はなく。

また調べるテーマが出来ました。

最後になりましたが、
企画展の会場前にあったのは
このサボを展示するのにふさわしいステージがないかと
思って、所有されている方が客車の車体と同じパネルを
制作されたと学芸員さんから伺いました。


T_dsc_6230


そんないろいろな人の熱意や思い出に包まれた
企画展「江若鉄道の思い出」
会期中何度も足を運んでもその都度新しい発見のあった企画展でした。


« 山王祭・午の神事と日吉榊奉迎祭 2015 | トップページ | 京阪石坂線 瓦ヶ浜2号踏切道 閉鎖後の様子 »

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

楽しく読ませていただきました。
高校の時、文化祭で江若鉄道の歴史を調べた私ですが、この企画を知ったのは
終了後でした。とても残念ですが、写真で楽しませてもらいました。
江若鉄道に乗ったことはありませんが、幼少の頃、その線路跡が浜大津に残っていたのは覚えています。正確には国鉄の線路跡、でしょうか。私の母は若いころにマキノにスキーへ行くのに乗ったことがあるそうです。
京阪浜大津駅(三条方面)も懐かしです。京都や大阪から帰ってきた時、浜大津止まりを降りて、石山寺駅に乗り換えるべく横断歩道を走ったこともしょっちゅうでした。
石山寺発浜大津(東口)行きという電車があったことも知る人も今は少ないですね。ポール時代は知りませんが、昼間に80型が浜大津に来ていたこと、両運転台の260型、使われない方の運転台も機器が残っていたのは覚えています。
ありがとうございました。

K2さま コメントありがとうございます。
貴重なお話しを教えていただいてありがとうございます。

私は浜大津駅が統合される前の姿を辛うじてというか
かすかに覚えている程度なので、多くの利用客で賑わう
浜大津交差点の様子などは写真で偲ぶほかなく、
実際にご覧になった皆さんの思い出話しに耳を傾けています。

また何かの折に、お話しを聞かせていただければ幸いです。
ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 企画展 江若鉄道の思い出~大津市歴史博物館:

« 山王祭・午の神事と日吉榊奉迎祭 2015 | トップページ | 京阪石坂線 瓦ヶ浜2号踏切道 閉鎖後の様子 »

最近の写真

  • T_dsc_3289
  • T_dsc_3294
  • T_img_1800
  • T_img_2726
  • T_img_8153
  • T_p1080585
  • T_img_2656
  • T_img_2710
  • T_img_2666
  • T_p1080576
  • T_p1080570
  • T_p1080609