カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
  • 育てる・伸ばす・豊かにする―出版の保育社
    さまざまなジャンルのカラー図鑑を発行されている保育社さんのホームページです。新版・絶版のカラーブックスがいくつかはまだ出に入るようです。ぜひこちらのリンクからどうぞ
  • カラーブックスの達人
    これまでに保育社から発行されたカラーブックスを達人が取り上げて紹介しています。懐かしいものから、貴重なブックスの内容を知ることができます。
  • 近代建築青空ミュージアム
    街でみかけるすばらしい意匠の建築の数々。Kayoさんの素敵な言葉とともに建物を設計に携わった方々への暖かい心にあふれた紹介をされています。
  • Train Journey トレたび
    JRグループ企画協力している 鉄道・旅行情報ウェブマガジンです。 全国の鉄道・旅行の話題、食べ物、豆知識など 読んでいて楽しい記事が満載です。
  • 大津の京阪電車を愛する会
    京阪電車大津線を応援する会です。 イベント電車の開催や沿線情報紙の発行など いろいろと活動されています。
  • 京阪電車 大津線
    京阪電車大津線の公式サイトです。 大津線のおすすめキップの案内や 沿線イベント案内を紹介しています。
  • でんしゃの似顔絵屋さん
    ほのぼのとした似顔絵屋さんです。 でもほかと大きく違うところが! 似顔絵を電車に乗せてくれます!!
  • あさかぜ
    鉄道模型でDCCについて詳しいブログです。
無料ブログはココログ

« さようなら 特急しなの号 大阪発着列車 | トップページ | 叡山電鉄開業90周年イベントファイナル 八瀬比叡山口駅での車両展示 »

2016/03/21

京阪大津線600形特急色ラストラン 2016.3.21

2016年3月21日京阪大津線を走っていた600形特急色車両が
ラストランを迎えました。


T_img_3427


京阪大津線100周年を記念して2012年より復活した特急色の車両。
約4年間の運行期間の予定となっていまして、
特別塗装が継続されたらいいのにという希望もありましたが、
ついに2016年3月21日に運行を終えました。


運行最終日はおでんde電車としての特別運行でした。
貸切ツアーのようでしたので、午前の部に参加してきました。

よろしければ続きをどうぞ

京阪電鉄系のクレジットカード e-kenet イーケネットにてカード決済による
申し込みと初めてづくしだった600形特急色のラストラン。

私が参加した午前の部は
近江神宮前駅集合
車両撮影会
近江神宮前駅より貸切列車に乗車
近江神宮前→石山寺→京津線四宮→浜大津
という行程でした。

事前に、自宅へ参加証と当日使用できる1日乗車券が
届きました。


T_img_3355


3月13日までは本家おでんde電車として活躍した
703-704号車に乗車して近江神宮前へ。


T_img_3357


受付となる錦織車庫の前に早速テレビカメラで
撮影されている方を見かけて驚きつつも、受付入場を待つ列に
並びます。


T_img_3359


今回の600形特急色ラストランのイベント。
大津の京阪電車を愛する会の会員やその場で入会すると
キャッシュバックされるのも目新しい取り組みでした。


T_img_3366


受付の順番が近づいてきました。


T_img_3367


T_img_3369


受付を済ますとしばらくは次の案内までしばらく
間があります。


こちらも当日購入するとキャッシュバックの特典があった
副標が並べられていました。


T_img_3372


副標それぞれに実際の列車に取り付けられたことを示す
証明書がついているようでした。


T_img_3378


こちらは当日ラストランの列車につく副標。
入札による販売でして、入札箱になっていました。


T_img_3383


T_img_3386


Kマークがふたになっていました。


T_img_3384


副標は正直良く分からないこともあり、列車車両の写真を撮って
待つことにしました。


T_img_6570


T_img_6572


T_img_6580


慌て者ですので、もう特急色の600形車両が気になります。


T_img_6581


最初のスタートの説明を聞きそびれて、参加される皆さんが
移動されるのについていって撮影会会場へ向かいます。


その前には出場試運転が近い、800系車両が止まっていました。


T_img_6809


T_img_6605


撮影会、最初は会員証の色別に時間を区切っての開催でして
私は2番目の回でしたから、しばらく待ち時間がありました。

800系のフロントガラスに映る特急色の姿を撮って待ちました。


T_img_6611


T_img_6613


後組の撮影会が始まりますので会場へ。


T_img_6617


もう2度と見る事がないであろう大津線の特急色を
しっかりと目に焼き付けていきます。


T_img_6619


T_img_6623


T_img_6625


その後時間が来ましたので副標の取り付けが始まりました。


T_img_6628


T_img_6631


側面に移動してサイドビューの写真を撮ります。


T_img_6632


T_img_6633


T_img_6634


そしてお願いして、特急色となれば是非この目で見ておきたかった
種別板が取り付けられている様子。


T_img_6638


せっかくつけていただいたのに、種別板が片開きドアの車両用で
思っているところと違ったけれども、シャッターを切りました。


T_img_6642


T_img_6651


正面に回って副標が取り付けられている様子を撮影しに
向かいます。


T_img_6658


T_img_6644


T_img_6647


特急色ラストランの副標


T_img_6648


特急色が復活する原動力ともなった大津線100周年


T_img_6649


撮影会会場には響けユーフォニアムのラッピング電車も
留め置きされていました。


T_img_6655


特急色の記憶を残そうといろいろと。


T_img_6659


T_img_6661


でもやっぱり種別板の事が頭から離れなくて、
この機会を逃したら後悔するだろうと、声を掛けてしまって
種別板の位置を直していただきました。


両開きドア車両用のサイズの板です、
ぴったりと本来あるべきところに収まります。


T_img_6662


大津線感謝祭で販売されているの買い求めて以来
ただ、所有しているだけの板が、あるべきところにつくと
輝いてみえます。


T_img_6667


T_img_6666


こちらは「準急」


T_img_6678


600形車両となったときに前面は作り変えられていますが
車両の後部は旧来の車両の雰囲気を残していて、
見返り美人ではないですが、連結面よりから見て、
種別板のついた車両の姿。心ゆくまで脳裏に焼き付けました、


T_img_6687


T_img_6674


T_img_6793


603号車側の副標を見に行きます。


T_img_6699


T_img_6700

もう一度604号車側へ


T_img_6708


本線上を桜ラッピングの車両が
駆け抜けていきます。


T_img_6710


特急色車両に取り付けられていた副標が
交換されて、今度は本標「準急石山寺」に取替えられます


T_img_6730


T_img_6735


T_img_6750


副標がびわ湖開きのものに交換されて、本標も今度は
準急三条になりました。


T_img_6757


T_img_6759


どうしても本標との組み合わせ。この顔が思い浮かびます。


T_img_3653


なので、本標を中心にして撮影しました。


T_img_6763


副標が大津線100周年記念のものに差し替えられます。


T_img_6773


T_img_6779


持ち込んだ副標との撮影会が行われていたようでしたが
私はそれよりも特急色を最後まで眺めることにしました。


T_img_6783


T_img_6786


綺麗な青空が広がっていました。


T_img_6802


T_img_6800


まだ未練がましく、最後の最後まで側面の種別板に
思いをはせていました。


T_img_6793_2


T_img_6799


いろいろとわがままを聞いてくださって恐縮するばかりの撮影会。
予定された時刻がやってきて、ラストラン列車に乗るために移動します。


T_img_6818


再び出場間近な800系のところへ


T_img_3406


T_img_6814


待っている間に、豆籐さんからのおでんが到着しました。


T_img_3411


お手洗いなどの休憩もかねての待ち時間。
いろいろと済ませて、残りの時間
80形を眺めていました。


T_img_3415


80形の種別板を取り付ける金具。
いつしか、ここに所有している80形用の種別板をつけてみたい
と思っています。


T_img_3412


80形81号車。
車内の広告が鉄道コレクション発売のものになっているのに
気がつきました。


T_img_3416


T_img_3425


さて、受付のブースであった机。
記念品となるミニチュアのヘッドマークが飾ってあります。


T_img_3429


T_img_3427_2


最初のときと同じく、車庫の奥で出発を待つ600形特急色の
姿を眺めます。


T_img_6821


列車の運転士さんが車両の状態を確認されています。


T_img_6843


貸し切り列車乗車のためにホームへ移動する時間も
気になるところですが、特急色600形車両が車庫内を
移動し始めました。


T_img_6860


T_img_6867


T_img_6873


T_img_6888


ここで、ホームへの案内。移動が始まります。


T_img_3431


T_img_3432


初めての近江神宮前駅発のおでんde電車。

車内にはこんなラストランマークが。


T_img_3433


豆籐さんのおでんにおつまみ弁当です。


T_img_3438


お飲み物券もいつもと一緒です。


T_img_3436


T_img_3439


いつもと同じと油断してついうっかりと、おでんにお弁当。
写真に撮らずに箸をつけてしまい、記録し忘れました・・・。


急がなくてもいいものですが、慌てておでんを食べ始めたところで
列車は三井寺駅を過ぎて、浜大津手前、川口公園の
辺りに差し掛かりました。


T_img_3442


この辺りで車内の飾りつけを見渡す余裕が出来てきました。


T_img_3444


お昼ごはんどきを走るおでんde電車。


T_img_3446


ランチコースも悪くないのでは?と思いながら、列車は石山寺へ。


T_img_3447


列車ダイヤの都合上、停車時間1分で折り返し、
おでんde電車初の京津線乗り入れ、四宮を目指します。


T_img_3450


車内には特急色にあやかり、京阪線の特急車両のポスターが
飾られていました。


T_img_3451


京阪石山を過ぎてJR線を乗り越えるところで、
車窓を眺めているとレールの敷石が綺麗になっているのに気がつきました。


T_img_3458


石山寺へ向かう途中ぐらいでおでんもお弁当も食べ終わり、
テーブルの上には飲み物引換券が残りました。


T_img_3457


私が乗った車両と違う車両に案内されるスタッフさんが
マイクを持っていらっしゃいました。


T_img_3467


そこに運転席から特急色車両の思い出として貴重なお話が
紹介されていました。
アルコールの入った賑やかな車内ではありましたが、私は
ジッと耳を傾けて聞いていました。

圧巻は、三条発石山寺行き急行の車内アナウンスの復刻。
これには感動でした。



急行停車駅の案内、今はない
東山三条・蹴上・九条山・日ノ岡の駅名を
ここで聞く事が出来たのは感無量です。


京阪大津線に特急色の車両が走っていたのは
1981年までと思っていますが、その当時の時刻表など


T_scan006


当時の駅構内案内図


T_scan005


三条駅


T_scan0051


浜大津駅


T_scan0052


当時の大津線時刻表


T_scan002


急行列車の案内


T_img_3652


当時の大津線主力車両


T_img_3653_2


いろいろなものがこみ上げてくるアナウンスでした。

さて、話を特急色ラストランに戻して。
石山寺を出発した600形特急色ラストラン列車。

浜大津からは京津線に乗り入れて、四宮駅を目指しています。


T_img_3477


逢坂山トンネルに差し掛かります。


T_img_3489


初めての経験、車内灯を消灯してトンネルを通過していきます。


T_img_3493


トンネルを越えれば大谷。
うなぎの老舗かねよさんの看板ともお別れです。


T_img_3494


四宮に到着。
ここでは大津の京阪電車を愛する会の落語電車とは違って、
一旦、皆さん下車しました。


T_img_3502


そのおかげで、四宮の折り返し線に入線する特急色の600形を
撮影する事が出来ました。


T_img_6937


T_img_6944


もう2度と特急色が四宮に来ることないだろうかと
思いながら。


T_img_6953


T_img_6973


T_img_6981


T_img_6992


T_img_7018


車内にはこのような飾りつけがありました。


T_img_7011


T_img_7027


T_img_7012


四宮駅での休憩も終わり、扉が閉まるとラストランも
残すは浜大津への行程だけとなりました。


T_img_3511


T_img_3514


T_img_3516


再び漆黒の逢坂山トンネルへ


T_img_3543


T_img_3544


T_img_3545


T_img_3547


あっという間にラストランも最後の併用軌道区間へ。


T_img_3563


車内では三本締めが行われているところ。それに至るまで
いろいろとハイタッチや握手などが行われていました。


T_img_3566


浜大津に到着。
撮影会とおでんde電車が一緒になった600形特急色ラストランが
終わりました。


T_img_3575


浜大津駅の折り返し線に引き上げた特急色600形
なんと横を比叡山などのフル写真ラッピングの車両が
通過していきました。


T_img_7029


T_img_7032


折り返し線に止まる600形特急色


T_img_7036


ふと、こんなところでとっている場合ではないなと
坂本行き列車に乗り込みました。


T_img_7040


後続に錦織車庫へ引き上げる特急色車両が
続いてきます。


T_img_7048


近江神宮前まで乗車した列車。


T_img_7053


入庫する特急色が到着しました。


T_img_7054


T_img_7057


石山寺方にも運転士さんが乗り込んで、引き上げ転線作業が
行われます。


T_img_7058


T_img_7063


T_img_7067


折り返して車庫へ入庫する姿を見送って
私の京阪大津線特急色ラストランを終えました。


T_img_7071


長くなりましたが最後までご覧頂いてありがとうございます。
ラストランを企画された皆様におかれましては、このような
最後に思い出に残るイベントを開催していただきまして
本当にありがとうございました。


T_img_3639


« さようなら 特急しなの号 大阪発着列車 | トップページ | 叡山電鉄開業90周年イベントファイナル 八瀬比叡山口駅での車両展示 »

「趣味」カテゴリの記事

「鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
楽しく読ませていただきました。
特急色、4年間限定だったのですね。
導入当時、鉄道に興味のない石山の実家在住の両親は
「京阪本線の特急が石坂線を走っている!車両の大きさ違うやろうによく走らせたなあ」
と言ってました。(笑)
昔は特急色の準急に乗って三条経由で大阪までよく行きました。それと坂本行きにも普通に充当されていたと思います。
方向板懐かしいですね。ミニチュアやシールは持ってます。そういえば石山寺を発車した電車が方向板を帰るのを忘れていたのを駅員さんが身振り手振りで知らせ、車掌さんがあわてて窓を開け、方向板の向きを変えたのをみたことがあります。
特急色も美しいですが、緑の普通?色も美しいです。本線では見られなくなったあの塗装が石坂線で見られるのは嬉しいです。本線の電車、は元の塗装に戻してほしいと常々思っております。
また楽しい記事を楽しみにしております。

K2さま いつもコメントありがとうございます。
大津線100周年記念で甦った特急色。

あっという間に4年がたった気がします。
まさか再び大津の町に大津線に特急色が走るのか!と
思ってから、ずっと走り続けてもらえるかと願っていましたが
車両の定期点検の都合で残念ながらラストランを向かえ
本当にさびしい限りです。

最後の撮影会にて側面の種別板を取り付けて撮影する
事が出来て感無量でした。

緑の塗装は特に桜のシーズンにはよく映える素晴らしい
配色だと思いますし、四季折々、いろいろな風景に
マッチする塗装だと思います。これからもずっと
残って走り続けて欲しいと思います。

またこれからもよろしくお願いいたします

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12088/63378447

この記事へのトラックバック一覧です: 京阪大津線600形特急色ラストラン 2016.3.21:

« さようなら 特急しなの号 大阪発着列車 | トップページ | 叡山電鉄開業90周年イベントファイナル 八瀬比叡山口駅での車両展示 »

最近の写真

  • T_img_3558
  • T_img_3550
  • T_img_3548
  • T_img_3544
  • T_img_3535
  • T_img_3522
  • T_img_3519
  • T_img_3514_2
  • T_img_3514
  • T_img_3496
  • T_img_3485
  • T_img_3484