最近のトラックバック

カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
  • 育てる・伸ばす・豊かにする―出版の保育社
    さまざまなジャンルのカラー図鑑を発行されている保育社さんのホームページです。新版・絶版のカラーブックスがいくつかはまだ出に入るようです。ぜひこちらのリンクからどうぞ
  • カラーブックスの達人
    これまでに保育社から発行されたカラーブックスを達人が取り上げて紹介しています。懐かしいものから、貴重なブックスの内容を知ることができます。
  • 近代建築青空ミュージアム
    街でみかけるすばらしい意匠の建築の数々。Kayoさんの素敵な言葉とともに建物を設計に携わった方々への暖かい心にあふれた紹介をされています。
  • Train Journey トレたび
    JRグループ企画協力している 鉄道・旅行情報ウェブマガジンです。 全国の鉄道・旅行の話題、食べ物、豆知識など 読んでいて楽しい記事が満載です。
  • 大津の京阪電車を愛する会
    京阪電車大津線を応援する会です。 イベント電車の開催や沿線情報紙の発行など いろいろと活動されています。
  • 京阪電車 大津線
    京阪電車大津線の公式サイトです。 大津線のおすすめキップの案内や 沿線イベント案内を紹介しています。
  • でんしゃの似顔絵屋さん
    ほのぼのとした似顔絵屋さんです。 でもほかと大きく違うところが! 似顔絵を電車に乗せてくれます!!
  • あさかぜ
    鉄道模型でDCCについて詳しいブログです。
無料ブログはココログ

« 琵琶湖線大津駅 リニューアルオープン2016年10月 | トップページ | 2016年 大津祭 本祭を見てきました »

2016/10/10

2016年 大津祭 宵宮を見てきました。

2016年10月8日・9日にかけて大津祭が行われました。
2016年3月に国の重要無形民俗文化財に指定されて
初めて迎えた大津祭です。


T_dsc_1213


大津祭のポスターはここ数年、曳山に乗っている
からくり人形がメインビジュアルになっています。


よろしければ続きをどうぞ

大津祭、滋賀県庁前にある天孫神社の例祭です。

2016年の曳山巡行の順番を記した巡行表が境内に
掲げられていました。


T_dsc_1742


大津祭宵宮が始まる少し前の町内。
今年は天気が心配されたので、どこのご町内も
ご苦労されているようでした。


T_dsc_1728

雨よけのテントが曳山の上に設置されています。


T_dsc_1824


大津祭を盛り上げるためにお祭が始まる前から
いろいろと催しがあり、2016年は玄関口でもあるJR大津駅
の駅ビルが改装オープンしたことにあわせて曳山が
特別にJR大津駅前に展示されました。


T_dsc_1504


2016年10月1日に改装オープンしたJR大津駅
10月2日に大津祭の曳山が一基展示されました。


T_dsc_1527


お囃子の演奏も行われました。


T_dsc_1545


JR大津駅の改装工事中だったためか、大津祭マスコット
キャラクターのちま吉くんのポスターや大津祭告知の案内が
登場しませんでした。
しかし、大津祭へ向かう方への足となる
京阪石坂線・京津線の車両内には、ちま吉くんがメインの
大津祭ポスターや、お祭当日までのイベント案内などが
掲示されていました。


T_dsc_1757


京阪浜大津駅も駅舎工事が行われていますが、
駅の窓口は綺麗に一新されて始めて迎える大津祭です。
浜大津駅入り口です。


T_dsc_1747


改札前にも曳山の名前を記した提灯が飾られます。


T_dsc_1789


T_dsc_1745


京阪電車の駅で見かけた大津祭ポスターです。


T_dsc_1790


京阪大津線車内で掲示されていた大津祭
ちま吉くんを含めた大津祭PRポスターです。


T_dsc_1761


T_dsc_1768


T_dsc_1772


T_dsc_1773


京阪大津線といえばラッピング車両。
車内もラッピングされている車両と大津祭ポスターとの
取り合わせです。


T_dsc_1774


T_dsc_1780


曳山町内を回る前にちま吉センターへ。

T_dsc_1816


10周年を記念してオリジナルグッズもたくさん増えて販売されると
聞いて楽しみにやってました。


T_dsc_18191


グッズ販売コーナーのほかに、
スタンプラリーのゴール地点にもなっていました。


T_dsc_1820


T_dsc_1817


マスコットキャラクターのちま吉くんも登場して
10年。いろいろと仲間が増えています。
ここ数年、大津祭を楽しんでもらうためにクイズラリーが行われて
います。


T_dsc_1779


記念品をいただけるのは高校生以下の皆さんなので、
私はもらう権利はないのですが、スタンプ帖に押して
回りました。


クイズ出題ポイント


T_dsc_1791


スタンプはこんな感じで、2択のクイズ、
正解の方のキャラクターを押していく方法でした。


T_dsc_1950


T_dsc_1951


ようやくここで、曳山と宵見飾りを行われている各町内を
見て回ります。夕刻近く、
宵宮飾りの大提灯がそろそろ準備され始める頃合いです。


T_dsc_1804


順不同ですが、宵宮の各町内の様子です。

猩々山

T_dsc_1826


T_dsc_1828


曳山が無くなっているけども装飾品が残る
神楽山。国の無形重要民俗文化財指定を記念して
粽が復活していました。


T_dsc_1829


T_dsc_1835


T_dsc_1837


神功皇后山


T_dsc_1838


T_dsc_1843


湯立山


T_dsc_1847


T_dsc_1851


西行桜狸山


T_dsc_1855


T_dsc_1856


龍門滝山
私が訪れるのが早くこちらはまだ準備中でした。
こんな表札のようなたて看板。かっこいいものです。

T_dsc_1860


龍門滝山の人形飾りは撮り忘れてしまいました。


西宮蛭子山


T_dsc_1863


T_dsc_1861


続いては宵宮飾り、人形飾りだけの布袋


T_dsc_1868


ここしばらく足を運んでいなかったのですが、
久しぶりに見てみると、行灯が出ていたりして
パワーアップしているようでした。


T_dsc_1864


T_dsc_1865


布袋さんの手ぬぐい

T_img_0344


殺生石山


T_dsc_1869


こちらも人形飾りは撮り忘れています。

続いては、大津祭が国の重要無形民俗文化財に
指定された記念に2016年、約50年ぶりに巡行が
復活する神輿。これまでは宵宮飾りだけでした。


T_dsc_1877


T_dsc_1880


旧東海道沿いに並ぶ3基の曳山
郭巨山 源氏山 月宮殿山


T_img_0345


郭巨山


T_dsc_1873


T_dsc_1942


源氏山


T_dsc_1891


T_dsc_1886


月宮殿山


T_dsc_1904


T_dsc_1898


T_dsc_1899


月宮殿山の町家の隣にある教会。
ちょっとした休憩が出来るようにカフェとして
開かれていました。


T_dsc_1907


最近、建築された当初の意匠に復元されたと
伺った教会の建物。
ステンドグラスが綺麗に輝いていました。


T_img_0349


月宮殿山まで来れば、京阪電車の京津線の線路と近く、
ここで宵宮だけの提灯飾りと京阪電車とを一緒に撮ろうと
宵宮周りを少し休憩します。


T_dsc_1909


浜大津行き列車が通過していくときに
マグレで撮れたような写真。


T_img_0353

T_img_0355


味を占めて、京都方面行き列車も同じ様に
電車の窓越しに宵宮飾りの提灯を撮影しようと
チャレンジしました。
京津線では唯一のラッピング車両が通りました。


T_img_0358


T_img_0377


動画でもどうぞ。スマートフォンの手持ちです。



随分と時間を費やして宵宮の曳山めぐりを再開。


T_img_0410


商店街の中にある西王母山


T_dsc_1913


T_dsc_1799


孔明祈水山


T_dsc_1922


T_dsc_1915


最後は石橋山


T_dsc_1929


T_dsc_1926


ここの曳山も京阪京津線の線路に近く、
また、路線バスの運行ルートの道に曳山が展示
されるので、バスと曳山をあわせてみる事が出来ます。


T_dsc_1933


T_dsc_1935


こちらも動画でどうぞ。京阪京津線の列車と曳山のお囃子演奏



毎年のことながら、写真だけを撮りに回って大津祭宵宮を
巡るのを終えました。

2016年は宵宮~本祭朝にかけての豪雨には皆さん本当に
ご苦労されたことと思います。
本祭の午前中も少し天気が悪い中での曳山巡行になりました。

ブログでは別の記事で本祭の様子を紹介したいと思います。
が、先に一部だけですが、約50年ぶりに巡行復活した
御神輿の様子です。


T_img_0778


T_img_0787


T_img_0800


あとは電車も。こちらも復刻塗装の80形カラーとなった石坂線
列車と大津祭曳山。


T_img_0762


最後までご覧頂いてありがとうございました。


大津祭 本祭の様子は別途記事します。
またよろしくお願いいたします。

« 琵琶湖線大津駅 リニューアルオープン2016年10月 | トップページ | 2016年 大津祭 本祭を見てきました »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

「鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12088/64327287

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年 大津祭 宵宮を見てきました。:

« 琵琶湖線大津駅 リニューアルオープン2016年10月 | トップページ | 2016年 大津祭 本祭を見てきました »

最近の写真

  • T_66232
  • T_img_6906
  • T_img_6901
  • T_img_6900
  • T_img_6899
  • T_img_6846
  • T_img_6845
  • T_img_6844
  • T_img_6842
  • T_img_6825
  • T_img_6812
  • T_img_68081