カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
  • 育てる・伸ばす・豊かにする―出版の保育社
    さまざまなジャンルのカラー図鑑を発行されている保育社さんのホームページです。新版・絶版のカラーブックスがいくつかはまだ出に入るようです。ぜひこちらのリンクからどうぞ
  • カラーブックスの達人
    これまでに保育社から発行されたカラーブックスを達人が取り上げて紹介しています。懐かしいものから、貴重なブックスの内容を知ることができます。
  • 近代建築青空ミュージアム
    街でみかけるすばらしい意匠の建築の数々。Kayoさんの素敵な言葉とともに建物を設計に携わった方々への暖かい心にあふれた紹介をされています。
  • Train Journey トレたび
    JRグループ企画協力している 鉄道・旅行情報ウェブマガジンです。 全国の鉄道・旅行の話題、食べ物、豆知識など 読んでいて楽しい記事が満載です。
  • 大津の京阪電車を愛する会
    京阪電車大津線を応援する会です。 イベント電車の開催や沿線情報紙の発行など いろいろと活動されています。
  • 京阪電車 大津線
    京阪電車大津線の公式サイトです。 大津線のおすすめキップの案内や 沿線イベント案内を紹介しています。
  • でんしゃの似顔絵屋さん
    ほのぼのとした似顔絵屋さんです。 でもほかと大きく違うところが! 似顔絵を電車に乗せてくれます!!
  • あさかぜ
    鉄道模型でDCCについて詳しいブログです。
無料ブログはココログ

« 京阪80形復刻カラー 700形登場 | トップページ | 京阪5000系 5扉→3扉変換作業 »

2016/11/03

京阪大津線感謝祭2016 出かけてきました。

2016年11月3日 京阪石坂線の近江神宮駅横にある
錦織車庫・工場にて大津線感謝祭が行われました。


T_img_0253


毎年の一番の楽しみにしている鉄道施設の一般公開です。
普段から京阪大津線の車両はいろいろと見てきていますが
一般公開で車両とあうのはまた違った魅力があります。

ここ数年(?)、京阪大津線感謝祭のポスターが
JR琵琶湖線の駅でも見かけるようになりました。

写真はJR膳所駅です。


T_img_0212


大津駅でもポスターの掲示は見ていましたし、京阪電車の駅で
配布されているチラシもJRの駅でも配布されていました。


感謝祭当日の11月3日。
今年は近江神宮前駅に着くのが午前10時の開門ぎりぎり
ぐらいの時間になるかなというような電車に乗って出かけます。


感謝祭へ向かう人で満員となった坂本行き列車でついた
近江神宮前駅。もう感謝祭の入場門は開いたあとでした。


T_img_0180


びわ湖大津観光大使のお二方とおおつ光くんの
お迎えがあって展示会場へ目指します。


Dsc_3089


T_img_0186


今年は出張で大津の京阪電車を愛する会の感謝祭に
参加できなかったので、ここで大津線感謝祭の電車でゴー
運転操作体験の抽選申し込みをしてみてもいいかなと
思いつつも、それよりも先に出かけたのは80型の
写真展示コーナーでした。


T_dsc_3081


T_img_0091


T_dsc_3093


今まで、鉄道書籍か大津線100周年の記念事業で大津パルコでの
展示だったかどこで見たのか忘れてしまいましたが、
80型 81号車と82号車が今ではもはや「伝説」と言っていいような
鉄道ネットワークを通して搬入されたことは知っていましたが、
その輸送途上の写真はいまだかつて見た事がなく、今日の展示で
初めて見るものばかりでとても感動と興奮しました。


T_img_0049


T_img_0053


国鉄のSL蒸気機関車の向きを変える転車台に乗っている
京阪の車両は初めて見ました。


T_img_0047


近鉄の橿原神宮前駅構内で輸送用の狭軌台車から
広軌の台車に履き替えている作業中の様子。


T_img_0055


この80型の台車。今でも少しばかりですが
工場の検査用の仮台車として京阪のレールの上に
のって活躍しています。


T_img_0033


仮台車も美しく再塗装されているのは初めてみました。
手前の大きな台車は以前教わった、クレーン試験荷重用に
なった京阪線の車両用の台車。


T_img_0039


80型も1997年10月11日で営業運転を終えました。


T_img_0073


来年でもう20年になりますね。
80型の写真はここにご紹介した以外にもたくさんありました。


同じ建物では鉄道模型の体験運転コーナーがありました。


T_img_0080


浜大津駅から降りて少し歩いたところにある
商店街の中で鉄道模型のイベントが行われるそうです。


T_img_0079


実物車両の展示としては
一番奥に響けユーフォニアムのラッピングの車両が
展示されていました。


T_img_0088


車内にはこれまで(?)電車の前面を飾った副標や
登場人物の等身大のパネルが飾られていました。


T_img_0081


T_img_0083


T_img_0086


T_img_0164


ユーフォニアムの車両が止まっている線路では電チャリの
体験コーナーも同じ線路の上でした。


T_img_0082


今年の電車でゴー。
運転体験の車両は700形707-708号車でした。


T_img_0087


プラレールを使ったプレゼントがあたる催しコーナー。
看板だけをみて実際のプラレールの様子は写真に
取り忘れました・・・。


T_img_0089


点検用ピットのある線路に止まっていたのは
検査を終えて出場間近な703-704号車です。


T_dsc_3083


T_img_0090


ここしばらく、鉄道模型で色を塗るような作業をしていないのですが
私が模型車両を製作するのにイメージしているのはこの
検査を終えてピカピカとなった車両。
しばらくゆっくりと眺めています。


T_img_0122


模型作りの参考にと思って、綺麗な姿の台車の写真。


T_img_0236


一昨年の大津の京阪電車を愛する会が発行している
おおつけいはんタイムスで取り上げた、電車の警笛。
ラッパのような部品もそのとき教えていただいたことを
思い出しながら眺めていたら、700形のスカート。
排障器の上に溶接しているのかと、今更ながら
気づきました。


T_img_0241


ちょっとした自分自身のなかで完結するような感動です。

さて、工場の中で一番賑やかな音がしている、踏み切り警報機
などの設備の動作体験が出来るコーナーです。


T_img_0101


一番手前に見えるのが電車のモーター 主電動機。


T_img_0096


学校で習ったときに「ふくまき」か「ふくけん」か読み方が
解らずにいましたが、解説シートには「ふくけん」と書いて
ありました。


T_img_0098


展示物の間に入っても良かったのかどうか分かりませんが
電動機の銘板が気になったので写真に撮りました。


T_img_0106


1994年製と刻印されています。


隣は800系の連結器です。


T_img_0103


連結器に台車と同じ住友金属のマークがあるように
見えたのですが実際はどうなんでしょうか?


T_img_0102


今年の展示で初めてお目にかかった800系
運転台の遮光カーテン。
実際に自分の手で操作できるとは、思っても見なかったので、
とてもうれしくなり、スイッチ操作と録画は両立できませんでしたが
感動の記録です。


T_img_0107


T_img_0159


カーテンが巻き上がる動画です。



800系の部品が多かったように思えた今回の展示。
車内の停車駅案内の表示器も登場時の蛍光灯式の
ものがさりげなく置かれていました。


T_img_0117


今の800系はこのようなLED式になっています。


T_img_0154


車内通話装置や速度計、ラインデリアも展示
されています。運転台のモニター機器は取り忘れました。


T_img_0108


T_img_0118


こちらも思わず体験したくなる機器が備わっていた
パネル。
前照灯や車幅灯、車内通話装置の体験が出来ました。


T_img_0111


その中でも一番体験したかったものがありました。


T_img_0110


単打ベルです。
車掌さん・運転士さんがドアを閉めるときに鳴らす合図。
小さい頃からこのベルを鳴らす姿にあこがれてきました。

伝える内容によって
いろいろと鳴らし方にもルールがあるようですが、
他のお客さんもいらっしゃったので「チン・チン」と
2回だけ押してきました。


T_img_0112_2


振り返ると、たくさんのお客さんが並んでいた
ホーム転落検知・踏切・信号機の操作が出来る
コーナーがありました。


T_img_0113


T_img_0114


T_img_0115


T_img_0116


大きくて賑やかな装置でもあるので
たくさんの方が並ぶ人気のコーナーになっていました。


80型の昔の写真で感動を覚えていたところに
80型復刻塗装の700形701-702号車の展示をみます。


T_img_0032


T_img_0177


80型の形見ともいえる工場用の仮台車。


T_img_0126


T_img_0034


80型復刻塗装の車両についている副標です。


T_img_0128


T_img_0131


T_img_0135


京阪電車の車窓から見える本来の80型は
81号車のこのカットモデルだけとなってしまいました。


T_img_0249


お昼どきには少し早かったですがまだ空いている時間に
感謝祭の中で食事をとる事にしました。


おいなりさん3ヶと豚うどん。


T_dsc_3089


おいしいうどんでした。


T_dsc_3090


そのあとは洗車でゴー。
800系の洗車体験のコーナーへ向かいました。


T_img_0142


T_img_0144


電車でゴー。運転体験用の線路を横切ります。


T_img_0146


先頭と最後尾のクロスシートの車両はもう満席近かったので
真ん中のロングシートの車両の座席へ。


T_img_0148


電車が洗車機を通る様子はこちらの動画でどうぞ。

往路



復路


外からはこんな感じです。


T_img_0168


電車800系が洗車機に入っていくところです。


T_img_0172


T_img_0173


ちょうど電車でゴーの体験運転されている車両と
すれ違いました。


T_img_0174


ちはやふるラッピングの車両も感謝祭で
展示されていました。

T_img_0141


T_img_0252


大津市観光の一押しのちはやふる。
なりきり衣装の貸し出しも行われていました。

観光大使の方も競技カルタの衣装を着て
いらっしゃいました。


Dsc_3089_2


ちはやふるのラッピング車両。
架線の線路にて展示されていましたので、工場内の
車両の入換を行う車両も合わせて展示されているような
様子です。


T_img_0158


T_img_0139


80型復刻塗装の700形とは向かい合わせです。


T_img_0178


車内では運転台に入る事が出来ましたが
たくさんの方が待っていらっしゃったので、
営業運転のときを変わらないような視点です。


T_img_0259


T_img_0266


感謝祭ならではで、近江神宮前駅折り返し電車の姿を
この位置から眺めています。


T_img_0263


こちらもあまり見ることなく過ごしていたのですが
電車でゴーの抽選・当選の発表。
こんなにたくさんの方が発表を待っていらっしゃるとは
驚きでした。


T_img_0224


ご当選された方々が電車へ向かうところです。


T_img_0238


だんだんと終わりに近づいてきた感謝祭。
ミニ京阪電車も頑張っています。


T_img_0184


物品販売のコーナー。
開場当初からお客さんの列は長く続いて、終了間近に
やっとのぞく事が出来ました。


T_img_0225


京阪線の京都方の車庫があった駅、深草にはとても心が
ひかれたのですが、今日は眺めるだけにしました。


T_img_0227


今年は都合で夏に開催される大津の京阪電車を愛する会の
感謝祭には参加できなかったので、1年ぶりの大津の
京阪電車の感謝祭になりましたが本当に楽しめました。

T_img_0187


T_img_0196


会場にてお世話になった皆様 本当にありがとうございました。

« 京阪80形復刻カラー 700形登場 | トップページ | 京阪5000系 5扉→3扉変換作業 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

「鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12088/64439429

この記事へのトラックバック一覧です: 京阪大津線感謝祭2016 出かけてきました。:

« 京阪80形復刻カラー 700形登場 | トップページ | 京阪5000系 5扉→3扉変換作業 »

最近の写真

  • T_img_3558
  • T_img_3550
  • T_img_3548
  • T_img_3544
  • T_img_3535
  • T_img_3522
  • T_img_3519
  • T_img_3514_2
  • T_img_3514
  • T_img_3496
  • T_img_3485
  • T_img_3484