最近のトラックバック

カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
  • 育てる・伸ばす・豊かにする―出版の保育社
    さまざまなジャンルのカラー図鑑を発行されている保育社さんのホームページです。新版・絶版のカラーブックスがいくつかはまだ出に入るようです。ぜひこちらのリンクからどうぞ
  • カラーブックスの達人
    これまでに保育社から発行されたカラーブックスを達人が取り上げて紹介しています。懐かしいものから、貴重なブックスの内容を知ることができます。
  • 近代建築青空ミュージアム
    街でみかけるすばらしい意匠の建築の数々。Kayoさんの素敵な言葉とともに建物を設計に携わった方々への暖かい心にあふれた紹介をされています。
  • Train Journey トレたび
    JRグループ企画協力している 鉄道・旅行情報ウェブマガジンです。 全国の鉄道・旅行の話題、食べ物、豆知識など 読んでいて楽しい記事が満載です。
  • 大津の京阪電車を愛する会
    京阪電車大津線を応援する会です。 イベント電車の開催や沿線情報紙の発行など いろいろと活動されています。
  • 京阪電車 大津線
    京阪電車大津線の公式サイトです。 大津線のおすすめキップの案内や 沿線イベント案内を紹介しています。
  • でんしゃの似顔絵屋さん
    ほのぼのとした似顔絵屋さんです。 でもほかと大きく違うところが! 似顔絵を電車に乗せてくれます!!
  • あさかぜ
    鉄道模型でDCCについて詳しいブログです。
無料ブログはココログ

« 京都国際写真祭2017  | トップページ | 京阪淀駅 競馬開催時の臨時特急ほか  »

2017/05/06

京都鉄道博物館 お仕事体験と初の電車展示 105系500番台

今年4月29日で開館1周年を迎える京都鉄道博物館。

それを前にして4月21日から24日まで、博物館と
営業線がつながっている展示線に京都博物館
初めての現役の電車車両展示として105系が
展示されました。


T_img_3791


105系電車には思い入れがあるのと、展示車両にて
車両や修理のお話があるというので駆けつけました。

京都鉄道博物館。開館1周年セレモニーにあわせて
いろいろな特別公開などが計画されています。


T_img_3864


ただ、この日入館した私は、105系電車の展示しか
目が無く、まっしぐらに105系電車のある展示場へ。


T_img_3820


105系電車の展示の他、また月を改めてこれからも
様々な車両が展示される計画だそうです。


T_img_3716


今回展示されている105系500番台車両の説明です。


T_img_3717


さて、今回の催しの案内です。


車両のうらがわ探検隊。
車両検査の一部を体験できるものでした。
年齢制限が無かったので参加することにしました。


T_img_3718


到着したときにはまだ間に合ったので、
すぐに受付を済ます事が出来ました。


T_img_3719


常設展示されているトワイライトエクスプレスの客車の
横に展示された105系電車。


T_img_3720


私はお仕事体験に通電試験を選びました。


T_img_3729


こちらの階段から
待合室代わりにもなった105系電車へ。


T_img_3721


先に受付を済ませて待っていらっしゃる参加者の皆さん。
説明をされているのは吹田工場という名前がいまだにしっくり
しますが、いまは吹田総合車両所の社員さんです。


T_img_3723


車両内には105系電車の説明や電車の基礎知識の
ポスターが掲示されていました。


T_img_3722


T_img_3732


T_img_3735


T_img_3736


105系電車の履歴もポスターになっていました。
年号でちょっとあれ?と思うところがあったので
あとで説明を担当されていた社員さんに尋ねてみました。


T_img_3740


この展示線。もちろん架線が無いので、電車の照明がなく、
吹田総合車両所から持ってきた携帯用蛍光灯で車内を照らして
いました。


T_img_3725


それでも暗いと思って親切心で、EF66の前照灯をつけて車内灯がわり
になっていました。


T_img_3818


EF66機関車にてらされた105系電車の室内です。


T_img_3758


お仕事体験の順番が来るまでの間は
いろいろなフリートークや電車をさわっても良いということでしたので
まずは、見慣れない機器が付いていたので尋ねました。


T_img_3744


運転記録装置。ドライブレコーダーとの説明でした。

T_img_3745


運転席のこちらに記録用カメラが設置されています。

T_img_3746


105系500番台車両。改造に継ぐ改造であと付け部品が
たくさんあり、工場に定期検査にやってくるときには
大変苦労が多いようです。


T_img_3747


T_img_3751


冷房装置も付いていますが、簡易改造といった感じのバス形クーラーを
改造した設備です。


T_img_3738


紀勢線(きのくに線)の運用もあるためか、地震(津波)からの災害避難用に
はしごが備えつけられています。


T_img_3748


待っている間、窓の説明にいたって、戸袋窓が残っている車両は
もうかなり少なくなっているという説明、そして窓が全開できることも。


T_img_3737


さわっても良いということでしたので、営業中にはなかなかもう
出来ることない、窓を全開にする。窓から顔を出してみるということを
やってみました。


窓を開ける。


T_img_3759


T_img_3765


窓から顔を出す。

T_img_3763


T_img_3762


まだ、顔を出していました。


T_img_3761


ついに順番が来てしまったので105系電車から降りる
ことになりました。


お仕事体験で選んだのは通電試験。
何を試験するのかといえば、ジャンパー線の試験でした。


T_img_3766


多芯ケーブルとなっているので、全部の線がつながっているか、
導通があればベルがなるというものです。


T_img_3768


鉄道模型の部品パーツ言えば、ジャンパー線よりも
線をつなぐ、ジャンパ栓のほうがなじみがありますが、
どのぐらいの周期で交換するのかとか、手短に質問
して、へぇというという事があって、まだまだ知らない事が
多いなと思ってお仕事体験も次の人へ。


入場ゲートから真っ先に105系電車へ駆けつけたので
ここで展示されている車両をじっくりと観察していきました。


T_img_3770


早速ジャンパ栓を見ようと思った矢先にあれ?と
思った部品が連結器についていました。


T_img_3773


車内での説明で、梅小路構内からはディーゼル機関車にて
牽引、押してきたという話がすぐに思い出されて、機関車の
連結器と電車の連結器は違うのでそのアダプター。


現物をこんな間近に見るのは初めてです。


T_img_3775


この部品に掘り込んだ文字があったのですが
さすがに聞きそびれました。


T_img_3776


車両側の受けにジャンパ栓。


T_img_3774


最近は電気連結器というのがあって、ジャンパー線をつなぐ事は
中間部のところぐらいのが多くなりました。

T_img_3785


この展示線には屋根を見ることのできる点検台も展示コースに
なっているので鉄道模型車両を作る視点でいろいろと観察
しました。普段は駅のホームとかから結構苦労して撮っています


T_img_3794


T_img_3796


T_img_3804


国鉄時代に中間車から運転台ブロックを接合して
先頭車になった車両。その痕跡や屋根の上に残っています。


T_img_3811


105系電車の展示場にあまりに長くいたためか、お昼どきも
過ぎていて、レストランが空いていたので、初めてここで
昼食をとることにしました。


かつてブルートレインの食堂車でまかない食として
乗務員さんに提供されていたはちくまライス。


T_img_3832


1周年記念イベントは他にも行われていて新幹線500系
車両の運転台公開も行われていましたが、私は外から見るだけで
失礼しました。


T_img_3865


屋外のテラスから。


T_img_3898


アサヒカメラという写真雑誌に紹介されていた
ポイントをまねして撮影してみました。


T_img_3897


そんななか、見慣れない色の機関車が止まっているが
みえました。


T_img_3901


扇形車庫まで来ると、いつもか庫内に展示されている
静態保存機の9633号機が屋外に出ていました。


T_img_3924


京都鉄道博物館をあとにして、4月も終わり掛けでしたが
まだ八重桜が見頃を迎えていました。
市電ひろばの市電をみて家路に着きました。


T_img_3937


T_img_3944

« 京都国際写真祭2017  | トップページ | 京阪淀駅 競馬開催時の臨時特急ほか  »

「趣味」カテゴリの記事

「鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
今は大阪の某市に住んでいますが京都鉄道博物館は未だに行っていませんが、色々イベントが会って楽しそうですね。車掌体験などしてみたいものです。
前身の梅小路、弁天町は何度も行ったことあります。自分が子供から大人になる頃に走っていた車両が博物館に展示されているのは複雑な思いがあります。
105系は奈良県五條市に数年住んだことがあり、よく乗りました。北宇智のスイッチバックを含め、よい思い出ですが、乗り心地はお世辞にも褒められた物ではなく、五条から和歌山まで乗車したときは疲れ果てました。

こんにちは。
先日、7両編成の快速特急洛楽で三条から先頭車に乗りました。そのとき、淀駅高架化完成以来(多分)初めて同駅を通過しました。臨時らしい急行が止まっていましたが、駅がドーム型で綺麗になったことにも驚きました。昔を知る者としては隔世の感がありますね。
淀には94年~95年に駅の近くに住んでいました。通勤は車でしたが、いつも地上時代の駅舎を見ながら踏切を越えて、駐車場へと向かっていました。早朝、特急マークを隠した3,000系、行き止まり式ホームから出る始発電車などをよく見かけました。また、私用では淀駅から京都や大阪の都心に出かけていました。
5,000系廃止の発表はショックでしたね。2,200系より先に引退になるのでしょうか。最近はよくバラエティ番組で紹介されるので、鉄道に興味がないひとでも5,000系の名前は知られるようになってきただけに残念です。また昔の京阪顔が減りますね。

K2さま いつもコメントありがとうございます。
いろいろと懐かしい思い出を語ってくださってありがとうございます。

105系電車は祖父母の家の裏を走っている和歌山線の車両として
一番思いいれがあって、電化当初から良くぞ今まで走り続けて
いるなと思います。常磐線で後に投入された203系の方が先に
役目を終えて、果ては外国まで移っているところを見ると・・・。

和歌山線も疎遠になってしまって、いつの間にか117系がワンマン
運転する線区になるとは思っても見ませんでした。北宇智駅の
スイッチバックもなくなってしまい、長大なローカル線となって
方や、京奈和自動車道の和歌山県内区間は全線開通し、
鉄道としては厳しいのではないかと案じるところです。

京都鉄道博物館も開館してからようやく、何度か足を
運ぶ事が出来ました。弁天町時代では交通がわかる展示でしたが
京都に来てからは「鉄道」だけになってしまったのが
さびしい気がします。あと、蒸気機関車部門がおまけに
なったみたいで。とはいえ、これからも様々な催しがあるみたい
ですので楽しみにしています。

K2さま こちらでコメントされているので、こちらより返信させて
いただきますね。

京阪線の線路改良も香里園駅付近の高架工事も計画がありますが
今のところは淀駅の工事が大きな工事としてはひと段落という
ところでしょうか。このブログ記事を書くときに久しぶりに
地上時代の淀駅京都方面行き駅舎のあった辺りまで散策しました。
神社やコンビニエンスストアはそのままなのに、踏切がなくなって
いる光景は妙な感じでした。


ホームの安全を確保するのが急務とはいえ、これまでラッシュ時の
切り札として活躍してきた5000系が姿を消すのはさびしいです。
最近、座席を昇降する車両としてメディアに急に取り上げられることが
多くなって、あれれ?とは思っていました。輸送人員も減少傾向とかで
必ずしも5扉車が必要でなくなってきたこともさびしい要因では
ありますが
最後まで無事に走り抜けて欲しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12088/65243906

この記事へのトラックバック一覧です: 京都鉄道博物館 お仕事体験と初の電車展示 105系500番台:

« 京都国際写真祭2017  | トップページ | 京阪淀駅 競馬開催時の臨時特急ほか  »

最近の写真

  • T_66232
  • T_img_6906
  • T_img_6901
  • T_img_6900
  • T_img_6899
  • T_img_6846
  • T_img_6845
  • T_img_6844
  • T_img_6842
  • T_img_6825
  • T_img_6812
  • T_img_68081