カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
  • 育てる・伸ばす・豊かにする―出版の保育社
    さまざまなジャンルのカラー図鑑を発行されている保育社さんのホームページです。新版・絶版のカラーブックスがいくつかはまだ出に入るようです。ぜひこちらのリンクからどうぞ
  • カラーブックスの達人
    これまでに保育社から発行されたカラーブックスを達人が取り上げて紹介しています。懐かしいものから、貴重なブックスの内容を知ることができます。
  • 近代建築青空ミュージアム
    街でみかけるすばらしい意匠の建築の数々。Kayoさんの素敵な言葉とともに建物を設計に携わった方々への暖かい心にあふれた紹介をされています。
  • Train Journey トレたび
    JRグループ企画協力している 鉄道・旅行情報ウェブマガジンです。 全国の鉄道・旅行の話題、食べ物、豆知識など 読んでいて楽しい記事が満載です。
  • 大津の京阪電車を愛する会
    京阪電車大津線を応援する会です。 イベント電車の開催や沿線情報紙の発行など いろいろと活動されています。
  • 京阪電車 大津線
    京阪電車大津線の公式サイトです。 大津線のおすすめキップの案内や 沿線イベント案内を紹介しています。
  • でんしゃの似顔絵屋さん
    ほのぼのとした似顔絵屋さんです。 でもほかと大きく違うところが! 似顔絵を電車に乗せてくれます!!
  • あさかぜ
    鉄道模型でDCCについて詳しいブログです。
無料ブログはココログ

« 第四回関蝉丸芸能祭が開催されました | トップページ | 関東方面への出張で見てきた車両 »

2018/06/02

上信電鉄と富岡製糸場へ行ってきました。

国内で久しぶりに初めて出かけるところです。

世界遺産の富岡製糸場へ行ってきました。

T_dsc_7280


いくつか認定されている世界遺産というのを訪れるのも
初めて。そして上信電鉄に初めて乗車しました。

よろしければ続きをどうぞ

関東方面への出張も久しぶりで、その間の休日。
行きたいところがいくつかありましたが、すべてを回るのには
時間がなく、どれか一つと絞ったときに選んだのが富岡製糸場です。


T_dsc_7227


高崎の近くなので、JR東日本の高崎支社では蒸気機関車を
運行させているので楽しみにしていましたが、ちょうど滞在したときには
栃木県の観光キャンペーンのイベントに出張中でした。


T_dsc_7230


出張中の最寄り駅は八高線の北藤岡駅。


T_p1110432


T_p1110435


車窓を見るのが楽しく、高崎駅の手前の留め置き線では
2018年3月の時刻改正で営業運転を引退した115系車両が
止まっているのが見えました。


T_p1110446


T_dsc_7331


乗り換えの高崎駅に到着。


T_p1110453


上信電鉄の乗り場へ向かいます。
こちらはJR高崎駅のコンコースにて。


T_dsc_7238


T_p1110454


上信電鉄の乗り場はこちら。


T_p1110457


T_p1110458


そしてたどり着いた上信電鉄の窓口


T_p1110459


ここで上信電鉄の往復乗車券と富岡製糸場への入場券が
セットになった切符を購入しました。


T_dsc_7239


上信電鉄を選んだ理由のひとつが2018年5月25日で
ラストランを迎える151形車両。初めて乗車する鉄道でしたが
うまく走っていれば見学したいなと思っていました。


改札のところで運行予定表が掲示されていました。


T_p1110461


T_p1110460


上信電鉄の高崎駅構内へ。


T_p1110468


電車形待合室とは?


T_p1110466


鉄道むすめのキャラクターと、乗車しようと
している列車が群馬県のキャラクターのラッピング車両でした。


T_p1110465


まず先に電車形待合室へ


T_p1110471


なるほど、そういうことかと納得しました。


T_p1110473


帰りにゆっくりみようと思っていましたが忘れました。

乗車する群馬県のキャラクターが描かれた車両を
見ていきます。


T_p1110474


T_p1110469


車内へ入ります。


T_p1110478


T_p1110491


キャラクターのぬいぐるみも乗車していました。


T_p1110490


反対側の乗務員室へも。


T_p1110481


上信電鉄の車両から2018年3月で引退したJR115系
電車を眺めます。


T_p1110482


T_p1110492


この車両、元は西武鉄道の車両でした。ところ変わればですが
車内にはこんな感じで多国語の対応がされていました。


T_p1110505


列車が高崎駅を出発していくつかの駅を過ぎ、
列車交換のために停車していると、2018年5月で引退する151形車両と
すれ違いました。


T_p1110496


T_p1110501


T_p1110502


まず、この日の1つめの目的地、上州富岡駅に到着しました。


T_p1110506


この駅でも列車の行き違いがあるようで、遠くに対向列車が
見えてきました。


T_p1110507


上信電鉄の自社発注の新型車両です。


T_p1110513


機会があれば乗ってみたかったですが今回は
すれ違うばかりでした。


T_p1110514


T_p1110517


高崎から乗車してきた列車も行き違いを終えて
終点の下仁田駅へ向かいます。


T_p1110519


上州富岡駅


T_dsc_7240


近年改築されたようで、立派な玄関口になっています。


T_dsc_7291


T_p1110523


どこかで貸し自転車があると聞いていたのですが
見つけることが私には出来ず。歩いて富岡製糸場へ。


T_dsc_7244


ガイドマップがわりの説明があちらこちらで気がつきました
ので、それを読みながら進んでいきました。


T_dsc_7241


途中でルート案内をそれて近道と書かれた
路地を歩いていると出会った建物


T_p1110525


富岡製糸場につきました。


T_p1110528


T_p1110529


上信電鉄の高崎駅にて往復乗車券と製糸場への入場券が
セットになった切符を買い求めていましたので、ここでチケットを
購入する待ち時間もなく、スムーズに入ることが出来ました。


構内にはいると、ちょうどガイドツアーが始まる時間。
見所もよくわからないので有料のツアーに参加することにしました。


T_p1110531


所要時間は約40分。イヤホンを借りてガイドさんの話を聞く
スタイルです。


T_p1110532


T_dsc_7247


出かけた日はとても混雑していて、適度な時間間隔をあけて
ガイドツアーが出発していくのですが、途中で詰まってしまい
せっかくの遺産実物を前にし進むこと出来ず
ガイドさん手持ちの写真パネルで解説されるところが
あってちょっと私には残念でした。


T_p1110536


T_p1110556


T_p1110558


ガイドツアーも出発地に戻って解散ではなく、構内の見学ルートを
おおかた回ったところで解散となったのであとは自分で気になったところを
見ていきました。


世界遺産認定の記念碑


T_p1110565


製糸場が川岸の高いところに建っているのに
驚きました。


T_p1110567


T_p1110568


昭和62年まで操業した製糸場。
前日まで操業していた当時のままで保存されている生産機械。


T_p1110554


T_p1110573


T_p1110575


明治に建造されて今なお屋根を支える柱や骨格です

T_p1110548


T_p1110546


富岡製糸場としては最後の操業していたときの所有
会社のプレートです


T_p1110550


2019年の春頃まで国宝に指定された西置繭所の保存修理が
行われていまして、現場を間近に見学出来るとあって、
これは見逃さずに訪れました。


T_p1110588


仮設・工事がおわると撤去される足場からの眺めです


T_dsc_7253


残念ながら修理作業している現場そのものは撮影禁止と
なっていました。作業では復原への道のりとともに置繭所だった
役目からミュージアムへ改装する作業の両立させて進めていく
大変さが伝わってきました。


T_p1110602


ガイドツアーに参加したり復原現場を見学していたので
入り口に入って一番目の前にある建物の見学が一番最後に
なりました。

2階は繭置き場となっていた当時のまま保存されています。


T_p1110538


T_p1110605


T_p1110610


1階はミュージアムへ改装されています。


T_p1110615


とはいえ、いくつか紡績工場としての名残がそのまま残って
いるところもあります。

T_dsc_7269


T_dsc_7276


こちらは晴雨表でした。


T_dsc_7277


続いてはシルク製品の販売コーナーです


T_dsc_7274


うまく写せませんでしたが、カイコから絹糸をつくるのを
解説したプレートです。


T_dsc_7270


T_dsc_7273


一番先にこちらを見れば良かったとも思いました。


T_p1110618


朝から出かけていましたが、ちょうど製糸場の見学を終えると
お昼時となりました。


製糸場をでてすぐに見えたのはおぎのやの釜めし


T_dsc_7284


非常に魅力的でしたが、釜飯を頂いたあとの釜をどうするかと
思ったのと、約20年も前に碓氷峠が廃線になるころに訪れて
食べた記憶もあったので今回は見送ることに。


上州富岡駅から富岡製糸場に向かう途中に気になったお店が
あったのでそちらへ


T_dsc_7245


お店の名前は急行食堂


T_dsc_7289


こちらで有名なソースカツ丼を頂くことにしました。


下仁田ソースカツ丼です。


T_dsc_7286


T_dsc_7287


ソースを掛けるのではなく、ソースに漬けてあるかつが
ご飯にのっています。


T_dsc_7288


食事も終わり上州富岡駅へ。


T_p1110629


T_dsc_7292


T_dsc_7296

ちょうど151形車両で運行されている列車は、出発して
しまったあと。せっかくなので切符を買い足して終点の
下仁田駅へ向かうことにしました。


先に高崎駅へ向かう列車が到着。


T_p1110633


T_p1110640


続いて下仁田駅へ向かう列車が到着。

T_p1110642

T_p1110643


車内より高崎行きの列車を見送ります。

T_p1110648

この乗車した車両も上信電鉄の自社発注の
オリジナル車両です。

私が子供の頃に絵本代わりに買ってもらったカラーブックス
そのときは馴染みがなかったので当時まま美しい状態で
今日まで持っていました

T_dsc_7546


この日、乗車したときには車内が絵手紙列車として
たくさんの絵画が飾られいました。


T_p1110649


T_dsc_7302


T_p1110650


T_p1110660


T_p1110661


T_p1110672


もう少し写真を撮りたかったのですが終着の下仁田駅では
乗降分離がされていたので、あまり長居できず。改札の外へ


T_p1110674


朝、高崎駅から上州富岡駅まで乗車した車両が
下仁田駅で留め置きされていました。


T_p1110680


朝、偶然にも乗車できて良かったとこのときは思いました。


T_p1110683


T_p1110679


下仁田駅の駅舎です。


T_p1110685


T_p1110686


T_p1110687


下仁田ネギやこんにゃくなどの名産品も調べては
いましたが、意外と次の列車まで時間もなく駅の周りを散策して
帰りの列車を待ちます。

T_dsc_7315


T_dsc_7318


T_dsc_7312


T_dsc_7314


駅でしばらく待ちます。


T_p1110691


T_p1110690


もう出会えないものだと諦めていた151形車両が私が
帰りに選んだ列車として下仁田駅にやってきました。


T_p1110697


T_p1110707


T_p1110708


T_p1110701


慌ただしい乗車記となりましたが下仁田駅を151列車にのって
あとにします。

T_p1110710


T_p1110714


T_p1110723


T_p1110726


151形車両より最新鋭の車両もここから見送ります。


T_p1110729


まもなく終着駅の高崎駅へ。
今後上信電鉄で活躍するJRからの払い下げ車両が
留め置きされています。


T_p1110737


T_p1110738


T_p1110746


高崎駅へ戻ってきました。


T_p1110748


T_p1110758


T_dsc_7328


いろいろな出来事を詰め込んだ一日でした。
勉強になることも多く、また
首尾良く思い描いていた車両にも乗車することが出来て
良かったです。

« 第四回関蝉丸芸能祭が開催されました | トップページ | 関東方面への出張で見てきた車両 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

「鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12088/66787443

この記事へのトラックバック一覧です: 上信電鉄と富岡製糸場へ行ってきました。:

« 第四回関蝉丸芸能祭が開催されました | トップページ | 関東方面への出張で見てきた車両 »

最近の写真

  • T_dsc_7970
  • T_dsc_7973
  • T_dsc_7934
  • T_dsc_7935
  • T_dsc_7927
  • T_dsc_7925
  • T_dsc_7922
  • T_dsc_7918
  • T_dsc_7915
  • T_dsc_7917
  • T_dsc_7909
  • T_dsc_7914