カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« 膳所駅前の駐輪場が模様替えへ | トップページ | 京都鉄道博物館 瀬戸内エリアの観光列車La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)号と瀬戸大橋アンパンマントロッコ号の特別展示 »

2019/02/11

JR和歌山線105系への惜別乗車

来る2019年3月16日よりJR和歌山線に新型車両227系が
デビューします。一気に新型車両に置き換わるのではなく、
順次、これまで活躍していた105系電車と交代していくものです。


長きにわたって活躍してきた105系電車達の終着がみえたこともあり
いろいろと慌ただしくなる前に記念の乗車をしておこうと出かけてきました。


T_p1200744


よろしければ続きをどうぞ

105系電車はJR和歌山線・JR奈良線が電化開業した
昭和59年(1984)10月から運転を開始しました。

T_img0461


T_img0471


登場当初はクリーム色に朱色ラインが入ったカラーで
長く活躍してきました。


T_p8080106


T_p8080039


この姿が最も記憶に残るところですが、JR西日本の車両の
塗装単色化にともなって、和歌山地区を走る車両は青緑色に
なっています。


さて、乗ることよりも沿線で見てきた思い出が遙かに
多い105系電車。
乗車には関西1dayパスを使って出かけます。


スタートはJR琵琶湖線の新快速列車から。


T_dsc_0677


京都駅で近鉄線に乗り換えます。


T_dsc_0680


T_dsc_0683


近鉄京都駅から近鉄奈良駅までは近鉄特急にて。


T_p1200582


近鉄奈良駅からは歩いても良かったのですが
バスを見かけたのでJR奈良駅まで乗ります。


先日光文社新書の60年前の日本という写真集をみて近鉄線が
地上をはしっていたのはこの辺りかと思いながら外を
眺めています。


T_p1200586


JR奈良駅に到着。


T_dsc_0690


T_dsc_0691


新型車両227系のポスターを見つけました。


T_dsc_0693


JR奈良駅からはいくつかルートを考えていたのですが、
王寺駅で電留線に停泊している117系車両を見かけたので
思わず下車。


電留線に留め置かれている117系車両をもっと近くで
見たいと思いましたが、日中4番5番乗り場からの列車
発着がなく、ホームが閉鎖されています。


T_p1200597


和歌山線・きのくに線運用についている117系車両


T_img_3947


車体洗浄中の105系車両も見えます。


T_img_3949


和歌山線高田発の快速列車。


T_img_3951


王寺止まりの大和路線列車


T_img_3955

日中はJR難波からの直通列車のみの運転となる
和歌山線王寺~高田間。


T_p1200607

いくつか見ていて、高田経由で和歌山を目指すことに
しました。


T_dsc_0695


お昼ご飯用にパンを王寺駅のホームからパン屋さんで
購入し、高田で105系電車に乗ればあとは、この列車に
揺られて行くのみです。


T_p1200619


T_p1200623

五条駅に到着。


T_p1200636


五条駅で留め置かれていた105系車両。
屋根上のクーラーの形状で唯1両しかない車両で
あることがわかります。


T_dsc_0700


五条駅を出発します。


T_p1200640


窓の多い105系電車。
車内には暖かい日が差し込んできます。


T_dsc_0703


橋本駅にて。105系ワンマン電車の乗り方降り方指南書です。


T_p1200650


橋本を過ぎて粉河、和歌山駅に近づくにつれてお客さんも多くなります。
車窓をくいるようにみて、和歌山駅に到着。


T_img_3992


T_dsc_0706


T_img_3970


隣に停車しているのは和歌山-和歌山市間の列車。


T_img_3965


105系車両の室内にはワカカツプロジェクトのポスターと
絵画が掲示されていたので、和歌山駅停車中の車両にて
作品を鑑賞します。


T_p1200658


T_p1200659


T_p1200660


T_p1200663


T_p1200665


T_p1200695


前は、阪和線ホーム・きのくに線ホーム・和歌山線ホームにも売店があって
立ち食いのうどんや駅弁を販売していて、ホームに人が賑わっていた
印象のある和歌山駅ですが、この日訪れた時は、売店もうどん屋もなく。


T_img_4011


ちょっと寂しい印象を持ちつつ、和歌山駅の駅ビルへ。

和歌山線への乗り換え跨線橋には227系デビューのポスターが
たくさん掲示されています。


T_p1200667


和歌山駅の外観。


T_dsc_0707


この日の夕食用に決めていたのは和歌山駅の駅弁。


T_dsc_0711


水了軒のお弁当を購入して再び改札へ。


T_dsc_0712


和歌山線乗り場の列車案内標にも227系デビューの
メッセージが流れています。



和歌山線経由で帰るのか阪和線経由でかえるのかを
決めきれず。しばらく105系電車を眺めて思い出にふけっています


元々は東京、常磐線と営団地下鉄千代田線との乗り入れよう
車両として登場。後年転用改造され、105系になったグループが
2019年まで生きながらえました。


T_p1200683


T_p1200675


常磐線・地下鉄線時台の車内信号装置の痕跡がいまだに
見ることができるとは、この日の発見でした。


T_p1200676


東京に残ったグループも地下鉄線乗り入れからは
退いたものの長く活躍していました。

T_p6010013


105系車両も和歌山線・奈良線電化開業用として
登場しましたが、JR奈良線からは撤退し、和歌山線・桜井線と
きのくに線に仕事場を移してきました。


津波対策としてきのくに線を走る車両にはハシゴが
備え付けられています。


T_p1200704


車両の行き先表示幕の対照表


T_p1200703


T_p1200783


T_p1200785


こんな機会はもう2度ないだろうと、愚直にも帰りも和歌山線で
帰ることにします。
発車を待つ105系車両の室内より眺めた283系特急くろしお。


T_p1200745


和歌山駅を出発して次の田井ノ瀬駅までの間に
車両基地があり、阪和線・きのくに線の車両とともに
105系車両・227系車両も整備されています。


客室用扉の窓からの眺めではありますが
動画で記録しました。



温暖な紀ノ川沿いの気候では、日が傾いてきても暖かな日差しが
車内から望むことが出来ました。


T_p1200766


船戸~岩出付近で紀ノ川を渡り、川が進行方向右手に
見えるようになります。



T_p1200769


だいぶ日が傾いてきて、オレンジ色になってきました。


T_p1200781


T_p1200819


紀ノ川流域の車窓を焼き付けるように眺めます。


T_dsc_0714


橋本駅に到着。


T_p1200834


この窓から見る南海電車の車両も最後かと思いながら。


T_p1200836


橋本駅を出発します。


T_p1200842


もう日没を迎えました。


T_p1200843


T_p1200844


和歌山から乗車した105系列車は五条止まりでしたので、
五条で高田方面へ向かう列車に乗り換えます。


到着目前で、乗り換えに停車していた車両が117系で
あって飛び上がるようなうれしさでした。


T_p1210002


和歌山から117系車両で乗り通そうとしましたが
この季節では、車窓はほとんど日没後となってしまうので
なくなく諦めて105系車両を選んだのですが、五条~高田間
出会ったとしてもここの117系を乗車できて感無量です。


T_p1210003


乗り換え時分がわずか2分でして、乗り遅れては
いけないのであまり写真も撮れずに117系車両に

窓から見えるのは、和歌山駅から五条駅まで乗車した
105系車両です。

T_img_4033


T_img_4037


京都地区を走る117系ではもう見ることが少なくなった
クロスシートが並ぶ先頭車の室内。


T_img_4044


往路では見逃してしまった、スイッチバック駅だった北宇智駅。
117系車両の運転台越しにかろうじて写真を撮ることが出来ました。

T_img_4040


T_img_4041


吉野口駅に到着


T_img_4059


T_img_4060


この列車の終着・高田駅に到着しました。


T_img_4065


このあと王寺方面へ向かうのですが列車到着までに
すこし時間がありましたので、車両の写真を撮ります。

T_img_4076


T_img_4071


T_img_4079

T_img_4088


T_img_4090


T_img_4107


先発する五条行き105系電車を見送ります。


T_img_4096


王寺駅に到着。


T_p1210023

T_img_4119


T_img_4123


せっかくの機会でしたので、大和路線王寺駅分割する
奈良方面行きと王寺から分かれて和歌山線五条行きとなる
列車の様子を観察します。

T_img_4125


列車移動禁止の合図灯が「赤」点灯しています。


T_img_4130


分割作業に入ります。

T_img_4128


T_img_4134


車両の移動禁止合図灯が「白」点灯に変わります。

T_img_4138


前4両が奈良方面に向けて出発します。

T_img_4151


続けて出発する和歌山線五条行き。


T_img_4160


T_img_4145


T_img_4182


この作業を見送って、私が乗車したのは207系の
直通快速。おおさか東線の開業で尼崎始発から新大阪始発へと
2019年3月16日から変わる列車です。


T_img_4196


王寺から乗車しましたが休日でもあったのかすいている
車内でした。

T_dsc_0745


奈良駅に戻ってきました。


T_img_4208


T_dsc_0749


帰りはJR奈良駅から近鉄奈良駅までは歩いて向かいました。


T_dsc_0754


T_dsc_0756


だいぶ詰め込んだこの一日。ちょっと一息つくのに近鉄奈良駅に
あるカフェへ。


T_dsc_0757


時間をおいてから、再び近鉄特急で近鉄京都駅へ。


T_p1210062


近鉄特急の車内で、JR和歌山駅で購入した水了軒の
駅弁を頂きました。


T_p1210068


T_dsc_0765


T_dsc_0768


出発点、近鉄京都駅へ戻ってきました。


T_img_4231


T_img_4215


JR京都駅からは117系車両にて。


T_img_4234


同じ列車に乗り続ける一日でしたが、私にとっては贅沢な時間でした。


思い出の105系電車です。


T_p8070005


T_p8080014


T_p8080085


最後までごらん頂きありがとうございました

« 膳所駅前の駐輪場が模様替えへ | トップページ | 京都鉄道博物館 瀬戸内エリアの観光列車La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)号と瀬戸大橋アンパンマントロッコ号の特別展示 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR和歌山線105系への惜別乗車:

« 膳所駅前の駐輪場が模様替えへ | トップページ | 京都鉄道博物館 瀬戸内エリアの観光列車La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)号と瀬戸大橋アンパンマントロッコ号の特別展示 »

最近の写真

  • T_img_0941
  • T_img_0948
  • T_img_5189
  • T_img_5200
  • T_img_5201
  • T_img_5214
  • T_img_5238
  • T_img_5253
  • T_img_5262
  • T_img_5264
  • T_img_5267
  • T_img_5269