カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。

  • 日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。

  • 大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。

  • 大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 

  • yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。

  • 京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« JR和歌山線105系への惜別乗車 | トップページ | 第12回青春21文字メッセージ 京阪電車石坂線列車内にて展示 »

2019/02/11

京都鉄道博物館 瀬戸内エリアの観光列車La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)号と瀬戸大橋アンパンマントロッコ号の特別展示

瀬戸内エリアの観光列車La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)号と
JR四国の瀬戸大橋アンパンマントロッコ号が期間限定で
京都鉄道博物館に展示されています。


T_img_4755_2


瀬戸内エリアの観光列車La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)号は2月11日まで
瀬戸大橋アンパンマントロッコ号は3月3日まで展示されています。

京都鉄道博物館の期間限定でやってくる特別展示車両は
本当に楽しみです。


本来なら私事ではこの時期には海外出張に出発している頃でしたが
出張が遅れて、この特別展示を見ることが出来ました。

T_p1220159_2


博物館の1階にある展示エリア。
先に見えてきたのは213系車両を改造した観光列車。

瀬戸内エリアの観光列車La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)号です。


T_dsc_1153_2


T_img_4747


一度岡山駅で運行している姿を目撃したことがありますが
車内に入るのは今回が初めてです。


T_img_4789_2


室内はカウンター席と普通の座席の2種類あります。


T_img_4809_2


普通の座席といってもこの車両はグリーン車料金が必要です。


T_img_4803_2


カウンター席


T_img_4812_2


カウンター席の上には飾り棚があり、旅行を楽しみ書籍や小物が
展示されています。

T_img_4819


T_p1220135


T_p1220126


この観光列車のシンボルマークです。


T_img_4824


隣にアンパンマントロッコ号が展示されているので
どうしてもアンパンマンが気になります。


T_img_4798_2


T_img_4801_2


T_img_4808_2


観光列車として、運行されるときは車内で
軽食が記念品などが販売されるようで、販売カウンターが
車内に設けられています。

T_dsc_1171


T_dsc_1174


京都鉄道博物館での展示にあわせて、車内での
販売品や沿線の名産品も販売されています。


車内で購入できるスイーツを2品私は買い求めました。


T_dsc_1180


T_dsc_1182


瀬戸内エリアの観光列車La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)号の外観を
ぐるっと回って観察します。


T_p1220137


T_img_4788


T_p1220139


エンブレムマークです。


T_p1220246


T_img_4782


先に発表があり、一足早く京都入りしていたJR四国の
瀬戸大橋アンパンマントロッコ号。


T_p1220245


T_p1220244


室内はアンパンマンワールドが広がっています。
先頭はキハ185系もとの特急車両を改装しています。


T_img_4763


座席は向かい合わせの4人席となっています。


T_dsc_1127


T_dsc_1129


T_dsc_1136


続いて隣の車両へ移ります。


T_dsc_1137


こちらはオープンテラスの座席となっています。

T_dsc_1144


ところどころに窓が設けられていて、アンパンマンたちの人形が
飾られています。


T_img_4767


T_img_4769


床面も窓になっているところがあります。
瀬戸大橋を通るときは、眼下に瀬戸内海が広がりそうです。


T_img_4768


トロッコ側の車両にも運転席がある乗務員室があり
その手前には、記念撮影用にアンパンマンがいます。


T_img_4773


T_img_4771


トロッコ車両の前面です。


T_img_4775


京都鉄道博物館の2階展示室には、この車両以外にJR四国で
運行されているアンパンマン列車の紹介展示が開催中です。


まさかJR四国の車両を展示するとは驚きの企画でした。

館内をすこし見てこの日は帰ります。


T_p1220254


T_p1220298


寒い一日でしたが、3階の展望デッキに上がります。

T_img_4666


T_img_4688


T_img_4693


ちょうど、先日より走り始めたハローキティのラッピングをされている
特急はるか号が通ります。


T_img_4717


新幹線と並びました。


T_img_4736


また次に違った車両が博物館で展示されるのが楽しみです。

« JR和歌山線105系への惜別乗車 | トップページ | 第12回青春21文字メッセージ 京阪電車石坂線列車内にて展示 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« JR和歌山線105系への惜別乗車 | トップページ | 第12回青春21文字メッセージ 京阪電車石坂線列車内にて展示 »

最近の写真

  • T_dsc_2996
  • T_dsc_3008
  • T_dsc_3025
  • T_dsc_3028
  • T_dsc_3046
  • T_dsc_3051
  • T_dsc_3054
  • T_dsc_3082
  • T_dsc_3110
  • T_dsc_3319