カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« 九州への出張(新幹線) | トップページ | 2020年3月の京阪大津線 ラッピング電車いろいろと »

2020/04/05

京阪大津線80形復刻塗装の700形ラストラン~2020年3月

2019年~2020年早春のころ、ほとんどいつものような記録が

出来なかった京阪大津線の車両。

 

そのなかに2020年3月にラストランをむかえた80形復刻塗装の

700形車両やいろいろと見るべきものがありました。

 

T_p1320292

 

よろしけれは続きをどうぞ

 

2020年お正月に初詣記念印帳をもって京阪大津線に乗車してから

ほとんど乗る(撮影する)機会もなく。

長く走ってきた80形復刻塗装車両の運行終了の話題が伝わってきました。

T_img_0571_20200405133801


復刻塗装の発表に驚き、長らく走ってきて

いろいろと普段の風景の一部となっていましたが

なくなるのは寂しい限りです。

 

最後の撮影会なども開催されたそうですがいずれも

参加出来る時間も無く、最後に普段通り運用していた土曜日。

小雨降る中、肌寒い一日でわずかに機会を見つけて石山寺駅で

列車を待つことにしました。

 

T_p1320271

 

ここはなんとなくかつての三条駅に面影が似ていると

思うところです。

T_img343

 

ラストランを目前に控えたころから、惜別の副標が取り付けられて

運行されていました。

 

T_p1320283

 

惜別の副標

 

T_p1320305

 

珍しく二枚(左右に)副標が掲げられていました。

 

T_p1320299

石山寺駅にある「石山ともか」キャラクターと。

 

T_p1320287

沿線でもう少し最後の姿を追いかけたかったのですが、

時間がそこまでなく。車内にはいって、80形車両の面影を見いだしつつ

私に残された時間を惜しみました。

T_p1320314

 

T_p1320319

T_p1320315

 

T_p1320340

 

唐橋前駅に到着。

在りし日の京津線の駅を思い巡らして眺めます。

 

T_p1320345

 

ちょうど唐橋前駅を出発すると踏切があるので、

京津線御陵~京阪山科間にあった府道の踏切を思い重ねます。

T_p1320348

 

T_p1320349

今は昔。

こんな踏切がありました。

T_img380

T_img421

そんな思い出を思い返しながら電車は京阪石山駅に到着。

ここで見送らないといけないのがとても残念でした。

T_p1320364

 

石山駅で見送った80形復刻塗装の700形車両。

 

T_p1320369

もうこんなイベントが無いのかあるのかわかりませんが、

ここ10年の間で、特急色、80形色と復刻された車両に出会えた

ことは何ごとにも代えがたい貴重な期間でした。

 

T_img130_20200405141301

 

追記

先日大阪方面の仕事からの帰り。

三条京阪から京阪山科駅まで路線バスに乗車して、コロナウィルス感染症の

影響で降りて桜並木をあることはしませんでしたが、路線バスの車窓から

花見をして、京津線の車両からもこんな光景が見えていたのかなと

考えていました。

 

三条京阪のバス停

 

T_dsc_0588

 

東山三条

 

T_dsc_0597

神宮道から蹴上にかけて上り坂を登っていく感覚は

懐かしいものです。

 

蹴上、インクライン跡の桜並木

 

T_200403_172439_00015132

 

T_200403_172439_00020368

 

京津線が走っていた頃の蹴上駅付近

 

 

T_img025

T_img028

T_img029

蹴上浄水場のそばから九条山、日ノ岡と右に左にカーブして

バスの停留所案内の「日ノ岡」とは感慨深いものです。

T_dsc_0605

日ノ岡付近の渋滞もこの日ばかりはさほど苦にならず。

大石道への右折車でバスの進路が塞がれるのも、京津線の

各停列車が立ち往生したのも今も変わらずだなと。

 

御陵駅からは京津線は専用軌道へ。

バスは府道を進みます。府道とJRが交差するところに

踏切がありました。

 

T_dsc_0609

T_dsc_0610

わずかなタイムトリップでここまで胸が熱くなるのかと

感動を新たにして京阪山科駅に到着。

T_dsc_0614

バスを降りて京阪山科駅に向かうと

すぐに京津線びわ湖浜大津行き列車が到着したので、待ち時間なく

乗り換えることがこの日は出来ました。

 

再びこのような復刻塗装の車両が登場するのは難しいのかも

知れませんが、思い入れを語れる車両や路線であり続けてほしいです。

« 九州への出張(新幹線) | トップページ | 2020年3月の京阪大津線 ラッピング電車いろいろと »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 九州への出張(新幹線) | トップページ | 2020年3月の京阪大津線 ラッピング電車いろいろと »

最近の写真

  • T_dsc_1887
  • T_dsc_2010
  • T_dsc_2019
  • T_dsc_2066
  • T_dsc_1955
  • T_dsc_1956
  • T_200718_124907_00075551
  • T_dsc_1981
  • T_dsc_1983
  • T_dsc_1987
  • T_dsc_1995
  • T_dsc_1990