カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« 2020年3月の京阪大津線 ラッピング電車いろいろと | トップページ | 京阪5000系5扉通勤準急と京阪バス蹴上の桜 »

2020/04/25

近鉄特急乗り納め~鮮魚列車に出会う

コロナウィルス感染症の影響で新しく写真はおろか電車にも

乗っていない日々が続いています。

 

さて、まだこんな影響になるとは思っていなかった2020年の1月。

近鉄特急に「ひのとり」デビューが間近となるなか、役目を終えていく

一般汎用特急車両が気になったので、3日間有効の近鉄全線有効の

週末フリーチケットを購入して、特急車両に惜別乗車してきました。

 

T_p1320042

 

続きをどうぞ



 

出発は近鉄京都駅から

この日は、京都から大和八木、乗り換えて近鉄名古屋、

そのあとは鳥羽か賢島、折り返して近鉄京都へしまかぜに乗ろうかと

考えていました。

 

T_dsc_8682

 

あとで考えると勘違いをしていたのですが、ひのとりデビューで

名阪ノンストップ特急に使用されているアーバンライナーの車両が

一般特急へ格下げ使用にすぐに変わってしまうと思っていました。

 

普段は立ち寄らない時間帯。

大和八木での乗り換えには、乗り換え指定列車よりも1本あとの列車へ。

売店で朝食のパンを買い求めて、ちょっと電車を見ようと。

T_p1310442

 

名古屋方面行きホームに上がった途端に、赤い車体が見えたので

慌てて、大阪方面行きホームへ向かいました。

 

時間を調べた旅行でもなかったので、偶然出会って驚きました。

鮮魚列車もこのあとしばらくして車両の引退・置き換えが発表されました。

 

 

T_p1310439

 

T_p1310444

 

どういう理由だったのかは、詳細は知りませんが大阪方の列車には

運行標識板が使用されていて、この姿を記録する最初で最後の機会になりました。

 

T_p1310440

 

T_p1310459

 

この車両の一代前の鮮魚列車も偶然出会っていてこれも

撮影したのは一度きり。

T_img325

 

大和八木駅で特急列車を待避するようでした。

 

T_p1310453

私にはあまり馴染みのなかった近鉄電車ですが、小さい頃から読んで見てきた

鉄道の本には、よく掲載されていたオレンジに紺の近鉄特急車両とマルーン色

の通勤車両。ちょっと暗く映ってしまいました。

 

T_p1310448

大阪上本町行きの特急列車が出発

 

T_p1310455

続いて鮮魚列車が出発していきました。

 

T_p1310466

 

ここで名古屋方面行きホームへ戻り、指定席券を購入したアーバンライナー

までしばらく待ちます。

 

T_p1310471

 

T_p1310475

T_p1310484

ここで私の指定した列車が大和八木駅へ到着します。

近鉄名古屋まで乗車。大阪鶴橋を出発したら次は近鉄名古屋と思っていたのは

ずいぶんと昔のことのようでした。

 

T_p1310491

大和八木を出発してからも、主要駅に停車していきます。

名古屋に近づくにつれて車窓にJR東海の関西線が寄り添ってきます。

私が乗った列車とピッタリ併走したJR関西線の列車に、見逃せない車両を

見てしまったので、近鉄名古屋に着いた!という感慨もなく、急いで

JR名古屋駅の入場券を買い求めて関西線ホームへ

 

T_p1310492

 

JR東海の中では最古参となってきた211系電車の国鉄時代に製造された車両。

こちらの車両も数年後に新型車両への置き換えが発表されました。

 

T_p1310495

 

JR東海にはこの車両を含む、4両編成2本の計8両しかないクロスシートの

車内設備

 

 

T_p1310499

 

T_p1310497

 

近鉄名古屋駅からJR名古屋駅までの連絡通路を知っていれば

もっと撮影する時間があったのですが、遠回りしてしまい。

気がつくともう車庫へ引上げて行くところでした。

 

T_p1310500

 

T_p1310512

 

もう見る次の機会はないだろうと思いながら見送ります。

 

T_p1310520

 

ここから時間があってないような予定。

せっかく名古屋まで来ていたので、JR名古屋駅構内にある飲食店で

きしめんだけは頂きました。

 

T_dsc_8697

 

思いがけない車両との出会いで、バタバタしましたがちょっと落ち着いて

再び近鉄名古屋駅へ。

 

T_p1310530

 

2020年3月からデビューする名阪特急の「ひのとり」の

PR広告です。

 

T_p1310542

 

私としてはオレンジと紺色の旧来の近鉄特急を見に来ています。

 

T_p1310555

 

アーバンライナーが運転開始を始めた頃に乗車したことがあって

その時と定点比較できるのを楽しみ列車を待ってみました。

すぐに到着したのは、アーバンライナープラスでした。

 

T_p1310548

 

隣に停車中の伊勢志摩ライナーの車両。

こちらは、伊勢志摩ライナーの営業開始前、デビュー時の試乗会に抽選で当選し

大阪上本町から鳥羽までの往復乗車した思い出のある車両です。

 

T_p1310553

 

次に待ち焦がれたアーバンライナーが到着。

 

T_p1310565

 

T_p1310567

小学生だったころに、アーバンライナーに乗って名古屋駅に来たときと同じ

ところで定点撮影しようと思ったのですが、到着したのは8両編成。

登場したときは6両編成であったので、全く同じとは行きませんでしたが、

往時を思い出して撮影しました。

T_p1310576

ひとまず自分で決めていた事は達成できて、あとはオレンジと紺色の

特急車両が来るのを待ちます。

下調べもなく、ただ単に偶然を待つばかりです。

 

T_p1310584

 

しばらく待ってようやく、大阪難波行き特急としてやってきてくれました。

 

T_p1310596

 

列車最後尾から、いろいろと看板と合わせて撮影していきます。

 

T_p1310609

 

様子を眺めていると、行き先表示が回り始めました。

動画で記録すれば良かったかなと、気がついたときには遅かったです。

 

T_p1310593

 

ここまできて、先頭大阪方の2両は新塗装の車両でした。

赤福の看板をみて引き返します。

 

T_p1310629

 

大阪難波行き特急の発車時刻が迫ってきたようです。

 

T_p1310637

 

特急列車の発車を見送ったあと、ホームでどの列車に乗ろうかをみていると

急行列車でも時間があまり変わらないことがわかったので、クロスシート

車両が連結された列車に乗車。

 

車内でウトウトしたりして、気がつけば列車の終着五十鈴川へ

 

T_p1310639

お正月ダイヤなどでみる「五十鈴川」とは、どんなところなのかと

一目見たくてこの駅まで。

折り返しにのった列車は、三重交通の復刻塗装車両でした。

駅舎を見たくて、宇治山田駅にて下車します。

 

T_p1310643

 

奥に止まっている特急列車の発車時刻を調べて、元々予約していた

しまかぜの特急券から乗車変更して、指定券を確保してから、宇治山田駅へ

 

T_p1310650

 

T_p1310653

T_p1310656

伊勢神宮参拝のためのバスがホーム横まできていて、転車台が残っている

とテレビ番組で知って、見ておきたかった場所です。

T_p1310664

良い雰囲気で発車を待つ近鉄特急をしばらく観察します。

乗車するのは最後の機会と思って。

 

 

T_p1310663

 

T_p1310679

 

T_p1310691

T_p1310725

 

T_p1310715

T_p1310759

T_p1310758

 

名残惜しいのですが、発車時刻もあるので車内で待つことにします。

 

T_p1310706

 

列車先頭の運転台を客室内より

 

T_p1310772

 

車内にはいります

 

T_p1310707

 

指定された座席の通路を挟んだお向かい。

 

T_p1310778

 

テーブルを出してみます。

 

T_p1310780

 

T_p1310782

 

T_p1310781

 

あとは来た道を戻るだけです。

鮮魚列車との出会いに驚いた大和八木駅へ戻ってきました。

T_p1310785

 

ここで宇治山田からの特急列車をお別れです。

 

T_p1310789

大和八木駅では、大阪線ホームから橿原線ホームへ移動し、

橿原神宮前からの特急列車で近鉄京都駅へ。

出発点に戻ってきました。

 

先行きが決まっていたために、新塗装に変更されなかった特急車両。

最後の力走を続けています。

 

コロナウィルス感染症の影響で今はどこにも出かけることの自粛が

求められていますが、このようは赴くまま、気が向くままにふらっと鉄道に

乗れる日が来ることを願っています。

 

 

« 2020年3月の京阪大津線 ラッピング電車いろいろと | トップページ | 京阪5000系5扉通勤準急と京阪バス蹴上の桜 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年3月の京阪大津線 ラッピング電車いろいろと | トップページ | 京阪5000系5扉通勤準急と京阪バス蹴上の桜 »

最近の写真

  • T_dsc_1887
  • T_dsc_2010
  • T_dsc_2019
  • T_dsc_2066
  • T_dsc_1955
  • T_dsc_1956
  • T_200718_124907_00075551
  • T_dsc_1981
  • T_dsc_1983
  • T_dsc_1987
  • T_dsc_1995
  • T_dsc_1990