カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  • 日本海ファクトリー広報部
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材ののほか、鉄道ヘッドマークのレプリカやロゴ・ステッカーを作っていらっしゃる日本海ファクトリーさんのブログです。
  • 成安造形大学
    大津祭のちま吉くんや京阪電車大津線で数多く運転されているラッピング電車のデザインを手がけられていらっしゃいます。
  • ちま吉ウェブサイト
    大津祭 厄除け粽から登場したマスコットキャラクター ちま吉くんの公式サイトです。 
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« 京都女子大学創基100周年記念特別列車「百花列車」 京阪電車  | トップページ | 2020年大津祭 渡御巡行 »

2020/12/29

電気検測車両443系展示~京都鉄道博物館

2020年12月19日から22日にかけて、京都鉄道博物館で

電気検測用車両の443系が展示されていました。

 

T_img_4021

JR西日本に1編成だけ残る検測車の443系

数年前にクモル/クル145系が展示されて以来の事業用車両の展示でした。

 

よろしければ続きをどうぞ

 

京都鉄道博物館の発表があったのは2020年12月7日。

急なお知らせで驚きました。

 

ずいぶん前に鉄道雑誌に公開されていた運転時刻をみて、走行している

姿を写真に撮ったこともありましたが、たいていは神出鬼没。

見かける姿と言えば、向日町にある車両基地に留め置きされている様子でした。

 

そんな車両が展示されるとあって、見に行ってきました。

 

T_img_4005

 

1階展示場の一番奥に留め置きされた443系

紹介パネルです。

 

T_img_38971

 

この車両の特色といえば架線の状態を検測出来る機構

展示場の通路からまずは屋根上から観察しました。

 

T_img_3900

 

関西では485系や381系が過去の車両となってしまった中、国鉄型特急電車の

運転台のシルエットを残す造形です

 

T_img_3991

 

T_img_3905

 

T_img_3903

 

屋根上から観察を続けて行きます

 

T_img_3906

443系、架線電圧が直流/交流両方に対応するシステムを備えています。

鉄道模型の車両では馴染みのある屋根上機器、実車で見るのは今回が初めてです。

 

T_img_3909

 

T_img_3912

 

T_img_3915_20201229153701

 

屋根上、架線を検測するドームがあります。

 

T_img_3919

 

T_img_3925

 

パンタグラフを間近に観察します。

 

T_img_3930

T_img_3933

下りの階段の所まで来てしまったので、いったん降ります。

T_img_3984

 

車両の正面から。

 

T_img_3976

 

今回も展示場の隣の線におかれている車両も屋外に移動していましたので

側面がよく観察できました。

 

T_img_3954

 

T_img_3949

 

車両展示のコーナーに動画にて443系検測システムの紹介が上映されていましたが

撮影/録画記録が禁止されていました。

 

動画をみてから、もう一度見て回ります。

 

T_img_3989


T_img_4001

 

T_img_4003

 

T_img_4011

T_img_4013

 

T_img_4014

床下を見ていて気がついたのは、車体の塗装。

赤色13号の小豆色にクリーム色の帯。

帯が塗装だったと思っていたのですが、帯板がクリーム色になって車体に

止められていることでした。

 

T_img_4010

塗料、塗装環境の変化で、旧来の塗料が使えないようでパッチワークのような

姿になっているのは少々寂しい所です。

T_img_4043

 

T_img_3936

 

443系の特徴でもある電気検測試験車の表記です。

 

T_img_3938

 

T_img_4046

コロナウィルス感染症の影響で、あまり滞在時間を長くせず、見たいところを駆け足

で眺めました。平穏な時節であったら、解説説明などがあったであろうと思うと

少々寂しい所もありますが、この時期に公開展示されたことに感謝したいと思います。

 

« 京都女子大学創基100周年記念特別列車「百花列車」 京阪電車  | トップページ | 2020年大津祭 渡御巡行 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都女子大学創基100周年記念特別列車「百花列車」 京阪電車  | トップページ | 2020年大津祭 渡御巡行 »

最近の写真

  • T_fh040027
  • T_img_0321
  • T_img_3465
  • T_img_5778
  • T_img_5779
  • T_img_5944
  • T_img_6338
  • T_img_6339
  • T_img_7796
  • T_img_7803
  • T_img_8960
  • T_img188