カテゴリー

  • おすすめサイト
  • ウェブログ・ココログ関連
  • スポーツ
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 趣味
  • 鉄道
  • 鉄道模型
  • 音楽

ブログパーツリスト

リンク

  • 日本海ファクトリーさん
    デザイン表札やウェルカムボードの製作、反射材などを作っていらっしゃる会社です。鉄道関係のヘッドマークやステッカーも作っていらっしゃいます。こちらのサイトで鉄道関係でのデザイン作品を見る事が出来ます。
  • 愛称別トレインマーク事典
    日本海ファクトリーさんが作成されているトレインマークを事典として参考に出来るように運営されているサイトです。美しいトレインマークと列車の情報と一緒に眺める事が出来ます。
  •  - yume_cafe - (京都ひとり歩き)
    yumeさんのブログです。旅先で見つけられた素敵な建物や風景、ローカル線などを心に残る写真とともに紹介されていらっしゃいます。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループブログ
    京阪電車石山坂本線と大津の街づくりに力を添えていらっしゃるグループの公式ブログです。
  • 石坂線21駅の顔づくりグループ
    京阪電車石山坂本線と市民活動を合わせて、公共交通機関にとどまらず、いろいろな表現の場としても活用して、大津の街づくりに力をそえていらっしゃるグループです。
  • The Present Perfect ~ 京阪バス現在完了形
    喜撰猿丸さんのブログです。京阪バスなど、バス路線のことから道路の変遷など、とても詳しく記載されています。
  • 大津市歴史博物館
    京阪電車別所駅から歩いて5分の大津市歴史博物館。企画展示ではいろいろと教えられることがたくさんあります。古代・近代から現在に至るまでの琵琶湖やその周辺地域の歴史が一目でわかります。
無料ブログはココログ

« 京都市営地下鉄 烏丸線20系ローレル賞受賞記念撮影会 | トップページ | 京阪電車なにわ橋駅 アートエリアB1 ぶらり街道めぐり など »

2023/10/09

2023年 大津祭が開催されました。

2023年10月8日と9日

大津祭が行われました。

 

2023年は4年ぶりの13基の曳山が全基そろう本祭の巡行で

全基そろうことがかなりクローズアップされていました。

 

T_img_3257

 

2023年も昨年に引き続き、本祭の午後巡行は雨天の中となりました。

 

続きをどうぞ

JR琵琶湖線大津駅

9月末までは兵庫県の観光ポスターが掲示されていたところ、

駅構内の通路に大津祭のポスターが一面ずらっと並んで掲示されています。

 

T_dsc_4416_20231009151701

 

改札機の横のスペースには、映像でも紹介されています。

 

T_dsc_4269

 

毎年駅前を飾っていた提灯飾り。

曳山の巡行番を決めるくじ取り式の後にいつもなら立てられていたのですが

今年は最後まで立てられること無くお祭りは終わりました。

 

T_dsc_4267

 

T_dsc_4268

 

T_dsc_4274

 

T_dsc_4271

T_dsc_4270

他にも映像画面はあったかも知れないですが。

大津祭のお囃子の音色とともに紹介されていました。

 

大津祭開催日に合わせて、駅前で飲食店などが出店するマルシェが

開催されるようでパンフレットが置いてありました。

T_dsc_4272

こちらは大津祭2023年版のチラシです。

 

T_dsc_4273

 

大津駅横のスーパー、フレンドマートでもお店の入り口に

カウントダウンのボードが設置されています。

 

T_dsc_4276

2023年の中秋の名月が満月と重なった日。

月を一緒に写せるところは無いかと、天孫神社などを

巡っていました。

 

T_dsc_4280

T_dsc_4282

 

残念ながらお月さんは見えず。

この日、お囃子の練習もお休みだったようで。

 

T_dsc_4325_20231009152401

 

中秋の名月ではありましたがお月さんをそれほど見ずに終わりました。

 

T_dsc_4326


続いては曳山を組み立てる、山建ての日。

お昼を過ぎてから、試し曳きが行われます。

 

2023年の曳山で一番最初に見た山です。

 

T_dsc_4351

 

少し近くまで駆け寄ります。

 

T_dsc_4353

 

動画はこちら

 


 

曳山があちらこちらで動き始めましたので

お囃子の音がなるところを探して、うろうろとしています。

 

T_dsc_4366

 

動画はこちら

 

 

 

天孫神社の拝殿に御神輿が飾られていました。

 

T_dsc_4371

 

神社の門を眺めながら

動画で曳山が通る所を撮そうと待っていましたが、この場で小休止でした。

 

T_dsc_4374_20231009153001

 

そうこうしていると、別の曳山が近づいてきます。

 

T_dsc_4381_20231009153101

 

T_dsc_4392

 

動画はこちら

 

 

 

 

 

 

また別の所へ。京阪京津線の線路敷きに近い町内の曳山、

電車が来るかと思って見に行ったところです。

 

T_dsc_4400

 

動画はこちら

 

 

 

山建ての日から1週間はすぐに経ち、10月8日の宵宮を迎えます。

 

午前中はまだ曳山の飾り付けが行われています。

 

T_dsc_4432

T_dsc_4497

 

大津駅の大津祭PRコーナーも充実しています

 

T_dsc_4557_20231009153701

T_dsc_4563_20231009153701

 

宵宮曳きがあちらこちらで始まりました。

 

T_dsc_4440

 

京阪バスと大津祭の曳山。

 

T_dsc_4448

 

宵宮の土曜日は秋らしい気持ちの良い青空が広がっています。

 

T_dsc_4458

T_dsc_4463

 

本祭の巡行中は京阪京津線の列車が運行休止となるので、宵宮の日ばかりは

電車と曳山を組み合わせて写す事ばかり考えています。

 

T_dsc_4469_20231009154001

 

そう言っていると毎年同じような構図ばかりになるので、今年は

出来たらいつもと違うところと考えてはいました。

 

T_dsc_4485

 

T_dsc_4506

 

T_dsc_4520

 

T_dsc_4535

 

T_dsc_4540

 

夕刻ちかくになって、大津祭のキャラクター、ちま吉センターの準備も

進んでいます。

 

T_dsc_4514

 

宵宮では大吊の提灯飾りが見所の一つ。

提灯飾りの準備が進んでいるところ、そこへ路線バスが通過していきます。

 

T_dsc_4526

 

京津線の列車ももちろん待ちました

 

 

 

 

 

JR大津駅前に戻ってマルシェを見ることにしました。

 

T_dsc_4564_20231009154501

実はマルシェのオープン時間前でしたが、商品は販売されていましたので

和菓子店のおはぎを買って帰りました。

 

日が暮れてから、もう一度宵宮を見に行きます。

 

T_img_3199

 

T_img_3201

 

T_img_3220

 

 

T_dsc_4571

T_dsc_4578

T_dsc_4572_20231009154601

 

T_img_3223

 

4年ぶり開催となって見学されるお客さんも多い事でしたので

今年はあまり見ずに引上げていました。

 

本祭の朝です。

 

曳山が天孫神社に向けて集まってきます。

 

T_img_3230_20231009154901

 

T_dsc_4587

 

少し出かけるのが遅かったので、もう数基は定位置に到着していました。

 

T_dsc_4588

 

2023年も本祭は雨天予報となってしまい、曳山の飾り物には

雨よけのカバーが取り付けられていました。

 

T_dsc_4596

 

今年のくじ取り式のニュースで滅多に無いことといっていた

1番手の曳山がくじとらずの先頭の曳山と並んでいることを

撮影しています。

 

T_dsc_4603

 

毎年撮影している、午前巡行に出発する前の曳山が並んでいる様子

 

T_img_3261

 

先頭の曳山が出発し向きが変わったところ

 

T_img_3269

 

2番手以降の曳山が出発を待っている様子です。

 

T_img_3289

 

この後どこで観覧しようかと思っていました。

今年2023年の巡行から、曳山が動いている最中はちまきを投げる事が

禁止されているニュースも報道され、いつもと違う巡行。

 

先に何度か書いたのですが、午前巡行、午後巡行で京阪京津線と

曳山が併走する区間がありその光景を写す事のに心血注いでいたのですが

それもなくなり。

 

出発点から近いところで曳山がよく見えるところがありましたので

そちらで13基が通るのを観覧していました。

 

T_dsc_4617

 

NHK大津放送会館前の有料観覧席。

午後巡行のために用意されているところで、午前巡行で曳山が通っている

所ではまだ準備中でした。

 

T_img_3310

 

T_img_3311

 

13基がすべて行き交うのに1時間以上もかかるのですが

今年はすべてこの場所で見ようと思って待ちました。

 

T_dsc_4645

 

T_dsc_4658

 

T_dsc_4671

 

13基の曳山が通っていったのを見届けるとまたもや駅前のマルシェへ

 

お祭りに欠かせないお赤飯を買いに行っていました。

そこでJRの出展ブースがあるのを見つけました。

 

T_dsc_4686

 

これまでなら午前巡行で京阪京津線と曳山との撮影に掛けていた時間、

見学にさいてみると、天孫神社前で御神輿巡行に加わる太鼓の演奏が

行われていました。

 

T_dsc_4690

 

T_dsc_4694

 

ゆっくり時間を過ごせるので、大津祭の由来、発祥となった狸のお面が

飾られている町家を見学して行きました。

 

T_dsc_4695_20231009160901

 

以前は曳山を飾っていた見送り幕。

 

T_dsc_4703

 

T_dsc_4697

 

天孫神社の内鍵があるとは知りませんでした。

 

T_img_3406

 

T_img_3407_20231009160901

 

午前巡行がそろそろ終わる時間

先頭の曳山が休憩場所の中央大通りにくる頃合いです。

 

T_dsc_4709_20231009161201

 

この時点で1番と2番の曳山との間隔がかなり空いていました。

先頭の曳山を後ろから。

 

T_dsc_4714

 

2番の曳山を前から。

 

T_img_3412

 

2番の曳山が中央大通りに来たときには、もう先頭の曳山は

午前巡行を終えていました。

 

 

T_img_3426

 

中央大通りにきたら、京阪電車の踏切が気になります。

なんとか写せました。

 

T_img_3433

 

この後、天気予報どおり雨天。雨が降ってきました。

 

T_dsc_4727

 

13基の曳山がそろうのを待つことなく帰宅することにしました。

 

T_dsc_4752_20231009161801

 

2023年は午後巡行も降雨激しくなって、途中で巡行を終えるところもあった

ようです。

 

T_dsc_4758

 

2022年と2年連続で本祭が雨天、降雨激しいなかで巡行となった大津祭。

来年は、例年通りの晴天であることを願っています。

« 京都市営地下鉄 烏丸線20系ローレル賞受賞記念撮影会 | トップページ | 京阪電車なにわ橋駅 アートエリアB1 ぶらり街道めぐり など »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都市営地下鉄 烏丸線20系ローレル賞受賞記念撮影会 | トップページ | 京阪電車なにわ橋駅 アートエリアB1 ぶらり街道めぐり など »

最近の写真

  • T_dsc_8098
  • T_dsc_8071
  • T_dsc_8072_20240217174801
  • T_dsc_8076
  • T_img_5451
  • T_img_5461
  • T_img_5458
  • T_dsc_8085
  • T_dsc_8094
  • T_dsc_8093
  • T_img_5481_20240217175101
  • T_img_5484